目次

    全ての目次を見る
  1. 仮想通貨Augur(オーガー)の独自通貨がREP
  2. 仮想通貨Augur(オーガー)とは予測市場のためのプラットフォーム
  3. 仮想通貨Augur(オーガー)の3つの特徴
  4. 仮想通貨Augur(オーガー)の仕組み
  5. 仮想通貨Augur(オーガー)の応用可能性
  6. 仮想通貨Augur(オーガー)が国内で普及するのは困難?
  7. 仮想通貨Augur(オーガー)の今後
  8. 仮想通貨Augur(REP)が購入できる取引所
  9. 仮想通貨Augur(オーガー)まとめ
Large auger logo  1

ビットコインやリップルなどの高騰に伴い、次に価格高騰が期待される仮想通貨を探そうとしている方も多いのではないでしょうか。

この記事で紹介するAugurは独自通貨がREPでよくリップルと間違えて購入してしまう人が多いと、SNS上で話題になっています。

この記事にたどり着いた方は、

「Augur(REP)ってどんな仮想通貨か知りたい」
「Augurの特徴や今後について知りたい」

など様々な疑問を抱えているかあがいるかと思います。

「仮想通貨Augur(REP)の基本情報や特徴」、「Augur(REP)の仕組みや今後」などの情報をわかりやすくご紹介します。

すでにREPを所有しているという方も、Augurのプロジェクト自体について理解していない方も大勢いらっしゃるかと思いますので、これを機会に正しくAugurとREPについてを理解しましょう。

Augurは、中央管理者の存在しない予測市場(賭け事など)のためのプラットフォームで、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されています。

初期の予定では、サイドチェーンという技術を活用することで、ビットコインのブロックチェーンと接続してAugurのプラットフォームを作成しようとしましたが、サイドチェーンの開発の遅れから、予定を変更してイーサリアムのブロックチェーン上に構築しました。

Augurでは、後述するスマートコントラクトと分散型オラクルを活用することで、中央管理者の存在しない予測市場を実現しています。

現在、Augurは正式製品前のβ版で、近いうちにメインネットが提供されるとされています。います。

Augurの開発目的を見たところで、まずは基本情報を確認していきましょう。

独自通貨 REP
発行上限 1100万枚
公式サイト 【Augur】
ホワイトペーパー 【Whitepaper】
時価総額 約980億円

【追記】 2018年1月30日に新しいWhitepaperが公開されたため、そちらに関しては、以下のリンクからご確認ください。

Augur: a Decentralized Oracle and Prediction Market Platform

時価総額は2018/1/28のCryptocurrency Market Capitalizationsのデータを参考にしています。

よく仮想通貨リップルの独自通貨を REPと勘違いして購入してしまうという方がいらっしゃるようですが、REPとはリップルではなくAugurの独自通貨です。

Augurには中央管理者が存在しないので、従来の中央管理者が存在する予測市場と比較して、以下の特徴があります。

  1. 政府などの圧力を受けない
  2. 胴元(予測市場)運営者の賭金の横領がない
  3. 誰でも自由にイベント(賭け事)を作成できる

それでは、Augurの特徴をご紹介します。

Augurのプラットフォームは、ネットワークの参加者によって支えられているため、規制をしようにも政府などの中央機関が規制しようにも、参加者が存在する限り存続し続けます。

実際、中央管理型のInTradeというプラットフォームはCFTC(アメリカ商品先物取引委員会)から規制・訴訟されています。

予測市場とは政府や委員会などの影響力の強い団体の規制の対象になる傾向にあるのですが、Augurではビットコイン同様に分散型(中央管理者が存在しない)のプロジェクトなので、一旦サービスが提供され、参加者が存在するのなら、システムは稼働し続けるため、影響がないのではと考えられます。

Augurには、中央管理者が存在しないため、運営者による賭金の横領や持ち逃げ、倒産の際に預けた資金が返却されないというリスクがありません。

従来の予測市場では、中央管理者が賭け金の管理を行なっているため、横領や持ち逃げのリスクが存在しますが、Augurには中央管理者が存在しないため、このような問題が起こらないのです。

また、中央管理者に支払っていた手数料もほとんどかからないというメリットがあります。

Augurでは、ネットワーク参加者なら、誰でも自由にイベントを自由に作成することが可能です。

従来の予測市場では、中央管理者がイベントを作成しユーザーに提供という流れで、ユーザーは賭けに参加することはできてもイベントを作成することはできませんでした。

Augurでは、参加者は以下の3種類のイベントを作成することができます。

  1. binary(yes/no)
    →彼は現在結婚しているかなど「Yes or No」で回答できる形式
  2. scalar
    →明日、マクドナルドでハンバーガーは何個売れるかなど
  3. categorical
    →大統領になるのは「A氏,B氏,C氏」のうち誰かなど

それでは、Augur(REP)のプラットフォームはどのような仕組みになっているのでしょうか。

次の段落で、Augurを支える「スマートコントラクト」と「オラクル」についてご紹介します。

Augurの仕組みで重要なのは以下の2点です。

  1. スマートコントラクト
  2. 分散型オラクル

これらの仕組みの概要とAugur内で果たす役割についてご紹介します。

スマートコントラクトとは、イーサリアムのブロックチェーンに実装されている技術で、『事前に作成した契約内容がブロックチェーンで管理され、イベント発生後に人の手を介さずに自動で実行される仕組み』のことです。

Augurでは、このスマートコントラクトを活用することで予測市場を実現しています。

例えば、『明日の選挙でA党,B党のうち、どちらが勝利するか』という契約内容(イベント)を事前に作成し、ブロックチェーンで管理します。

翌日の選挙でA党が勝利した場合、A党に賭けていた参加者は賭け金とレートに応じた報酬がプログラムで規定された内容によって自動で支払われます。

ただし、イベントを設定しただけでは、プログラムは現実で発生するイベントの内容や結果がわかりません。

そこで、Augurではオラクルを活用し、イベントの正確な情報をプログラムに提供しています。

オラクルとは、イベントの結果などネットワーク外の情報を提供する役割を担うサーバーや参加者のことで、Augurではレポーターという、独自通貨REPを保有する複数の参加者が行います。

従来のオラクルとは、信頼できる中央集権期間がオラクルの役割を担っていましたが、Augurではネットワーク上に分散する参加者が行います。

Augurでは、参加したイベントでREPを賭けた参加者が、イベント結果の報告をするのですが、レポーターの過半数が報告した正しいとされる情報を提供できれば報酬がもらえるのですが少数派の情報を提供した場合REPが正しい情報を提供したレポーターに分配される仕組みです。

レポーターは正しい情報を提供すれば報酬が、虚偽の情報を提供すれば罰則を受けるので正しい情報を提供しようとするインセンティブが働くのです。

Augurは予測市場のプラットフォームのため、賭けと結びつきやすいですが、今後は保険業界にまで活用の幅を広げることが期待されています。

保険では、「将来の病気や事故に備えて、毎月積立金」を払い、「病気や事故になれば保険料がもらえます」が「何もなければ保険料はもらうことができず、積立金も戻ってきません」。

この構造を予測市場に当てはめると以下の通りです。

  1. イベント(病気や事故になるかどうかの賭け)を作成し賭け金を支払う
    →自分は病気や事故になるorならない方のいづれかに賭ける
  2. イベント(病気や事故にあったかどうか)結果を判断する
    →当たれば報酬が、外れれば賭け金はかえってこない

ここで注目すべきは、仮に病気にかからなかった場合でも、病気にかからない方に賭けていればお金が戻ってくるということです。

Augurを活用すれば、既存の保険業者を介なくて良いので積立金の手数料が浮くことや、保険業者による保険内容の書き換えなどのリスクがなくなると予想されています。

Augurが国内で普及するには、ギャンブルのプラットフォームとして活用される場合「賭博罪」、保険分野での活用をする場合でも「保険業法」という法的な課題があるとされています。

競馬や競艇は公営ギャンブルとして認められているため良いのですが、Augurが果たして国内で認められるかどうかはっきりとしたことはわかりません。

また、保険で活用する際も保険業法という法律が存在しているため、企業がかる要する際には問題ないかもしれませんが、中央管理者が存在しない場合、準備金や資格などの問題が発生するのではないかと予想されます。

Augurが日本で活用されていくのかどうかは、わかりませんが今後の動向に注目が集まります。

画像参考元Augur Blog

Augurでは、毎週アップデートを行っており、その度に内容をブログに載せているのですが、ここでは、2018/1/28段階で公式に発表されている最新のアップデート内容をご紹介します。

2018/1/24のブログでは、新しいホワイトペーパーの発表が近日Twitterから発表されるということです。

現在Augurのドキュメントや古いAugurのホワイトペーパーで記載されている内容と何か変化があるのかどうか期待が高まっています。

Augurの独自通貨REPを購入できる国内・海外の主要取引所は以下の通りです。

  1. Coincheck(コインチェック)
  2. Bitfinex(ビットフィネックス)
  3. Bittrex(ビットトレックス)
  4. Kraken(クラーケン)
  5. Poloniex(ポロニエックス)

この中でも国内取引所のコインチェックについてご紹介します。

海外取引所について知りたい方は、関連記事をご覧ください。

Coincheck(コインチェック)は、国内の取引所で最も多くの仮想通貨を扱っており、日本人にもわかりやすいUIなので、REP以外にも様々な仮想通貨を購入したい方におすすめです。

口座開設方法は以下の通りです。

  1. coincheckの公式HPへ
  2. ユーザー登録画面に情報入力
  3. 確認メールが届くのでリンクから個人情報入力
  4. 画面の指示に従って本人確認書類の提出

コインチェックは、約580億円相当のネム(XEM)を不正アクセスにより盗まれたため、現在一部通貨ペアに取引制限が設けられています。

仮想通貨Augurのこれまでの内容をまとめると以下の通りです。

  • 中央管理者の存在しない予測市場のためのプラットフォーム
  • ギャンブルや保険などに活用されると期待されている
  • スマートコントラクトと分散型オラクルを活用することでシステムを維持
  • 現在はベータ版で本格的なメインネットの運用はされていない

本格運用に向けてAugurがどのように展開していくのかわかりませんが、2018/1/29にホワイトペーパーの最新版も発表されたこともあり、今後のAugurの動向から目が離せません。