目次

    全ての目次を見る
  1. ビットコインを入手する方法
  2. ビットコインの5つの入手方法
  3. 取引所で入手
  4. ビットコインATMで入手
  5. お小遣いサイトでビットコインを無料で入手
  6. 取引所の特典でもらう
  7. マイニングでビットコインを入手
  8. ビットコインの入手方法まとめ
Large          02

最近、ニュースや雑誌で『ビットコインの価格が上昇』などの報道が多くなっています。

「自分も乗り遅れないようにしなければ」と焦りを感じている方が多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな読者の方のために、ビットコインの入手方法をまとめて解説していきたいと思います。

無料で入手する方法も紹介しているのでで、是非ご覧ください。

ビットコインには、下記の5つの入手方法があります。

  1. 取引所で入手
  2. ビットコインATMで入手
  3. お小遣いサイトで入手
  4. 取引所の特典で入手
  5. マイニングで入手

それぞれの詳細を見ていきましょう。

最も一般的な方法が、取引所に口座を開設して購入する方法です。

取引所とは、ビットコインなどの仮想通貨を買いたい人と売りたい人を、マッチングさせるサービスを提供しています。

日本には、bitFlyerやコインチェック(coincheck)、テックビューロ(Zaif)などの企業が運営するさまざまな取引所があります。(後述

ちなみに、取引所を運営する企業は、販売所も運営していることがあるので、販売所でビットコインを入手することも可能です。

次に、取引所でビットコインを入手するメリット・デメリットについて解説していきます。

取引所でビットコインを購入するメリットは、購入のしやすさ24時間売買が可能ということが挙げられます。

口座を開設すれば、携帯やPCなどの端末からビットコインを購入することができるので、購入しやすいです。

また、ビットコインなどの仮想通貨は、価格変動が激しいので、安いときに買い、高いときに売ることが24時間いつでもできるというのも取引所のメリットです。

投資目的でビットコインがほしいという方に、おすすめの入手方法といえます。

取引所のデメリットは以下のようなものがあります。

  1. いつまでたっても取引相手が現れないリスクがある
  2. カウンターパーティーリスクがある

取引所は売買のマッチングを行っている場所なので、『買いたい値段、または売りたい値段』では売買が成立しないということがあります。

カウンターパーティーリスクとは、第三者機関の不手際によって、自身が被害を受けることです。

企業が管理する顧客の個人情報漏洩や、銀行の横領事件などが該当します。

取引所で口座を開設する際に、個人情報を打ち込むことがあるのですが、取引所がハッキングを受けその情報が外部に漏れてしまうリスクがあるので注意が必要です。

取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入するために必要な手順は以下の通りです。

  1. 取引所のHPにアクセスし、メールアドレスとパスワードを設定してアカウント作成
  2. 本人確認書類を写真撮影し、取引所に送信
  3. 取引所から郵送されてくる書類記載の本人確認コードを、取引所アカウントページ内に入力
    →口座開設完了
  4. 取引所に入金
  5. ビットコインを購入

大まかな流れは以上ですが、取引所によって若干異なるので、気になる方は関連記事をご覧ください。

仮想通貨は、取引所で簡単に購入できます。

しかし、「取引所の口座をつくるのが面倒」とか、『インターネットが苦手』という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方には、次に紹介するビットコインATMを使用するのがおすすめです。

ビットコインはビットコインATMから購入することが可能です

ビットコインATMとは、ビットコインなどの仮想通貨を購入するための専用のATMのことで、コンビニや駅に設置されている、銀行ATMのことではありません。

ビットコインATMで購入する際のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリットは、口座開設をしなくても、直接ATMから現金購入できるという点です。

**現金をもっていれば、その場で仮想通貨を購入することができるという点が、取引所と比較したときに優れています。

ビットコインATMは、coinmapビットコインマップで簡単に探すことが可能です。

ビットコインATMは、国内に設置されている台数が少ないというデメリットがあります。

2017年12月現在で、ビットコインを購入することができるATMは国内で数十か所しかありません。

お住まいの地域によっては、ビットコインをATMで購入するのが難しいです。

ビットコインをATMから購入するには、事前にウォレットを作成しておく必要があります。

ウォレットとは、ビットコインを管理する財布のようなものです。(※)

ウォレットを作成しておくことで、購入した仮想通貨をそこに入れておき、換金や送金などをすることが可能になります。

ウォレットには、Blockchain.infoが日本人にも使いやすいと有名です。

ATMから購入する場合には以下のような手順になります。

  1. ATMに現金を入金
  2. ATMに表示されるQRコードをスマホで読み取る
  3. ウォレットに仮想通貨が入金される

かなり簡単に仮想通貨を購入できます。

ここまでで、ビットコインを購入する方法について解説しましたが、次の段落では、ビットコインを無料で入手する方法について解説します。

ビットコインは、企業の広告を見たり、ゲームをすることでビットコインを無料で入手することが可能です。

電子マネーがただでもらえるポイントサイトなどがありますが、そのビットコインバージョンです。

ビットコインを無料で入手することができることがメリットです。

ビットコインは、『高額』『流動性が激しい』という理由から、お金をかけて購入するのは怖いと思っている人も多いのではないでしょうか。

そんな読者の方は、お小遣いサイトを利用することで、無料でビットコインが入手できるので、最適な方法かもしれません。

無料でもらえるビットコインが、少額ということがデメリット(注意点)といえます。

筆者は、あるお小遣いサイトに登録し、実際に広告を見た際に広告を見ただけでビットコインがもらえるサイトを利用しましたが1回の利用で4satoshiしかもらえませんでした。

1satoshiは1BTC(ビットコインの単位)の1億分の1の値です。

1BTCが200万円(2017/12/12)でも、1satoshiは、0.02円分です。

ただでもらえるのでも文句は言えませんがわざわざサイトにアクセスする手間を考えれば費用対効果はあまりないといえるかもしれません。

具体的な入手方法は、サイトへアクセスしてメールアドレスとパスワードを登録するだけです。

基本的に個人情報は必要ありません。

Bonus Bitcoinモッピーなどが有名です。

貯まったポイントをビットコインに変えて受け取る際には、ウォレットが必要なので注意してください。

bitFlyer、Zaif、coincheckなどの大手取引所では、取引所内のサービスを利用することによってビットコインを入手することが可能です。

買い物や電気料金の支払いなど、日常の支払いをすることで、ビットコインが還元されることがメリットです

各取引所の特典は以下の通りです。

  1. bitFlyer:おとくにビットコインをもらおう
    bitFlyer経由で、楽天やZOZOTOWNで買い物をするとビットコインが還元
  2. coincheck:coinchckでんき
    電気代の1~7%がビットコインとして還元
  3. Zaif:チャットチップ
    面白いツイートをすればビットコインがもらえる

bitFlyer内のサービスを利用するとサービス料金の1部がビットコインで還元されます。

具体的には以下のようなものがあります。

  • 楽天、ZOZOTOWNで買い物した0.6%分
  • じゃらん、楽天トラベルなどの旅行系サイトで予約1~2%分
  • クレジットカード作成で4000円分

デメリットはそれほどありませんが、注意点は、各取引所のウォレットを持つ必要があるということです。

ウォレットを作成するには、口座開設の必要があるので、カウンターパーティリスクがあることは覚えておいてください。

また、coincheckでんきでは専用メーターを自宅に設置する必要があるなどの手続きがあります。

ここまでで、ビットコイを入手する方法を解説してきましたが、次の段落では『マイニング』という作業を行うことで、ビットコインを入手する方法について解説します。

このやり方は、少々システマチックな方法になるので、参考までにご覧ください。

ビットコインは購入しなくても、マイニングという作業を行うことで入手することが可能です。

マイニングとは、ビットコインの送金や決済のなどの、取引データを台帳に追加するための作業のことです。(※)

このマイニング作業を行い、取引データを台帳に追記することに成功した人は、報酬としてビットコインを入手できます

(※)マイニングとは、ビットコインの取引を記録しているブロックの容量が限度に達すると、新たなブロックと元のブロックを繋げる作業です。

ブロックを新たなブロックと繋げるためには複雑な暗号を解読する必要があり、いち早く解読して人には報酬としてビットコインがもらえる仕組みとなっています。

マイニングは、スマホやPCで自宅でも行えることがメリットです。

MinerGateというスマートフォンとPCに対応したアプリを使用すれば、手軽にマイニングを行うことが可能です。

マイニングはスマホや自宅のノートPCでも簡単に参加することがきます。

マイニングのデメリットは電気代に比べて利益が出ないということです。

マイニングはスマホや自宅のノートPCでも簡単に参加することがきますが、その分電気代もかかります。

日本では電気代が高いので、スマホやPCを使用しても、マイニング報酬より電気代の方が高額というのが現状です。

ちなみに、マイニングは電気代の安い中国で盛んに行われています。

マイニングに参加すれば誰でも報酬としてビットコインをもらうことができますが、電気代やツール等にかかるコストのほうが大きくなるので、注意が必要です。

入手方法は先ほど述べたMinerGateなどのサイトへ登録を行い、マイニングを開始するだけです。

採掘した仮想通貨を入れておくウォレットも必要になります。

個人の方でも、高性能のコンピューターを作成し、数十万円以上の投資を行ってマイニングに精を出している人もいますが、やはり電気代と投資のお金を取り返すのは難しいようです。

ビットコインを入手する方法は以下の5つの方法があります。

  1. 取引所で入手する
    投資目的の方向け
  2. ATMで入手する
    取引所で口座を作ることが面倒な方向け
  3. お小遣いサイトで入手する
    現金を使うのが怖い方向け
  4. 取引所の特典で入手する
    ビットコインの取引所を利用している方向け
  5. マイニングで入手する
    ビットコインで大きな利益を得たい事業者向け

自分にあった方法で、ビットコインを入手してくださいね。