目次

    全ての目次を見る
  1. ビットコインを決済に使用するメリット・デメリットは?
  2. ビットコインを決済に使用するメリット・デメリット
  3. ビットコインを決済に使用するメリット
  4. ビットコインを決済に使用するデメリット
  5. ビットコインを決済に使用するメリット・デメリットのまとめ
Large businessman hand showing shopping cart with smart phone 490944358 1147x918  1

ビットコインの決済に関するニュースを、最近目にする機会が増えてきましたね。

そんな、ビットコインですが、現金やクレジットカードと比較したとき、決済手段としてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

この記事では、ビットコインを決済手段として使用する際の、メリット・デメリットについて解説していきます。

ビットコインを決済に使用するメリット・デメリットは以下の通りです。

  1. 送金が早く、安くできる

  2. 海外でも使用可能

  1. 価格変動が激しい

  2. 国内での決済場所が少ない

  3. 決済の遅延、できない可能性

では、いま挙げた、メリットとデメリットをそれぞれ解説していきますね。

ビットコインを使用することで、従来の送金方法と比較して、送金が早く、安く行うことが可能です。

従来、銀行やその他の金融機関を仲介して送金を行っていたので、時間とコストがかかっていました。

しかし、ビットコインとは管理主体の存在しない仮想通貨で、ブロックチェーンネットワーク(※1)を利用しているので、送金者はインターネットで受取人に直接送金をすることが可能となっています。

すなわち、ビットコインを使用することで、仲介者なしの送金が可能ということです。

中央機関を介していないので、その分コスト(※2)と時間の節約が可能となっているのですね。

(※1)ブロックチェーンとは『改ざんできない取引記録を、みんなで監視する技術』です。

ブロックチェーンの詳しい説明はここでは説明しませんが、気になる方は『ブロックチェーンとは~概要を徹底解説~』の記事をご覧ください。

(※2)国内送金と比較した場合、『同じ銀行同士での送金』あるいは『ビットコインの価格が上昇』かつ『送金手数料が一定料金』の条件を満たした場合、従来の送金の方が価格が安くなることがあります。

ビットコインは、決済手段として採用している、店舗では、世界中のどこであろうと使用することが可能です。

海外旅行に行った際に、日本円を自国通貨に両替した経験のある読者の方は、いらっしゃるかと思います。

ビットコインは、世界中で決済手段としての利用が進んでいるので、ビットコインを持っていれば海外で両替する必要がありません。

ビットコインが特定の国によって価値が担保されているわけではないので、国境を越えた使用が可能なのですが、ここでは、その理由については詳しく解説いたしません。

気になる方は、『ビットコインとは~概要を徹底解説~』の記事をご覧ください。 

ビットコインは外部要因や流動性の欠如による価格変動が激しいです。

価格変動が激しいので、ビットコイン購入時の価格の価値を持たなくなる可能性があります。

※この価格変動を利用して資産運用している方は多いです。決済という面では価格変動はデメリットになりますが、投資的な側面を考慮すると肯定的な意味と捉えることができるかもしれません。

ビットコイン決済ができる場所はまだ限られており、決済手段として現金をビットコインに変えたのに使う機会がないという事態が起こる可能性があります。

海外では日本に比べればビットコイン決済が可能な場所が多く、ビットコイン決済が徐々に浸透しています。

2020年の東京オリンピックによる訪日外国人の増加が見込めるので、ビットコイン決済導入の動きが見られていますが、現在ではまだまだ導入店舗が少ないのが現状です。

ビットコイン決済を導入している店舗には、ビックカメラやコジマ、銀座沼津港などの飲食店が挙げられます。

国内の決済場所が気になる方は、『ビットコイン決済を導入している店舗まとめ』の記事をご覧ください。

ビットコイン使用者が多くなるにつれて、ビットコインを支えるシステムが取引を承認するのに時間がかかったり、承認できないといった問題が生じてきています。

これを解決する動きは見られているのですが、もし解決されなかったら上記の問題が顕在化してきてしまい、決済手段としてのビットコインにとって深刻な問題となるかもしれません。

この問題はスケーラビリティ問題といわれています。

スケーラビリティについて詳しく知りたいという方は、『ビットコインの課題と欠点~解決の動き~』の記事をご覧ください。

ここまでで、『送金にかかる時間とコストの削減』や『国境を超えた使用』などのメリットに加え、『価格変動』や『決済場所の少なさ』などのデメリットについて解説してきました。

ビットコインのこれらの、メリット・デメリットがなぜ、あるのか知りたいと思われた方もいるかもっしれませんね。

その理由を知りたい方は、ぜひ『ビットコインとは~概要を徹底解説~』と『ブロックチェーンとは~概要をわかりやすく図解~』の記事をご覧になることをおすすめします。