目次

    全ての目次を見る
  1. ビットコインウォレット(bitcoin wallet)にはどんな種類がある?
  2. ビットコインウォレット(bitcoin wallet)には5種類ある
  3. ハードウェアウォレット~ビットコインウォレットの種類①~
  4. デスクトップウォレット~ビットコインウォレットの種類②~
  5. ウェブウォレット~ビットコインウォレットの種類③~
  6. モバイルウォレット~ビットコインウォレットの種類④~
  7. ペーパーウォレット~ビットコインウォレットの種類⑤~
  8. ビットコインウォレットは利用シーンごとに使い分けるのがおすすめ
Large             02

『取引所でビットコインを管理するのはリスクがある』『ビットコインはウォレットで管理すべき』など聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

そもそも、ビットコインウォレットとは、ビットコインを管理する財布のことです。

自分のウォレットで、ビットコインを管理しておけば、取引所が被害にあったときでも、自分のビットコインは守ることが可能です。

そんな、ビットコインウォレットには、複数の種類が存在することをご存じですか。

この記事では『ウォレットの種類とそれぞれの特徴』『ウォレットのサービス紹介』、『自分に合ったウォレットの選び方』などを解説していきますね。

ウォレットには、用途の違いから、以下の5種類のウォレットに分けることが可能です。

  1. ハードウェアウォレット
  2. デスクトップウォレット
  3. モバイルウォレット
  4. ウェブウォレット
  5. ペーパーウォレット

それぞれのウォレットには種類によって、特徴が異なるので、自分に合ったウォレット (財布) を選ぶことをおすすめします。

※参考情報※

今みてきた種類は分け方の1つにすぎません。

ウォレットの分け方には他にも以下のようなものがあります。

取引データのダウンロード量による分類

  • フルノード型
    →過去から現在までの、ビットコインに関わる情報すべてをダウンロードする
  • SPV型
    必要な情報のみをダウンロードする

ネットワークに接続しているか否か分類

  • ホットウォレット

ネットワークに接続された状態で、ビットコインを保管するウォレットの総称

  • コールドウォレット

ネットワークから完全に隔離した状態で、ビットコインを保管するウォレットの総称


では、5種類のビットコインウォレットについて、それぞれ解説していきますね。

ハードウェアウォレットとは、コンピュータとは切り離され、持ち運びがしやすい独自の媒体(USBのようなもの)で、ビットコインを管理するウォレットです。

そんなハードウェアウォレットにはどのような特徴があるのでしょうか。

メリット・デメリットに分けて解説していきますね。

メリット

  • ネットワークから切り離した状態で、安全にビットコインを保管できる

ハードウェアウォレットでは、パスワードとハードウェアウォレット本体があれば、インターネットに接続してなくても、ビットコインの残高などの情報を閲覧することが可能です。

ハードウェアウォレットは、インターネットに接続する場面が少ない()ので、インターネットに常時接続している、ウェブウォレットと比較すると、ハッキングリスクがかなり低いです。

ビットコインの長期保管をする場合、ハードウェアウォレットで管理するのがおすすめです。


※参考情報※

ただし、ハードウェアウォレット自体のアップデートを行う際など、インターネットに接続しなくてはならないことがあるので、完全にオフラインではありません。

ですから、ハッキングリスクが全くないというわけではありません。


デメリット

  • ウォレットの破損や紛失のリスク

USBのよう現物で管理するため『破損や紛失』の恐れがあります。

破損したら新しいウォレットを買いなおさなくてはならないので、コストがかかってしまいます。

破損または紛失したとしても、データを復元するパスワードを覚えておけば管理していたビットコインがなくなることはありません。


ハードウェアウォレット自体の破損や紛失によってビットコインがなくなることはありませんが、復元用のパスワードを忘れてしまったら、管理していたビットコインは使用できなくなるので注意が必要です。


サービス紹介①Ledger Nano S

Ledger Nano Sとは、フランスのLedger社が開発したハードウェアウォレットで、USBメモリのようにパソコンに挿して使用します。

Ledger Nano Sの基本情報は以下の通りです。

Ledger Nano Sの基本情報

価格 10,584円
サイズ 98×18×9(mm)
重量 16.2g
対応機種 Windows,Mac,Linux,ChromeOS
対応通貨 15種類
購入URL Amazon

価格はAmazon参考

対応通貨は、『ビットコイン,イーサリアム,イーサリアムクラシック,ライトコイン,ドージコイン,ジーキャッシュ,ダッシュ,ストラティス,リップル』の9種類

対応しているICOトークンは、『Hello,FIDO U2F,STRAITS,KOMODO,POSW,ARK』の6種類です。

Ledger Nano S公式ページ

サービス紹介② TREZOR

TREZORの基本情報

価格 13,950円
サイズ 60×30×6(mm)
重量 12g
対応機種 Windows、macOS、Linux,Android
対応通貨 10種類
購入URL Amazon

価格はAmazon参考

対応通貨(トークン)は『ビットコイン,ビットコインキャッシュ,イーサリアム,イーサリアムクラシック,ERC-20 Tokens,ライトコイン,ネームコイン,ドージコイン,ジーキャッシュ,ダッシュ』

Trezor 公式ページ

デスクトップウォレットとは、PCに専用のソフト(アプリ)をインストールして使用するウォレットのことを指し、フルノード型とSPV型の2種類があります。

フルノード型 (完全型) のウォレットを選択すると、ビットコインで行われたすべての取引情報のダウンロードが必要なため最初の起動に数日かかってしまうこともあります

また今後の取引もダウンロードするので、数十GB単位の空き容量が必要です。

SPV型 (軽量型) であればダウンロードするのは、一部の情報だけなので、時間やデータ容量はそれほど必要ありません

メリット

  • 自分のパソコン上 でビットコインを保管できる

頻繁にPCを使用する人にはデスクトップウォレットがおすすめといえます。

スマートフォンを持っていない方や、スマートフォンにビットコインを保管するのが不安な方 (スマートフォンを紛失しやすい方など) 、はデスクトップウォレットで、ビットコインの管理をするのが良いでしょう。

デメリット

  • ウィルス感染とハッキングリスク

デスクトップウォレットでは、パソコン自体がウィルスに感染していた場合PC内で管理している『秘密鍵』が盗まれたり紛失してしまう恐れがあります。

秘密鍵とはビットコインを使用する際に必要なキーのことです。

この秘密鍵がなくなるということは管理しているビットコインが使用できなくなるということです。

また、ウェブウォレットを起動させる際にネットワークにつなげるので、その差異にハッキングを受けてしまう可能性があります。

サービス紹介① Bitcoin Core

フルノード型のBitcoin Coreは、Bitcoinの公式クライアントです。

フルノード型のため、『初期起動に数十時間かかる』『必要な容量が数十GB単位』ですが、『Bitcoin Coreユーザー』がBitcoinの非中央集権性を保つ役割を担っています。

起動にかかる時間や必要な容量がネックですが『ビットコインに貢献したい』方はぜひBitcoin Coreを検討してみてください。

Bitcoin Core 公式ページ

サービス紹介② Copay

CopayはSPV型のウオレットです。

デスクトップウォレットが良いけど、『フルノード型はちょっと』と思う方にはおすすめです。

Copayにはマルチシグネチャという機能があります。

マルチシグネチャとは、ビットコインを使用する際に、複数人の許可(署名)が必要というものです。

この機能があるので、ハッカーは、一つの秘密鍵を盗んだだけでは、ビットコインを使用することができません。

ですから、マルチシグネチャ機能を使用すると、秘密鍵が盗まれた際のリスクが分散されます。


参考情報

ここではデスクトップ型ウォレットとして紹介していますが、Copayにはデスクトップ型 (対応PC: Mac、Windows、Linux) 以外にもAndroid、iOS、Chromeアプリがあります。

そのため、自分のPCとAndroid両方でCopayをダウンロードし、『PCとAndroidからの承認がなければビットコインが送信できない』よう、マルチシグネチャ機能を設定することも可能です。

Copay 公式ページ


ウェブウォレットとは、インターネット上にウォレットのアカウントを開設して使用するウォレットです。

メリット・デメリットのそれぞれ見ていきましょう。

メリット

  • 利便性が高い

ウェブウォレットはインターネット環境下でなら、PCやスマートフォンがあれば、どこでも使用できるので、普段使いにおすすめです。

ハードウェアウォレットと異なり、ウォレットは事態の破損の心配もありません。

デメリット

  • セキュリティが弱い

ウェブウォレットはインターネット環境下でしか使用できないので、今まで解説してきたウォレットと比較するとセキュリティ面に不安があります。

インターネットに繋ぐ必要があるということは、その分ハッキングリスクはつきものです。

ウェブウォレットの中で知名度が一番高く多くのユーザーに使用されているのがこの『Blockchain.info』です。

この『Blockchain.info』は日本語対応でシンプルで使いやすいと評判で、二段階認証を用いることでセキュリティ面を強化しています。

二段階認証とは、ログインパスワードに加えて、(ログイン)確認パスワードを使用することでログインが行えます。

仮に第三者がログインパスワードを使用した際、承認パスワードがなくてはウォレットを使用することができません。

Blockchain.info公式ページ

モバイルウォレットとは、iPhoneやAndroidでアプリをダウンロードすることで、使用するウォレットです。

デスクトップウォレットのモバイル版と考えればよいでしょう。

メリット・デメリットについて確認していきましょう。

メリット

  • 持ち運びに便利

デスクトップウォレットに比べて、スマートフォンで管理するぶん、持ち運びに便利です。

現在、ビットコイン決済を受け入れている店舗では、携帯がなくてはビットコイン決済ができない箇所がほとんどです。

ですから、ビットコインを決済手段として検討している方は、モバイルウォレットを準備するのが良いです。

デメリット

  • 復元用パスワードを忘れるリスク

復元用パスワードを忘れてしまうと、データを復元することはほぼ不可能です。

ハードウェアウォレットでも解説しましたが、復元パスワードはしっかりとメモして、管理するのがおすすめです。

ただし、そのメモが紛失したり盗まれるリスクはあるので注意してください。

Myceliumは、2014年に「Best Mobile App」に選ばれました。

Myceliumにはコールドストレージ機能が搭載されているのが特徴されていますが、これは後述するハードウェアウォレットやペーパーウォレットの秘密鍵を読み取り残高を確認する機能のようです。

オフライン下で管理できる訳ではないので注意してください。

Mycelium公式ページ

breadwalletも、Myceliumの場合と同様に、bitcoinをウォレット提供会社ではなくスマートフォン上で保管します。

SPVを採用しているので、取引データのダウンロードは必要最小限のみ行うので動作が軽くなっています。

また、機種変更してもリカバリーフレーズのを入力するとすぐにデータを引き継げるので安心です。

breadwallet公式ページ

ペーパーウォレットとは、ビットコインアドレス秘密鍵を紙に印刷したものです。

ビットコインアドレスとは、ビットコインを管理する銀行口座秘密鍵とは口座の暗証番号のようなものです。

完全にネットワークから遮断するので、ハッキングリスクはありません。

ですから、ペーパーウォレットは、長期的な保管におすすめなウォレットといえます。

ただし、紙なので、『破損や汚損、消失』には十分注意してください。

bitaddress.orgでは、ランダムに並んだ英数字上でカーソルを動かすという特殊な方法で、新しいビットコインアドレスと秘密鍵をペーパー上に作成します。

自分が持っているビットコインを新たなアドレスに送信すると、作成したアドレス内にビットコインを保管することが可能です。

ペーパーウォレットに保管したビットコインを、デジタル的 (モバイルウォレットなど) に復元する事も可能です。

bitaddress.org 公式ページ

ここまでで、さまざまなウォレットの特徴についてみてきましたが、『復元用パスワードをしっかり管理する』ことが注意点として挙げられます。

『機種変更やウォレット紛失後』ビットコインを回復するには、ウォレット作成時に記録した復元用パスワードが必要です。

ウォレットの本人確認がそれらの情報に依存しているため、その情報を入力できないと所有者ではないと認識されてしまいます。

ビットコインウォレットは、普段使い用のウォレットだけ持つのではなく、管理用のウォレットを持つのがおすすめです。

ウェブウォレットやモバイルウォレットを普段使用しているが、『ハッキングが心配』だという方は、必要なビットコインだけウェブウォレットに残し、残りはハードウォレットやペーパーウォレットなど、ハッキングリスクが少ないウォレットに移すのがよいです。

ハッキング耐性の強い、管理用ウォレットを持っていることが、ビットコインという資産の紛失リスクを低下させます。

ぜひ、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットなどの管理用ウォレットをお持ちください。