目次

    全ての目次を見る
  1. 最近話題のリップルのゲートウェイとは?
  2. リップルのゲートウェイの基本情報とは
  3. リップルのゲートウェイが発行するIOUとは
  4. 国内のリップルのゲートウェイ紹介
  5. リップルゲートウェイまとめ
Large

最近、仮想通貨のリップルがニュースやSNSで話題となっているため気になって調べた方は多いのではないでしょうか。

中でも、この記事にたどり着いた方は

「リップルのゲートウェイってなに」
「国内にリップルのゲートウェイはあるの」

などさまざまな疑問をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、この記事では「リップルのゲートウェイの概要」と「国内のリップルのゲートウェイ」についてご紹介します。

ゲートウェイとは、インターンネット用語では異なる規格のネットワークをつなぐ機関(機器)のことで、リップルではリップルネットワーク(XRP Ledger)と実世界の異なる決済や送金規格を結びつける役割を果たします。

リップルのゲートウェイとは、リップル公式サイトのGATEWAY GUIDEによると、以下の3種類のゲートウェイが存在します。

発行ゲートウェイ
→XRP Ledger外で、ユーザーの資産を預かり、XRP Ledgerで使用可能な資産(IOUやトークンと呼ばれる)に交換 する機関
プライベートエクスチェンジ
→顧客に自社が持つXRPを売買する、XRP Ledgerに接続している取引所(販売所)
マーチャント
→XRP Ledger決済を導入した店や個人

まとめると、ゲートウェイとはXRP Ledgerと実世界での異なる支払いや送金などの規格を結びつける機関のことで、XRP Ledgerに接続している銀行や販売所などの外部機関ということができます。

発行ゲートウェイとプライベートエクスチェンジの違い

発行ゲートウェイとは、ユーザーの日本円やドルなどの資産とXRP Ledger内で使用可能な資産(IOU)を交換する機関なので、リップルの独自通貨XRPを保持する必要はありません。(※)

しかし、プライベートエクスチェンジとは、XRPを売買する機関なのでXRPを余分に持っているという違いがあります。

(※)XRPはリップルネットワークの利用料として必要なので、多少のXRPは保持しています。


次の段落では、発行ゲートウェイが発行するIOUとは何か、実際のIOU取引を参考にご紹介します。

IOUとは「I owe you」=「私はあなたに借りがある」の略で、借用証明書のことです。

IOUには交換可能な通貨ペアが設定されているので、IOU取引を活用すれば、異なる通貨圏で送金・決済を行う場ことが可能です。

IOUとは、リップルではなく外部の期間が発行し、発行元がIOUの価値を保証しています。

発行元のゲートウェイが倒産すれば、発行されたIOUの価値はなくなるのでゲートウェイ選びは慎重に行うのがよいです。

国内のリップルゲートウェイには

の2社のゲートウェイが存在します。

先ほどゲートウェイとは3種類に分類可能でしたね。

この2社のゲートウェイが、どのタイプのゲートウェイに該当するのか、それぞれの詳細とともにご紹介します。

Mr.Exchangeは2017年にMr.Rippleから名前を変更した、仮想通貨取引所、発行ゲートウェイに該当します。

Mr.Exchangeは日本円や仮想通貨を準備金に、準備金に見合ったIOU(トークン)を発行し、リップルウォレットに送金します。

受け取ったIOUを活用すれば、リップルネットワークでIOUの売買や送金を行うことが可能です。

東京ゲートウェイとは2016年12月に東京JPY取引所が社名変更をした取引所で、発行ゲートウェイに該当します。

東京ゲートウェイは、日本円や仮想通貨等を証拠金として、東京ゲートウェイに預けることでリップルネットワーク内のリップル(XRP)や仮想通貨IOUの売買ができるようにする機関です。

当社は、 ①仮想通貨現物の受注売買(ビットコイン、イーサリアムなど) ②リップルシステムのゲートウェイ事業 を行う株式会社です。

②は具体的に、利用者から証拠金を預かることによって利用者がリップルシステムの中で売買を可能にする業務を行います。

当社は利用者と直接リップル(XRP)の売買行為は行いません。

東京ゲートウェイってなんですか?

リップルのゲートウェイには

  1. 発行ゲートウェイ
  2. プライベート取引所
  3. マーチャント

の3つの形態があり、発行ゲートウェイは資産を預かりIOUを発行する役割があり、プライベート取引所はXRPを売買できる販売所や取引所、マーチャントはサービスや商品の支払い手段として、XRP決済を導入している法人店や個人店のことです。

現在国内のゲートウェイは、前述したMr.Exchangeと東京ゲートウェイだけですが、リップルの認知度や実用性に注目が集まるにつれて、ゲートウェイの数は増加するのではないでしょうか。

今後の動向に注目が集まります。