目次

    全ての目次を見る
  1. イーサリアムのウォレットアプリ紹介
  2. イーサリアムの7つのウォレットアプリ
  3. 1. MyEtherWallet (MEW。Win, Mac, Linuxパソコン対応)
  4. 2. Mist (Win, Mac, Linuxパソコン対応)
  5. 3. Jaxx (iPhone&Android、Windows、Chrome Extension対応)
  6. 4. ClassicEtherWallet (WEB, ペーパーウォレット)
  7. 5. OpenLedger (ブラウザ)
  8. 6. HB Blockchain Interface (iPhone&Android対応)
  9. 7. Blockchain.info (WEB)
  10. 【まとめ】イーサリアム対応のウォレットアプリ~管理用のウォレットも持っておこう~
Large

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨で、仮想通貨の中でも非常に高い人気を誇っています。

そんなイーサリアムを安全に管理するためにウォレットを準備しようと思っても、『どのウォレットアプリがよいだろう』『イーサリアム対応のウォレットアプリをそもそも知らない』など、さまざまな疑問をお持ちの読者の方は多いのではないでしょうか。

この記事では、イーサリアムのウォレットアプリから7つのウォレットをピックアップして紹介します。

この記事では、下記の7つのイーサリアム対応のウォレットアプリを紹介していきます。

  1. MyEtherWallet
  2. Mist
  3. Jaxx
  4. ClassicEtherWallet
  5. OpenLedger
  6. HB Blockchain Interface
  7. Blockchain.Info

では、それぞれのウォレットについてみていきましょう。

編集部で実際に、全てのウォレットを作成いたしました。

画像参考元:MyEtherWallet公式HP

MyEtherWalletは、ウェブウォレットとデスクトップウォレットの2種類のバージョンが準備されていますが、今回はデスクトップウォレットPC上でアプリをダウンロードして使用するウォレット)について解説します。

メリット
- フィッシング詐欺()への対策を講じている。

デメリット
- バックアップを取らないままパソコンが故障すると、永遠にイーサリアムをPCから取り出せなくなる。

() フィッシング詐欺とは、偽メールやウェブサイトを使ってユーザーに有用な情報 (ログインIDやパスワード) を提供させ、その情報を悪用して利益を得る行為です。

一例を上げると、かつてウェブウォレットとして有名なblockchain.infoのフィッシングサイトが登場しました。

そのサイトでウォレットIDとパスワードを入力するとその情報が詐欺グループに伝わり、自分のウォレットからビットコインが盗まれるという仕組みです。

  1. デスクトップウォレット のページに飛びます。
  2. etherwallet-vX.X.X.X.zip をクリックして、パソコンに保存します。
  3. パソコンに保存したetherwallet-vX.X.X.X.zipを解凍します。
  4. その中にあるindex.html をダブルクリックします。
  5. Keystore / UTC ファイルをダウンロードし、USBメモリに保存します。
  6. ペーパーウォレットを印刷します。
  7. このUSBメモリとペーパーウォレットがバックアップとなりパソコンの故障などに備えます。

Mistは、イーサリアムのHP で紹介されているイーサリアム公式ウォレットです。

ビットコインウォレットで言えばBitcoin Core のような存在です。

メリット
- イーサリアム公式サイトが紹介しているデスクトップウォレットなため信頼度が高い。

デメリット
- すべてのブロックチェーンをダウンロードするのに数時間以上かかる。
- 10GB程度メモリを消費するので、パソコンの動作が重くなる可能性有。

Windows7を例に解説します。

  1. このサイト から『Ethereum-Wallet-installer-x-y-z.exe』をダウンロードします。下の方にmacやlinux、windowsというzipファイルはありますが、それらはウォレットの利用には特に関係ありません。
  2. Ethereum-Wallet-installer-x-y-z.exeを右クリック→「管理者として実行」をクリック
  3. Ethereum-Wallet Setup画面が出るので、規約を読んで「I Agree」をクリック
  4. Ethereum-Walletの保存先のフォルダを指定して「Next」をクリック
  5. ブロックチェーンデータの保存先のフォルダを指定して「Next」をクリック
  6. インストールが始まるので終わるのを待つ
  7. 終わったら「Close」ボタンを押します
  8. ウォレットのショートカットが置いてあるフォルダを開くため、ショートカットをクリック
  9. ブロックのダウンロードが始まります
  10. ダウンロード中の画面に、「USE THE TEST NETWORK (テスト環境を使う)」「USE THE MAIN NETWORK (メイン環境を使う)」という選択肢が出るので「USE THE MAIN NETWORK」をクリックします
  11. 「Do you have a wallet file?」と聞かれるので「SKIP」をクリック
  12. 「Protect your account」画面が出ます。パスワードを設定してください。

これでMistを使う設定は完了です。

画像参考元:Jaxx公式HP

Jaxxウォレット はさまざまな端末で使えるウォレットです。

イーサリアム以外にも、30種類以上の仮想通貨に対応しています。

過去にウォレットのパスフレーズが暗号化されていないというウォレットの脆弱性をつかれてハッキングにあったとのニュースもありましたが、どのウォレットにも起こりうるリスクであり、現在はその問題には対処しているようです。(※1)

メリット
- 対応端末が多く、スマートフォンとパソコンの両方に対応。
- イーサリアム以外にも『Bitcoin、Bitcoin Cash、Ethereum、Ethereum Classic、Litecoin、Dash、Zcash』など30種類以上の通貨に対応。
- 12単語のバックアップフレーズでJaxxウォレットに保存しているすべてのブロックチェーン系仮想通貨をバックアップ。

デメリット
- MacとLinuxには対応していない
- 「残高が反映されない」などAndroid版の評価が低い。

(※1)crypto currency Magazine『Jaxxウォレット、脆弱性により$400,000ドル相当の暗号通貨が盗まれる

Androidを例に説明します。

  1. アプリをダウンロードし、開いたらCREATE NEW WALLETを選択
  2. EXPRESSまたはCUSTOMを選択 ー 今回はPINコードやバックアップが取れるCUSTOMを選択しました。EXPRESSは各種設定を飛び越してウォレットを有効化します (あとでPINコードやバックアップの閲覧可能)。
  3. CONTINUEをタップ
  4. ADD WALLETS画面で仮想通貨を選択
    ー 30種類以上の仮想通貨からウォレットに入れたい仮想通貨にチェックを入れます。今回はイーサリアムのみ選択しました。
  5. ADD CURRENCIES画面で、どの法定通貨で価値を表示させるか決める。
    ーどの法定通貨を表示するか決定します。今回は「JPY Japanese Yen」を選択
  6. BACKUP PHRASE画面で、「Yes, I understand how Jaxx backup works」にチェック
  7. 12個のBACKUP PHRASE を書き留める
  8. 12個のBACKUP PHRASE をすべて入力します。
  9. BACKUP PHRASE画面に戻り、「Skip」を押します。
  10. SECURITY PIN画面です。「Yes, I understand how Jaxx security pin」にチェックを入れます。
  11. PINコード(暗証番号)を2度入力

これでJaxxウォレットの設定は完了です。

画像参考元:ClassicEtherWallet公式HP

ClassicEtherWallet はウェブ&ペーパーウォレットが存在します。

設定すればすぐに使用できるのが魅力です。

メリット
- 軽い動作ですぐウォレットを作成できる。
- 公開鍵と秘密鍵をペーパーウォレットで保管できる

デメリット
- 「ログイン」などという表示がないので、作成後どこからアクセスしてよいのかわからなくなる可能性。

2回目以降は、このページ の右端にある「Use your Keystore File (UTC / JSON) to access your account」をクリックして「Private Key」を選択して秘密鍵を入力して「Unlock」ボタンを押すことでアクセス可能です。

  1. ClassicEtherWalletのページ にある「Create New Wallet」の「Enter a password」にパスワードを入力
  2. Create New Wallet」ボタンをクリック
  3. バックアップファイルを保存
    ー「Download Keystore File (YTC / JSON)」ボタンをクリックしてダウンロード
  4. 秘密鍵を保存
    ー「Print Paper Wallet」ボタンをクリックしてダウンロード
  5. Unlock your wallet to see your address」画面が出ます。
    ーウォレットへのアクセス方法を聞かれているので、「Private Key」を選択
  6. 4で保存した秘密鍵を、出てきた入力ボックスに入力して「Unlock」ボタンをクリック
  7. 下にスクロールするとアドレスや公開鍵が一覧で出てくるので、これらの情報を保存

これでウォレットの設定は完了です。

画像参考元:OpenLedger公式HP

OpenLedger はクラウドファンディングサービスが主体ですが、イーサリアムのウォレットとして使用することが可能です。

メリット
- ブラウザ内に保管されているウォレット (ローカル環境内) なので、他のブラウザやパソコン、スマートフォンからはログインできないので、オンラインからのハッキングができない。

デメリット
- バックアップ用の16個の英単語を書き留めるのが少々面倒。

では、インストール方法から送金方法まで確認していきましょう。

  1. このページ
  2. ページの下部にある「USE THE WALLET MODEL」をクリック
  3. Public Account Name」と「Password」を自分で決めて入力
  4. バックアップファイル(.bin) をダウンロード
  5. ETHを送付したければ、Deposit & Withdrawページで「Gateway」を選択
  6. PLEASE SELECT THE COIN YOU WOULD LIKE TO DEPOSIT」から「ETH」を選択
  7. PLEASE SEND YOUR ETH TO THE ADDRESS BELOW」の下に送金用のアドレスが出ます
  8. このアドレス宛にイーサリアムを送信すれば自分のウォレットにイーサリアムが送金されます
  9. 2回目以降のログインはこちらから

これで、OpenLedgerの使い方はバッチリですね。

バックアップ取得方法

  1. ログイン後、『歯車マーク』をクリック。
  2. 「SETTING」→「Backup」の順にクリック
  3. 「Choose type of backup」で「Create brainkey backup」を選択
  4. パスワードを入力し、16個の英単語を書き留める

画像参考元:bacoor公式HP

兵庫県神戸市にあるbacoor株式会社が作成したイーサリアム対応ウォレットです。

日本企業がイーサリアムウォレットを開発したのはかなり珍しいのではないでしょうか。

メリット
- 完全日本語対応でインターフェースが整っていて使いやすい。

デメリット
- パスフレーズを書き留めずにスマートフォンを紛失した場合、イーサリアムを回復できなくなる。

  1. アプリをインストール
  2. アプリを開いたら言語を日本語に設定して「新しいウォレットを作成」をクリック
  3. 利用規約を読み同意
  4. 個人情報保護方針に同意
  5. ウォレットが作成されるのを待つ
  6. 「ethereum(イーサリアム)」カードをタップ
  7. 「パスフレーズの表示」をタップして、パスフレーズを書き留める

これで、HB Blockchain Interfaceを使用することができます。

画像参考元:blockchain.info公式HP

Blockchain.info はビットコインのウェブウォレットとして有名ですが、イーサリアムの対応も開始しました。

メリット
- どんな端末からもアクセス可能
- BLOCKCHAIN Infoでビットコインを扱っている方であれば、すぐに利用可能

デメリット
- ハッカーに狙われやすい
利用者数が多いので、ハッカーに狙われることが想定されます。

ここでは、Blockchain.infoのアカウントを持っていることを前提に、イーサリアムウォレットの設定方法を説明します。

Androidを例に説明します。

  1. BLOCKCHAIN Infoアプリを開く
  2. 「ETHER」タブをタップ

これで完了です。非常に簡単ですね。

ちなみに、Blockchain.infoのアカウントの作成方法は以下の通りです。

ここまでで、イーサリアムのウォレットについてみていきましたが、自分にあったウォレットアプリは見つかりましたか。

紹介したウォレットアプリはには、復元用のパスワードが存在するので、忘れずに管理してください。

携帯やPCの故障・紛失などが起こり、本体を買い替えた際でも復元用パスワードを覚えていればイーサリアムのウォレットを使用することができます。

また、これらのウォレットアプリ以外にも、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットなどの、管理に適したウォレットを持つことをおすすめします。

管理用のウォレットを持つことで、イーサリアムを安全に管理することが可能です。