目次

    全ての目次を見る
  1. bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方がいまいちわからない方に
  2. bitFlyer(ビットフライヤー)の概要
  3. bitFlyer(ビットフライヤー)の画面構成
  4. ①ホーム(売買・取引)【bitFlyer】の使い方
  5. ②入出金【bitFlyer】の使い方
  6. ③Pay(送金)【bitFlyer】の使い方
  7. ④Lightning Web【bitFlyer】の使い方
  8. 【まとめ】bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方
Large bitflyer

「bitFlyer(ビットフライヤー)の口座を開設する前に、使い方を知りたい」
「口座を開設したはいいけど、使い方がいまいちわからない…」

という方向けに、bitFlyerの使い方をご説明します。

bitFlyerアプリの全体の画面構成から、主な機能について、詳しくみていきましょう。

(基本的な画面の見方、使い方はwebも変わりません)

サービス名 bitFlyer(ビットフライヤー)
業態 販売所/取引所
取扱コイン Bitcoin/Ethereum
/EthereumClassic/Monero
/Litecoin/Bitcoin Cash

bitFlyer(ビットフライヤー)は、仮想通貨の、取引所と販売所の機能を兼ねています。

販売所は、bitFlyerとの売買であり、bitFlyerからビットコインなどのコインを購入したり、売却します。

一方、取引所は、bitFlyer内のユーザー同士の売買です。

bitFlyerの販売所では、上記の通貨すべてが売買可能です。

bitFlyerの取引所には2種類あります。

1つは、ビットコイン(bitcoin)を簡単に取引できるビットコイン取引所、もう1つは、現物取引に加えて、FXと先物取が可能なbitFlyer lightning(ビットフライヤー ライトニング)です。

bitFlyer lightningでは、ビットコイン(bitcoin)イーサリアム(Ethereum)の2種類のコインが取引できます。

では早速、bitFlyerの使い方を見ていきましょう。

bitFlyerウォレットアプリの左上のタブを押すと、下記の表示がされます。

bitFlyeウォレットタブ

  1. ホーム(売買・取引)
  2. 入出金(日本円・仮想通貨)
  3. Pay(送金)
  4. Lightning Web(取引所・FX)

まず、今回bitFlyerの中で、多くの方が主に使う、上記の4つのページをご紹介いたします。

アプリを開いた時に表示されるホームでは、主に3つのことができます

  • 資産の確認
  • 仮想通貨の販売所をみる
  • 仮想通貨の取引所をみる

特に、仮想通貨の売買と取引について、使い方をご紹介いたします。

まずは、bitFlyer(ビットフライヤー)の販売所の使い方についてご紹介します。

bitFlyer販売所

販売所のタブを押すと、コイン名と24時間の値動きのチャート・前日比が表示されます。

コイン名をクリックすると、コインが購入できる売買画面に遷移します。

売買画面では、購入・売却したいコインの数量を選んで注文が可能です。

また、売買画面以外にも、スライドで下記画面に切り替えができます。

  • 売買画面
  • 注文履歴
  • チャート(時間/日/週/月/年)
  • 自分の過去の取引履歴

つぎに、bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所の使い方について、ご紹介します。

bitFlyer取引所

取引所では、ビットコインの取引を行なうことができます。 (bitFlyer lightningでは、ビットコインに加えて、イーサリアムの取引・FXが可能です)

販売所同様に、コイン名をクリックすると画面遷移します。

遷移先の画面では、下記が表示されます。

  • 取引画面(売買板)
  • 自分の注文履歴
  • 自分の過去の約定(やくじょう)履歴
  • チャート(時間/日/週/月/年)
  • 全約定履歴

取引所の場合、販売所と異なり、注文=約定とはならないケースもあるため、約定と注文を別々に確認するようになっています。

日本円または仮想通貨を、bitFlyer(ビットフライヤー)から出し入れすることができるのが、入出金のページです。

bitFlyer入金・出金

通貨を選んで、入金か出金をするだけなので、比較的簡単に入金、出金ができます。

Payのページは、送金、または請求の手続きをする際に使用します。

bitFlyer送金/請求

Payは、送金、または請求の手続きをする際に使用します。

送金の場合、下記の3つの方法から選んで送金を行ないます。

  • QRコードをスキャンして送金
  • メールアドレス、履歴から送金
  • リンクを送る

店舗などでの決済の場合は、QRコードを読み込んで支払をすることがほとんどでしょう。

Lightning webでは、ビットコインとイーサリアムの現物取引・FX・先物取引ができます。

使い方が少々分かりづらい分、ビットコイン取引所と比べ、より上級者むけの機能を備えています。

Lightning webは、クリックすると、下記webページに遷移します。

Lightning web(bitFlyer Lightning)の詳しい使い方を知りたい方は、こちらをご覧ください。

bitFlyer Lightningご利用ガイド

Lightning Web

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方をご紹介いたしました。

大きく分けて、下記の4つの使い方ができることが、わかったのではないでしょうか。

  1. 仮想通貨の売買
  2. 仮想通貨の取引
  3. 仮想通貨の送金・請求
  4. 仮想通貨のFX・先物取引

まずは、主要な機能の使い方を理解して、実際に使ってみることをおすすめします。