目次

    全ての目次を見る
  1. 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)の開発目的と用途とは
  2. ビットコインキャッシュ (BCH)の特徴
  3. ビットコインキャッシュ (BCH)の最近の動向
  4. ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の対応
  5. 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)を購入するのにおすすめの取引所とは
  6. 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)を管理するのにオススメのウォレット2選
  7. ビットコインキャッシュ (BCH)のまとめ
Large b

2017年8月1日、オリジナルのビットコインから分裂して誕生したビットコインキャッシュ。

ビットコインと何か関係がありそうだけど、具体的に何が違うかわからない』という読者の方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、

「ビットコインキャッシュの誕生の経緯とは」
「ビットコインキャッシュとビットコインの違いとは?」
「ビットコインキャッシュの特徴について知りたい」

などの疑問・ニーズをお持ちの方を対象に、ビットコインキャッシュの誕生の経緯からビットコインと比較した時の特徴、さらにはmビットコインキャッシュの最新情報から今後の価格予測まで、ビットコインキャッシュについて抑えるべき情報を、網羅的にわかりやすくご紹介します。

まずは、ビットコインキャッシュの誕生の経緯(開発目的)や基本情報を確認していきましょう。

ビットコインキャッシュとは、銀行や政府などの中央管理者が存在しない支払いシステムで、システム内で使用される仮想通貨がBCH(BCC)です。

では、肝心のビットコインとはどう違うのでしょうか。

実は、元は一つであったビットコインのコミュニティで対立が起き、現在のビットコインとビットコインキャッシュが2017年8月1日に誕生しました。

次に、現在のビットコインとビットコインキャッシュ誕生のきっかけである、8月1日問題について紐解いていきます。

8月1日問題とは元は1つであったビットコインが、現在のビットコインとビットコインキャッシュに分裂するきっかけとなった問題のことです。

スケーラビリティ問題とは

スケーラビリティ問題とは、トランザクション(取引データ)の増加によって生じる、トランザクションの処理能力(処理速度、処理量)に関する問題のことです。

ブロックサイズ(取引データ処理の容量)が1MBであるビットコイン(BTC)では、取引数が1MB以上に増加することで、ネットワークに混雑が生じ、送金の遅延などの問題が発生しました。

このスケーラビリティ問題を解決するために、ビットコインのコミュニティでは以下の2つの対策が解決策として提唱されました。

  • Segwit(セグウィット)
    トランザクションに格納されている署名を、同じトランザクション内のWitenessと言う領域に移動させる仕様変更のこと。Segwitを実装することで、約1.7MB分のトランザクションを1つのブロックに格納できるようになります。
  • ブロックサイズの拡大
    トランザクションを格納するブロックのサイズを拡大する仕様変更のこと。ブロックサイズを拡大することで、トランザクションを処理できる数が増加するので、スケーラビリティ問題の解決が期待できます。

最終的に、ビットコインではSegwitが実装されました。

しかし、Segwitではスケーラビリティ問題の解決ができないとして、一部のコミュニティメンバーが反発。

結果、ビットコインのコミュニティは内部分裂し、元は一つであったビットコインが、Segwitを実装した現在のビットコインと、ブロックサイズを拡大したビットコインキャッシュに分裂したのです。

ビットコインキャッシュの基本情報

仮想通貨 BCH/BCC
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
発行上限 2100万枚
公式サイト 【BicoinCash】

ここまでで、ビットコインキャッシュの誕生の経緯や基本情報は理解できましたでしょうか。

次の段落では、ビットコインキャッシュの理解をさらに深めるために、ビットコインと比較した時のビットコインキャッシュの特徴をご紹介していきます。

ビットコインと比較した際、ビットコインキャッシュの特徴としてあげられるのは、以下の3つです。

  1. ブロックサイズが大きい
    ビットコイン:1MB
    ビットコインキャッシュ:8MB

  2. 新しい難易度調整方式の採用
    ビットコイン:NDA ビットコインキャッシュ:DAA
  3. 新しい署名形式の採用

詳しく見ていきましょう。

先ほど、BCH誕生の経緯でもお伝えしたように、ビットコイン(BTC)のブロックサイズは1MBです。

対してビットコインキャッシュ (BCH)は、ブロックサイズを8MBに拡大しました。
さらにトランザクション(取引)が増えた場合、32MBまでフォークなしで拡張ができるようになっています。

これによりトランザクションの詰まりが解消され、取引速度が早くなり、手数料の高騰も防ぐことが可能です。

ブロックサイズが大きいことの懸念点

ブロックサイズを拡大することは、トランザクション詰まりの解消というメリットがある一方、「マイニングの不平等化」が起きることが懸念されます。

マイニングの一連の流れ

  1. トランザクションの検証・承認
    送金額と受金額があっているかどうかや、改ざんなどの不正がないかどうかの検証を行います。

  2. ブロックの生成
    検証済みのトランザクションをまとめる作業です。

  3. 計算問題を解く
    ブロックチェーンへの追加権をかけて、計算競争をします

  4. 計算問題の答えとブロックをネットワークに伝搬
    計算問題の答えが他のネットワーク参加者に正しいとみなされると、ブロックをブロックチェーンに追加することができます。

  5. 報酬の獲得

ブロックのデータ容量の大きいビットコインキャッシュでは、データの伝搬速度が遅くなります。
LINEやメールを送る際に、データ容量の大きい動画を送るのに時間がかかるイメージです。

最初にブロックを生成したネットワーク参加者や、高速回線を有している者が次のマイニングを早くスタートできてしまうのです。

この懸念点に対しビットコイン・ジーザスと呼ばれるロジャー・バー氏は、

『前の会社では、光回線が20年間で300万倍の速さになったのだから、今日1MBのブロックを扱うのが簡単だとすれば、20年後3GBのブロックを扱うことも簡単になっているはずだ』

とインタビューで発言しており、今後の技術の発達によって、マイナーの不公平さは軽減されるとの見解を示しています。

ビットコインキャッシュ (BCH)とビットコイン(BTC)のマイニングは、取引をネットワークの参加者が承認し、承認者に報酬を与える仕組みになっています。

そして、承認を与える方法として、PoWという同様のコンセンサスアルゴリズム(合意形成)を採用。

PoWとは、参加者全員で同じ計算問題を解き、その中で最も早く計算式を解いた人に報酬を与える方式です。

ビットコイン、ビットコインキャッシュともに、ブロックの生成時間は10分と決まっているので、その間に計算が解けるように難易度を調整しています。

ビットコイン(BTC)では、ブロックの生成が10分間に1回になるよう、【NDA】という難易度を調整するシステムを導入しています。

NDA(Normal Difficulty Adjustment)とは
ブロックの生成を平均して10分に1回にするように、約2週間に1度、難易度を調整するシステム。

ビットコインキャッシュ(BCH)はNDAに加え、さらに【EDA】を導入しました。

EDA(Emergency Difficulty Adjustment)とは
ハッシュレート(マイニングを行うマシンの計算単位のこと)が低く、12時間に生成されたブロックの数が6ブロック以下の場合に、マイニングの難易度を20%下げる仕組み。

ビットコイン(BTC)よりも価格や時価総額が低いビットコインキャッシュ (BCH)は、難易度を下げてマイナーを呼び込もうとしました。

マイニングでは報酬がもらえるため、難易度が低いとその分報酬が獲得しやすくなります。

同じコンセンサスアルゴリズムを採用しているビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ (BCH)間では、マイニング先を簡単に変更することができるのですが、EDAを採用したことである問題点が浮上します。

一定時間ビットコインキャッシュ(BCH)のブロックが生成されないことがたびたび発生し、マイナーが故意にブロックの生成をせず、難易度を下げているのではないかという疑惑が生じました。

難易度を下げることでブロックの作成が簡単になり、マイニングにかかる電気代も安くなるのです。

取引の承認が安定しない状態が続いたため、短期的な利益に左右されない安定したハッシュレートが必要と考え、2017年11月に【DAA】が導入されました。

DAA(Difficulty Adjustment Algorithms)とは
・平均ブロック間隔を600秒にして難易度をハッシュレートに調整する
・ハッシュレートが安定しているときの、突然の難易度変更を避ける
・ハッシュレートが急激に変化したときに、難易度を即座に調整する
・ハッシュレートと難易度の間のフィードバックからの振動を避ける
・タイムスタンプ操作などの攻撃に対して復元する力を持たせる

DAAの導入より、急激な難易度の変化は生じなくなり、約10分ごとにマイニングされるようなアルゴリズムになりました。

また、マイナーがどちらか一方に偏ることによる、取引時間の遅延や手数料の高騰が起こりにくい、安定したネットワークになったと言えます。

ビットコインキャッシュ (BCH)は、新しい署名ハッシュアルゴリズムであるSIGHASH_FORKIDフラグを使用しており、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ (BCH)を区別して、二重送金などを防ぎます。

新しい署名形式にすることで、以下も実現されました。

  • リプレイアタックの回避(※1)
  • ハードウェアウォレットのセキュリティ向上
  • ハッシュ(ハッシュ関数を用いて変換したデータ)の増加問題の解決

(※1)リプレイアタックとは、ブロックチェーンが分岐した際に、一方のチェーンで行われたトランザクションをコピーしてもう一方のチェーンでも行うことによって、不正な送金トランザクションを生成する攻撃のこと。

特徴を理解していただいたところで、次にビットコインキャッシュ (BCH)の最近の動向を確認してみましょう。

最近の動向を3点にまとめてみました。

  1. BCHを基軸とした仮想通貨取引所の開設
  2. BCHのvisaデビットカードがリリース
  3. BCHのハードフォーク

それでは一つずつ詳細を見ていきましょう。

2017年12月より以下の仮想通貨取引所で、ビットコインキャッシュ (BCH)を基軸通貨(※1)とした取引が開始されています。

  1. CoinEx
  2. OKEx

①CoinEx
ビットコインの大手マイナーViaBTCが2017年12月に設立した仮想通貨取引所です。
BCHのみを基軸通貨とし、2018年1月16日現在、6種類(BTC/ETH/LTC/ZEC/DASH/CDY)の通貨を取り扱っています。
BCHは取引手数料が安く、トランザクションが優れている点から、BCHを基軸通貨としたようです。

②OKEx
BTC、ETH、USDTに加え、BCHを基軸通貨とした取引を開始しました。
(参照:OKEx - The 1st ever digital asset exchange to list BCH Market

(※1)BCHの基軸通貨とは、BTC/BCH、ETH/BCHなど「BCH建て」で取引することです。

2017年12月12日、ロジャー・バー氏によりビットコインキャッシュ(BCH)のvisaデビットカードがリリースすることが発表されました。

仮想通貨を取引所で日本円に換金して銀行口座へ移す、という手間を省けるのが最大のメリットです。

2018年1月13日にビットコインキャッシュ (BCH)からハードフォークした、ビットコインキャンディ(CDY)が誕生しました。
CoinExから発表されたもので、CoinExではすでに取引が開始されています。

  ビットコインキャッシュ (BCH) ビットコインキャンディ(CDY)
コンセンサスアルゴリズム PoW PoW
ブロックサイズ 8MB 8MB
Segwit なし なし
ブロック生成時間 10秒〜2時間 2分
難易度調整 DAA DAA
マイニングハードウェア ASIC GPU

ビットコインキャンディ(CDY)はビットコインキャッシュ (BCH)と同様、8MBのブロックサイズと、難易度調整アルゴリズム(DAA)を採用しています。

異なる部分としては、ビットコインキャンディ(CDY)のブロック生成時間が2分となることと、マイニングハードウェアはGPU(※1)になります。

(※1)コンピュータでの画像や動画の高速処理をするための回路。ゲームやCG制作など多様な使い方ができる。マイニング用の独自プログラムを開発し、さまざまな仮想通貨のアルゴリズムに対応している。

また、ビットコインキャンディ(CDY)は、今後量子コンピュータへの対策が施される予定です。
現在、開発中である量子コンピュータ(膨大な計算処理を一瞬完了できるコンピュータ)をマイニングに使用すると、ブロックチェーンの改ざんができてしまうことが懸念されています。(51%攻撃の問題)

51%攻撃については、以下の記事をご参照ください。

そこで、ビットコインキャンディ(CDY)は量子対策を目的とし、ハードフォークによって誕生しました。

フォーク時に1BCHあたり、1000CDYがCoinExで付与されたようです。 (公式HP:Bitcoin Candy

以上、3つの最近の動向を確認しました。
昨年の12月から次々とビットコインキャッシュ (BCH)に関するニュースが発表され、12月18日〜21日の4日間では約2倍まで値を上げました。

次に、BCHの今後の対応をご説明します。

ビットコインキャッシュ (BCH)は2018年のロードマップで、6〜12ヶ月間の中期計画を発表しています。

その中で、アップグレードを5月15日と11月15日の2回、実施することを発表しました。
具体的な内容は2月15日までに決定するようですが、暫定的に計画されている内容は以下のとおりです。

  • ブロックサイズの拡大
  • ブロック生成時間の短縮
  • ブロックの生成方法変更
  • 難易度調整アルゴリズム(DAA)の改良

ビットコインキャッシュ (BCH)の最優先事項は、より幅広く使用されるように改善し続けることだといいます。

少額決済ができるような、より「キャッシュ」としての利用を目指していることがわかります。

最後に、ビットコインキャッシュ (BCH)を取扱っている仮想通貨取引所をご紹介します。

ビットコインキャッシュの仮想通貨BCHは、Cryptocurrency Market Capitalizations(2018/8/14時点)で確認できるだけでも、119箇所の取引所で取り扱いがされています。

中でも、BCHを購入するのにおすすめの取引所は、bitbank(ビットバンク)bitFlyer(ビットフライヤー)です。

bitbankはビットバンク株式会社が運営する取引所で、金融庁の仮想通貨交換業者にも登録されています。

bitbankでBCHを購入するのがおすすめな理由は、以下の2点です。

  1. BCHの取引高が国内一位
    取引高が高いということは、取引の成立が多く、流動性があり、自分の注文が成立しやすい傾向にあるということなので、これからBCHを購入しようとしている方におすすめです。
  2. BCHの取引手数料が無料
    2017年10月16日10:00〜2018年9月30日まで

bitbankでは、BCH以外に5種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコイン)の取り扱いをしており、これらの取引手数料も無料です。

BCHを安く購入したいという方は、bitbankを検討してみてはいかがでしょうか。

bitFlyerは株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨交換所で、金融庁の仮想通貨交換業者にも登録されています。

bitFlyerでBCHを購入するのがおすすめな理由は、以下の2点です。

  1. BCHの取引高が高い
    bitbankに次ぐ、国内第2位の取引高
  2. 即時売買が可能
    取引所ではなく、販売所形式のサービスを提供しているため、好きなタイミングで簡単に即時売買が可能。

bitFlyerでは、BCH以外に6種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、ライトコイン、モナコイン)に対応しています。

BCHを取引所ではなく販売所で簡単に購入したいという方は、bitFlyerも検討してみてはいかがでしょうか。

BCHを管理するのにおすすめのウォレットは、以下の2つです。
※以下の2つのウォレットは、ビットコインを管理することもできます。

  1. Copay
    スマートフォンで管理するタイプのウォレットで、無料で作成可能です。
  2. Ledger Nano S
    USBのような端末で管理するたい方のウォレットで、セキュリティが最も優れていると言われるハードウェアウォレットの一つです。ただし有料なのでご注意ください。

国内では、Mt.Gox(マウントゴックス)社の倒産や、Coincheck(コインチェック)から約580億円相当のネム(XEM)が不正アクセスによって紛失した事件をきっかけに、仮想通貨を取引所ではなく自分のウォレットで安全に管理しようという方が増加しているのではないでしょうか。

取引所にBCHを預けているのは不安で、自分のウォレットで管理したいという方は、上記2つのウォレットの利用を検討していてはいかがでしょうか。

ビットコインキャッシュ (BCH)は、スケーラビリティ問題解決の方針を巡り、ビットコインのコミュニティ間が分裂したことで誕生した仮想通貨であることがわかりました。

また、ビットコインキャッシュには以下の特徴がありましたね。

  • ブロックサイズの拡大
  • EDA・DAAの導入
  • 新しい署名形式

ビットコインキャッシュ (BCH)はブロックサイズを拡大することで、トランザクションの詰まりを防いでいます。

そして少額決済を可能にするなど幅広く使用されることを目的として、今後も進化していくものと思われます。

一方、ビットコイン(BTC)はスケーラビリティ問題を解決するためにSegwitを導入させましたが、いまだ送金の遅延や手数料の高騰は続いています。

しかし、Segwitのほかにもライトニングネットワークや、サイドチェーンなどの解決策が提案されており、今後の対応が注目されます。

スケーラビリティの問題に関する詳細は、以下の記事をご参照ください。