目次

    全ての目次を見る
  1. リップルの分散型台帳はブロックチェーンではなくXRP Ledger
  2. リップルのXRP Ledgerはブロックチェーンではない
  3. リップルのXRP Ledgerがブロックチェーンではない理由①
  4. リップルのXRP Ledgerがブロックチェーンでない理由②Proof of WorkとProof of Consensusの違い
  5. 【まとめ】リップルのXRP Ledger≠ブロックチェーン
Large xrp ledger

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を支える中核技術として知られるのがブロックチェーンですが、リップルで使用されている分散型台帳(XRP Ledger)はブロックチェーンではないといわれています。

この記事にたどり着いた方は

「リップルのXRP Ledgerはブロックチェーンではなくなんなのか知りたい」 「リップルのXRP Ledgerがブロックチェーンではない理由を知りたい」

など、さまざまな疑問をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では「リップルのXRP Ledgerがブロックチェーンではないといわれる理由」を、ブロックチェーンの定義と、ビットコインとリップルのコンセンサスアルゴリズム(後述)の違いから紐解いていきます。

リップルで使用されている分散型台帳は「XRP Ledger」といい、ブロックチェーンではないといわれています。

XRP Ledgerがブロックチェーンではないと考えられる理由は、取引データをまとめたLedgerXRP Ledgerに追加する際、Ledgerの承認作業(改ざんがないかどうかなどのチェック)が、不特定多数の参加者ではなく、代表者によって行われるからです。

XRP Ledgerの特徴として、Proof of Consensusというコンセンサスアルゴリズム(後述)を活用していることが挙げられるのですが、このProof of Consensusが「XRP Ledgerをブロックチェーンではない」といわしめる原因です。

次の段落以降、日本ブロックチェーン協会による、ブロックチェーンの定義とブロックチェーン(ビットコイン)とXRP Ledger(リップル)のコンセンサスアルゴリズムの違いから、XRP Ledgerがブロックチェーンではないといわれる理由を深ぼっていきます。

日本ブロックチェーン協会による、ブロックチェーンの定義は以下の通りです。

1)「ビザンチン障害を含む不特定多数のノードを用い、時間の経過とともにその時点の合意が覆る確率が0へ収束するプロトコル、またはその実装をブロックチェーンと呼ぶ」

2)「電子署名とハッシュポインタを使用し改竄検出が容易なデータ構造を持ち、且つ、当該データをネットワーク上に分散する多数のノードに保持させることで、高可用性及びデータ同一性等を実現する技術を広義のブロックチェーンと呼ぶ」

「ブロックチェーンの定義」を公開しました | JBA

※専門用語が用いられていますが、XRP Ledgerがブロックチェーンではない理由を理解するうえで必要な語句に関しては、記事内で解説していますが、それ以外は解説していません。

気になる方は、関連記事をご覧ください。

XRP Ledgerがブロックチェーンではないといわれる理由は、定義の①に反しているからと考えられます。

ノードとは、ネットワークに参加する際に使用するPCや携帯等の端末のことで、ビザンチン障害とは、取引をまとめた複数のブロックのうち、どのブロックを参加者で分散管理するブロックチェーンに追加するのかという問題のことです。

ブロックチェーンでは、ビザンチン障害という問題を、コンセンサスアルゴリズムというブロックを追加するルールに基づき、不特定多数のネットワーク参加者によって解決されています。

ビザンチン障害は不特定多数の参加者によって解決されるのが、ブロックチェーンなのですが、リップルでは、後述するValidatorと呼ばれる代表者によってビザンチン障害が解決されています。

すなわち、XRP Ledgerではブロックチェーンとは異なり、不特定多数の参加者ではなく代表者によってビザンチン障害を解決しているので、ブロックチェーンではないといわれているのです。

ここまでで、XRP Ledgerがブロックチェーンではない理由は「代表者がビザンチン障害を解決しているから」ということがわかりましたね。

次の段落では、XRP Ledger(リップル)で活用されているコンセンサスアルゴリズムと、ビットコインのブロックチェーンで使用されているコンセンサスアルゴリズムの違いを比較して、「XRP Ledgerがブロックチェーンではない」といわれる原因について解説します。

コンセンサスアルゴリズムとは、取引データをまとめた複数のブロック(Ledger)のうち、どのブロック(Ledger)を、全参加者で管理する台帳(ブロックチェーンorXRP Ledger)に管理するか規定したルールのことです。

ビットコインのブロックチェーンでは「Proof of Work」、リップルでは「Proof of Consensus」が活用されています。

Proof of Work
→不特定多数の参加者の中で、一番早く計算問題を解いた人が作成したブロックを、不特定多数の参加者で承認し、参加者全員のブロックチェーンで管理することを規定

Proof of Stake
→Validatorという代表者のうち、8割が承認したLedgerをXRP Ledgerで管理することを規定

それぞれ詳細を確認していきましょう。

Proof of Workでは、不特定多数の参加者の中で、一番早く計算問題を解いた参加者が承認したブロックを、分散型台帳で管理することが規定されています。

ちなみに、この作業は実行しようと思えば、誰でも自由に行うことが可能です。

Proof of Workにおいて、取引データをまとめたブロックをブロックチェーンで管理するまでの流れは以下の通りです。

①各参加者がそれぞれ、取引データに改ざんなどの不正がないか確認
②取引データをまとめたブロックを作成 ③作成したブロックをブロックチェーンで管理してもらうために、計算問題を解く
④一番早く計算問題を解いた人の解答が、正しいかどうか他の参加者が確認する
⑤正解の場合、答えを求めた人が作成したブロックを、各参加者のブロックチェーンで管理

なぜ、参加者が、この計算作業をするのかというと、一番早く計算問題を解けば、報酬がもらえるからです。

この作業をマイニングというのですが、詳しくは「ビットコインを支えるマイニング(採掘)とは」の記事をご覧ください。

リップルでは、Proof of Consensusに基づき、取引をまとめた複数のLedgerのうち、Validatorとよばれる代表者の8割が承認したLedgerをXRP Ledgerで管理することが規定されています。

このValidatorは、誰でもなれるものではなく、リップルが管理しているUNL(Unique Node List)から選出されます。

すなわち、リップルでは不特定多数の参加者ではなく、ValidatorにのみLedgerを承認する権利が与えられています。

まとめると、ブロックチェーン(ビットコイン)では『不特定多数の利用者がブロックの承認をおこなう』のに対して、XRP Ledge(リップル)では『Validatorという代表者が取引の承認をおこなう』ため、XRP Ledgerはブロックチェーンではないのです。

リップルのXRP Ledgerがブロックチェーンではない理由は、「不特定多数の参加者ではなく、一部の代表者が取引をまとめたLedgerの承認作業をしているから」で、これはProof of Consensusで規定されていLedgerの追加ルールが原因でしたね。

なぜ、リップルではProof of Consensusを採用しているか知りたい方は、以下の「ビットコインとリップルの違いとは」の記事で、『開発目的の違い』から紐解いているので、ぜひご覧ください。