目次

    全ての目次を見る
  1. リップル(ripple)とネム(nem)とは
  2. リップル(ripple)とネム(nem)の違い
  3. リップル(ripple)とネム(nem)の開発目的(用途)の違い
  4. リップル(ripple)とネム(nem)の基本情報の違い
  5. リップル(ripple)とネム(nem)のコンセンサスアルゴリズムの違い
  6. (参考)リップル(ripple)とネム(nem)のトランザクション処理能力(処理速度・処理量)の違い
  7. リップル(ripple)とネム(nem)を購入できる国内取引所
  8. リップル(ripple)とネム(nem)の違いまとめ
Large xrm nem 02

仮想通貨の中でも、特に知名度の高いリップル(ripple)ネム(nem)ですが、その違いを比較したいという方は多いかと思います

中には、取引所で購入する前に、リップルとネムの違いを知りたいという読者の方も、いらっしゃるかもしれませんね。

この記事では、リップルとネムを比較し、『基本情報の違い』や『開発目的や仕組みの違い』など、詳細な内容を解説していきます。

それぞれの通貨に関して仕様や特徴など詳しく知りたいという方は「リップルとは」や「ネムとは」の記事からご確認ください。

リップルとネムを比較したときの違いをまとめると、以下のとおりです。

開発目的(用途)の違い

  • リップル
    →既存の金融ネットワークが抱えている「送金時間の遅さ」「高い送金手数料」などの課題を解決することを目的に開発
  • ネム
    →ブロックチェーンを使用したサービスを作成する際のプラットフォーム、既存サービスの改善を目的として開発

コインの新規発行の違い

  • リップル
    →コイン(XRP)の新規発行はない
  • ネム
    →コイン(XEM)の新規発行が行われる

コンセンサスアルゴリズムの違い

  • リップル
    →Proof of Consensus(プルーフオブコンセンサス)
  • ネム
    →Proof of Importance(プルーフオブインポータンス)

コンセンサスアルゴリズムとは、どの取引データを台帳に追加するのかを決めるために必要なルールです。

次の段落以降では、これらの違いをより詳細に解説していきます。

まずは、開発目的(用途)の違いを確認していきましょう。

リップルは、迅速で安価な送金実現のためネムブロックチェーンを使用したサービスを設計する際のプラットフォーム(土台)として使用されます。

リップルを使用すれば、海外送金は数秒で終了し、送金手数料は1円未満に抑えることが可能です。

ネムは後述するProof of Importanceなどの技術を活用することで、イーサリアムやリスクなど、他のブロックチェーンプラットフォームにはない独自性があります。

実際、リップルはSBIやイングランド銀行、American Expressで導入され(試用段階)、ネムはテックビューロ(Zaif運営会社)のmijinというサービスの基盤として活用されています。

  リップル(ripple) ネム(nem)
独自通貨 XRP XEM
開発者 Ryan Fugger utopianfuture
コンセンサスアルゴリズム Proof of Consensus Proof of Importance
発行上限 約1000億XRP 約90億XEM
新規発行 なし あり
時価総額 15兆(2位) 2兆(6位)

基本情報の違いで抑えておくべき点は、新規発行の有無です。

リップルでは、1000億XRPがあらかじめすべて発行されているのに対し、ネムでは取引データをまとめたブロックがブロックチェーンに追加されるたびにXEMが新規発行されます。

ブロックチェーンとは、ネムで使用されている取引台帳のことで、取引データをまとめたブロックが時系列に沿って結びついています。

ちなみに、リップルで使用されている取引台帳はXRP Ledgerです。

リップルでは、Proof of Consensus、ネムではProof of Importanceが使用されていますが、これらを比較すると、以下のの違いがあります。

Proof of Consensus
→Validatorと呼ばれる代表者が取引の承認を行う

Proof of Importance
→不特定多数のネットワーク参加者のうち、規定された条件を満たす参加者が取引の承認を行う

取引の承認とは、以下の工程(作業)のことで、この作業が行われることで決済や送金は完了します。

①取引データに改ざんなどの不正がないかどうか検証
②取引データをまとめたブロック(リップルでは、ブロックでなく、レジャー)の作成
③ブロックをブロックチェーンに追加

この違いを理解するために、それぞれのコンセンサスアルゴリズムの詳細を確認していきましょう。

リップルでは、Proof of Consensusに基づきValidatorとよばれる代表者が取引の承認を行います。

このValidatorは、リップルネットワーク参加者なら誰でもなれるわけではありません

リップル社が管理しているUNL(Unique Node List)から選出**された、信頼できる参加者のみValidatorになることが可能です。

そして、リップルでは全体のValidatorの8割が承認した取引を、分散型台帳で管理するということが決められています。

すなわち、リップルでは不特定多数のネットワーク参加者ではなく、Validatorにのみ取引を追加する権利が与えられています

ネムでは、Proof of Importamceに基づき不特定多数のネム利用者のうち権利あるものが取引の承認を行います。

取引データをブロックにまとめる作業をネムにおいては、ハーべスティングというのですが、ハ-べスティングを行うには、既得バランスを10000XEM以上保持していなければなりません。

既得バランスとは、所持しているXEMに応じて得られる点数のようなもので、24時間ごとに割り当てられます。

例えば、10万XEMを所持していれば、以下のように既得バランスが増えていきます。

ネムでは、リップルとは違い、Proof of Importanceで規定されている条件を満たせば、ネムのネットワーク参加者なら誰でも、取引の承認作業を行うことが可能です。

現在、リップルの取引の承認速度は3~4秒といわれており、秒間1500トランザクションを処理することが可能で、ネムの処理能力(処理速度・処理量)を上回っています

しかし、今後ネムで実装予定のカタパルトという技術によって、ネムの処理能力がリップルを上回ることが期待されています

カタパルトという技術を実装することで、ネムでは秒間3000~4000トランザクションを処理できるとされています。

ちなみに、ビットコインの処理能力は秒間14トランザクションで、イーサリアムは秒間15トランザクションといわれていることからも、その処理能力の高さがうかがえます。

リップルとネムの両通貨を購入できる国内の取引所はCoincheck(コインチェック)です。

Coincheck(コインチェック)は、国内の取引所で最も多くの仮想通貨を扱っており、日本人にもわかりやすいUIなので、ネム以外にも様々な仮想通貨を購入したい方におすすめです。

Coincheck(コインチェック)への口座開設方法は以下の通りです。

  1. coincheckの公式HPへ
  2. ユーザー登録画面に情報入力
  3. 確認メールが届くのでリンクから個人情報入力
  4. 画面の指示に従って本人確認書類の提出

リップルとネムの違いはまとめると以下の通りです。

  • リップルは金融ネットワーク改善のためネムはブロックチェーンサービス作成時のプラットフォームとして開発された
  • リップル1000億XRPがあらかじめ発行されているが、ネムはブロックがブロックチェーンに追加されるたびにXEMが新規発行される
  • リップルでは、Proof of Consensusに基づき、Validatorが取引の承認を行うが、ネムではPoof of Importanceに基づき、不特定多数のネットワーク参加者の中から、既得バランスが10000XEM以上ある参加者が取引の承認を行う

リップルとネムは価格が高騰したこともあり、注目を集めている仮想通貨です。

しかし、本来は投機目的ではなく、送金システムの改善や、プラットフォームとして開発されています。

リップルとネムの本来の目的や特徴、今後について理解することで、投資にも役立つかもしれないので、気になる方は関連記事をご覧ください。