目次

    全ての目次を見る
  1. ビットコイン(BTC)のウォレット(wallet)とは
  2. ビットコイン(BTC)ウォレットの5つの種類とは
  3. オススメのビットコイン(BTC)ウォレット2選
  4. ビットコインウォレット(bitcoin wallet)を使用する際のポイント(注意事項)
  5. ビットコイン(bitcoin )のウォレット(wallet)まとめ
Large             02

実体のない仮想通貨のビットコイン。

実態のないものを管理するための、財布(ウォレット)とはどのようなものなのでしょうか。

この記事では、

『実体のないビットコインのウォレットとは?』
「ビットコインのウォレットの仕組みとは?」
「ビットコインはウォレットで管理した方が良いの?」

などの疑問をお持ちの方を対象に、ビットコインのウォレットの役割や仕組みなどの概要に加え、ウォレットの種類や仮想通貨取引所が提供している管理サービスとの違いなどの情報を、わかりやすく解説していきます。

ビットコインのウォレットとは、ビットコインを使用するのに必要な、以下2つの情報を管理役割を果たす銀行口座のようなもので、実態のあるものから、アプリとしてダウンロードするものまで様々な種類があります。

  • 秘密鍵
    ビットコインを送金や支払いに使用する際に必要な特殊な鍵のこと。銀行口座でいう「暗証番号」と考えるとわかりやすいです。
  • ビットコインアドレス
    送金先や受取先を特定するための識別子として使用される文字列のことで、銀行口座でいう「口座番号」のようなものです。

ビットコイン自体は、銀行でいうところの金庫の役割を果たす、ブロックチェーンという台帳で管理されており、ビットコインウォレットで管理しているわけではないのでご注意ください。

ビットコインのウォレットには、以下の5つの種類があります。

  1. ハードウェアウォレット
    →ビットコインを使用するのに必要な情報を、USBやカードなどの専用端末で管理するウォレット
  2. ペーパーウォレット
    →ビットコインを使用するのに必要な情報を、紙に印刷して使用するウォレット
  3. デスクトップウォレット
    →PCに専用のアプリをインストールして使用するウォレット
  4. モバイルウォレット
    →iPhoneやAndroid端末でアプリをインストールして使用するウォレット
  5. ウェブウォレット
    →インターネット上に、ウォレットのアカウントを開設して使用するウォレット。秘密鍵を自分で管理せず、ウォレットの提供元が顧客の秘密鍵を一括管理します。

補足情報
ビットコインのウォレットの種類分けの方法として、ホットウォレットとコールドウォレットという分け方もあります。

  • ホットウォレット
    ネットワークに接続された端末で、秘密鍵などを保管するウォレットの総称。モバイルやデスクトップ、ウェブウォレットが該当
  • コールドウォレット
    オフライン下で、秘密鍵などを保管するウォレットの総称。ハードウェアとペーパーウォレットが該当

ここまでで、ビットコインウォレットの概要や種類について確認していきましたが、次の段落以降では、オススメのビットコインウォレットやビットコインのウォレットを使用する際の注意点について解説していきます。

実際にビットコインのウォレットの使用を検討している方は、是非ご覧ください。

Moblock編集部がオススメする、ビットコインウォレットは以下の2つです。

  • Copay
  • Ledger Nano S

Copayは、iOS・Androidなどのモバイル端末に加え、Linux・Mac・Windowsにも対応しているウォレットアプリです。

Copayの特徴

  1. マルチシグの機能を実装
    マルチシグとは、ビットコインを使用する際に、複数の秘密鍵(による署名)が必要になるという技術で、ハッキング耐性を強化することが期待できます。
  2. ハードウェアウォレットと連携が可能
    人気のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」と連携させることが可能です。これにより、Ledger Nano S内のビットコインの残高をCopay経由で確認することができます
  3. PC版とスマホ版で利用が可能

Copayはマルチシグを実装している、セキュリティの高さが特徴のウォレットアプリです。

例えば、自分のPCとスマホ両方でCopayをダウンロードし、『PCとスマホからの承認がなければビットコインが送信できない』よう、マルチシグを設定することでビットコインの不正送金を防止することがができます。

基本情報

  Copay
対応機種 iOS
Android
Linux
Mac
Windows
取扱通貨
(トークンを含む)
ビットコイン
ビットコインキャッシュ
マルチシグ<※1>
日本語対応

Ledger Nano S(レジャーナノエス)とは、自分が所有する仮想通貨をオフラインで保管可能なハードウェアウォレットで、フランスのLedger社によって提供されています。

【Ledger Nano Sの特徴】

  1. 対応通貨の種類が豊富
    ビットコイン含め35種類の仮想通貨に対応しています。
  2. リップル(XRP)に対応している
  3. セキュリティが高い

Ledger Nano Sは、セキュリティの最も優れているハードウェアウォレットの一つで、対応通貨数が豊富なことや、時価総額第3位のリップルにも対応していることから、人気の高いハードウェアウォレットです。

基本情報

価格 79.00€(10,586円)(※1)
15,800円(※2))
対応通貨数 35種類
サイズ 98x18x9(mm)
重量 16.2g
1台で管理できる通貨数 4~5種類

(※1)Ledger社の公式サイトに掲載されていた価格です。カッコ内の円表示は1ユーロ134円として算出したもので、レートは2018年2月6日時点のものです。
(※2)Ledger社の日本正規代理販売店EARTH SHIPの公式サイトに記載されていた価格。

Ledge Nano S正規代理店

※ Ledger Nano Sを購入するときは、Amazonやフリマサイトで中古品を買うのではなく、正規代理店や公式サイトから購入するようにしてください。

ビットコインのウォレットを使用する際は、以下の3点の理解をしておきましょう。

  • 分散してビットコインを管理する
  • セキュリティの高いウォレットを使用する
  • 取引所のハッキングや倒産リスク

万が一ウォレットで保管している秘密鍵が盗まれても、全ての資産を失わないように、資産は極力複数のウォレットに分けて管理するようにしましょう。

セキュリティの高いといわれている、CopayやLedger Nano Sなどのウォレットでもハッキングリスクによる、資産の紛失リスクが存在するためです。

ビットコインは、セキュリティの優れた、『ハードウェアウォレット』や『ペーパーウォレット』などの、コールドウォレット管理することがオススメです。

これらのウォレットは、モバイルやデスクトップウォレットと異なり、ネットワークに接続せず、ビットコインを管理することが可能で、ハッキングリスクが軽減されています。。()

ですから、大量のビットコインを管理したい方は、送金や決済に必要な額以外は、コールドウォレットで管理するのが良いでしょう。

()

ハードウェアウォレットは、データをアップデートする際や送金時に、ネットワークに接続する必要があるので、完全にオフラインというわけではありません。

また、ペーパーウォレットには、紛失すると復元することができない湿気や火気に弱いと言ったデメリットがあるのでご注意ください。

取引所に資産を預けっぱなしにしているという方は、取引所のハッキングや倒産による、資産の紛失リスクについて理解しておくのが良いです。

取引所は顧客のビットコインを多く管理しているので、、ハッカーに狙われやすいく、セキュリティに強いウォレットを使用しても問題が生じるリスクがあります。

実際、国内では、Mt.Gox(マウントゴックス)社の倒産や、Coincheck(コインチェック)から約580億円相当のネム(XEM)がハッカーによって盗まれるといった事件が発生しています。

取引所では、保険や保障などのサービスを提供していますが、適用範囲が限定的であったり、保障の上限が決まっていたりするので、取引所に資産を預けるリスクを理解した上で利用するようにしましょう。

この記事の内容をまとめると以下の通りです。

  1. ビットコインウォレットとは、秘密鍵とビットコインアドレスを管理するもの
  2. ビットコインのウォレットには5つの種類がある
  3. ウォレットは複数所有し、管理用のウォレットも持つ方がよい
  4. 取引所の保障プランなどを正しく理解し、自身で資産を守るための保管方法を考える

ビットコインは持っているけどウォレットはまだ作成してなくて、取引所に置きっぱなしという方は、まずはウォレットを作って、ビットコインを分散管理することをおすすめします。