目次

    全ての目次を見る
  1. zaif(ザイフ)とは
  2. zaif(ザイフ)の手数料一覧
  3. 販売所(ザイフの手数料)
  4. 取引所(ザイフの手数料)
  5. zaif(ザイフ)入金手数料
  6. zaif(ザイフ)日本円出金手数料
  7. zaif(ザイフ)仮想通貨出金(送金)手数料
  8. 【まとめ】zaif(ザイフ)の手数料
Large zaif logo

zaif(ザイフ)は、国内大手のbitflyerとおなじく、販売所と取引所の両方の機能を持っています。

zaif(ザイフ)はマイナス手数料といって、手数料を払うのではなく、むしろ取引の金額に応じて通貨を貰えるサービスを提供していることでも知られています。

独特のサービスを展開するzaif(ザイフ)の手数料を詳しく解説していきます。

キングオブコント2017で優勝した、お笑いコンビかまいたちとタッグを組み、「かまいたち×Zaif」として仮想通貨お笑い動画を制作して公開しています。

zaif(ザイフ)の販売所では、bitcoinとMonacoinの取り扱いがあります。

また取引所では、bitcoin・Ethereum・Monacoin・bitcoin Cash・XEMの5種類を取り扱っています。

サービス名 zaif(ザイフ)
業態 販売所/取引所
取扱コイン(主要通貨) bitcoin/Ethereum/MONAcoin/Bitcoin Cash/Ripple/Litecoin/DASH/
Monero/XEM
トークン ZAIF/XCP/BitCrystals/STORJCOIN X/FSCC/PEPECASH/CICC/NCXC
COMSA CMS:XEM/CMS:ETH

また、zaif(ザイフ)は、独自のサービス提供をおこなっています。

  1. 取引手数料マイナスボーナス制度
  2. 年率最大3.6%の利殖ログインボーナス制度(*1)
  3. コイン積立(*2)

取引手数料マイナスボーナス制度は、bitcoin(ビットコイン)の取引が対象になっています。

(*1) 1日1回、ログインボーナスとして、前日に預けられたビットコイン残高の0.01%を受け取ることができるサービスです。

なお、ログインボーナスを受け取るには、前日のビットコイン残高が最低3.0BTC必要ですので、注意してください。

(*2) 毎月固定額を銀行口座から自動引き落としでビットコインを購入し、積み立ててくれるサービスです。

ビットコインを資産としたい人に向いています。

トークン
トークンとは、ビットコインのブロックチェーン技術を利用して、発行する通貨です。 個人でも発行することが可能で、主に企業の資金調達手段として利用されています。 企業が提供するサービスと交換できるケースもあります。

COMSA
COMSAとは、ICOを行なうための国内初の、ICOプラットフォームです。 上記のトークンを企業が発行し、資金調達することを手助けする役割があります。

早速zaif(ザイフ)の手数料を見ていきましょう。

下記が、zaif(ザイフ)でかかる手数料の一覧です。

  • 売買手数料(販売所)
  • スプレッド(販売所)
  • 取引手数料(取引所)
  • 日本円入出金手数料
  • 仮想通貨入出金手数料

zaif(ザイフ)の手数料は、「販売所の手数料」「取引所の手数料」「送金などの手数料」の大きく分けて3つに分けられます。

次にそれぞれの手数料についてご紹介していきます。

zaif(ザイフ)では販売所のことを「簡単売買」と呼んでいます。 発生する手数料は以下の2つです。

  1. 売買手数料
  2. スプレッド

売買手数料は、現時点では国内の販売所の多くで無料となっています。

しかし、実際には次に説明する「スプレッド」が手数料の代わりになっているケースがほとんどですので、スプレッドに注意してください。

スプレッドとは、販売所における買値と売値の差額を指します。

たとえば、1ビットコインの売り価格が「2,200,000円」買いの価格が「2,300,000円」だった場合、差額の「100,000円」が発生します。

この差額を「スプレッド」と呼びます。

スプレッドは通貨ごとに異なり、通貨の値動きと同様に変動します

スプレッドは購入や売却だけで、スプレッド分の手数料がかかるわけではありません。

販売所で、購入と売却を一度に行った場合に、スプレッド分の手数料がかかると憶えておくとよいでしょう

zaif(ザイフ)の取引所で扱っている仮想通貨は、ビットコイン・イーサリアム・モナコイン・ビットコインキャッシュの4種類です。

zaif(ザイフ)の手数料をご紹介する前に、まず用語の説明をしておきます。

まず、取引所には、とよばれる、購入したい価格と売却したい価格が並んだ、掲示板のようなものがあります。

makerは、板上で、金額を指定して、売ってくれる人が現れるまで取引成立しない取引方法のことをいいます。

一方takerは、板状にある金額で取り引きを行う方法です。

それらの取引にかかる手数料のことをmaker手数料taker手数料と呼びます。

それでは手数料を見ていきましょう。

通貨名 maker手数料 taker手数料
ビットコイン(bitcoin) -0.05% -0.01%
ネム(NEM) 0% 0.1%
モナコイン(Monacoin) 0% 0.1%
ビットコインキャッシュ(bitcoin Cash) 0% 0.3%

ビットコインの手数料は、maker-0.05%taker-0.01%です。

takerの-0.01%というのは、たとえば、ビットコインを100万円分購入すると、100円分のビットコインがついてくることを意味します。

zaif(ザイフ)に日本円で入金する際と、仮想通貨で入金する際、それぞれの手数料を詳しくご説明いたします。

まず、zaif(ザイフ)の日本円の入金手数料についてご紹介します。

日本円入金手数料は、その入金方法によって多少異なります。

入金方法は以下の3種類です。

  1. 銀行振込
  2. コンビニ入金
  3. Pay-easy(ペイジー)入金

①銀行振込の手数料

銀行振込の手数料は各金融機関の振込手数料です。

②コンビニ決済の手数料

入金金額 手数料
入金金額が3万円以内 486円
入金金額が3万円以上 594円

入金金額が5万円以上の場合、別途印紙税200円が必要です。

③Pay-easy(ペイジー)の手数料

入金金額 手数料
入金金額が3万円以内 486円
入金金額が3万円以上 594円

Pay-easy(ペイジー)は、入金金額により手数料が異なります。

つぎに、zaif(ザイフ)の仮想通貨入金手数料についてです。

多くのケースでは、仮想通貨の送付は、送金側で手数料がかかります。

同様に、zaifに入金するのに余分な手数料は必要ありません。

出金金額(日本円) 手数料
50万円未満の出金 350円
50万円以上の出金 756円

日本円の出金にかかる手数料は、下記のとおりです。

仮想通貨・トークンの出金手数料、送付手数料は下記のとおりです。

通貨名 手数料
BTC 0.0001BTC以上
XEM 2XEM以上
MONA 0.001MONA
Counterpartyトークン 0.00420BTC
BCH 0.001BCH

zaif(ザイフ)の手数料について解説いたしました。

主に、売買・出金・送金のタイミングでお金がかかることがわかりました。

特に、スプレッドは、一見みえづらい手数料ですが、きちんと把握しておきたいところです。

取引所・販売所でかかる手数料を確認して、自分にあった販売所・取引所を見つけてください。