目次

    全ての目次を見る
  1. リップルを安全に管理したい方必見
  2. ハードウェアウォレットではオフラインでリップルを安全に管理できる
  3. リップル対応のハードウェアウォレットLedger Nano S/Ledger Blue
  4. リップルのハードウェアウォレット①Ledger Nano S
  5. リップルのハードウェアウォレット②Ledger Blue
  6. リップルのハードウェアウォレットを買う際の注意点
  7. 参考:TREZORハードウェアウォレット
  8. リップルのハードウェアウォレットまとめ
Large close up of a hand putting a coin into piggy bank 508414008 1256x838

国内取扱通貨数No.1の仮想通貨取引所Coincheckが役580億円相当のネム(XEM)を外部からの不正アクセスによって紛失した事件は記憶に新しいのではないでしょうか。

Coincheckの事件をきっかけに仮想通貨を安全に管理するためのウォレットへの注目が集まっています。

この記事にたどり着いた方は

「リップルを安全に管理したい」
「リップルのハードウェアウォレットって何」
「リップルのハードウェアウォレットが欲しい」

など様々な疑問をお持ちの方がいらっしゃるかとお思います。

そこで、この記事では「リップルのハードウェアウォレットの概要」と「リップルのハードウェアウォレットの製品紹介」をしていきます。

まずは、リップルのハードウェアウォレットの概要についてご紹介しますが、ハードウェアウォレットの製品が見たいという方はリップル対応のハードウェアウォレット「Ledgerウォレット」の段落からご覧ください。

ハードウェアウォレットとは、コンピュータとは切り離され、持ち運びがしやすい独自の媒体(USBのようなもの)で、リップルを管理するウォレットです。

ハードウェアウォレットでリップルを管理するメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

  • ネットワークから切り離した状態で、安全にビットコインを保管できる

ハードウェアウォレットでは、パスワードとハードウェアウォレット本体があれば、インターネットに接続してなくても、リップルの残高などの情報を閲覧することが可能です。

ハードウェアウォレットは、インターネットに接続する場面が少ない()ので、インターネットに常時接続している、ウェブウォレットや取引所と比較すると、ハッキングリスクがかなり低いです。

リップルを安全に管理したいという方は、ハードウェアウォレットで管理するのがおすすめです。

  • ウォレットの破損や紛失のリスク

USBのよう現物で管理するため『破損や紛失』の恐れがあります。

破損したら新しいウォレットを買いなおさなくてはならないので、コストがかかってしまいます。

破損または紛失したとしても、データを復元するパスワードを覚えておけば管理していたリップルを買い直したハードウェアウォレットで回復することが可能です。

2018年1月時点で、リップルを管理できるハードウェアウォレットはフランスのLedger社が提供するLedger Nano S/Ledger Blueのみです

Ledger Nano SとLedger Blueの比較表は以下の通りです。

  Ledger Nano S Ledger Blue
タイプ USB型 タッチパネル型
価格(円)
(Amazon/公式HP)
15,800/10,650 496,372/30,800
対応通貨
(トークン含む)
27種類 25種類
管理可能通貨数
(1台)
4~5種類 8~10種類
充電 必要なし 必要

2018年1月28日時点でのデータになります。

公式価格はLedger Nano S:79€
     Ledger Blue :229€ を日本円に換算しました。

価格と対応通貨数を比較してみると、Ledger Nano Sの方がおすすめといえますが、複数の通貨をひとつのウォレットで管理したい方には、Ledger Blueがおすすめといえます。

また、ハードウェアウォレットを使用する際には、画面の見易さや操作のしやすさなども、判断基準になるかと思います。

次の段落では、Ledger Nano SとLedger Blueの詳細をそれぞれご紹介します。

画像引用元:Ledger公式:Ledger Nano S

Ledger nano Sは図のようにURL型のウォレットでサイズは、98×18×9(mm)とコンパクトです。

以下、Ledger Blueと比較した時のメリット・デメリットになります。

メリット

  1. サイズが小さのでかさばらない
  2. 対応通貨が多い
  3. 価格が安い

デメリット

  1. 操作がしづらい
  2. 管理可能通貨が少ない

Ledger Nano Sは価格が安い・対応通貨が多いなどのメリットがある一方で、本体画面が小さいので操作しづらいというデメリットがあります。

Ledger nano Sを紛失・盗難した際、新しいウォレットでデータを復元する際には、初期設定したリカバリーフレーズという24単語を入力しなくてはならないのですが、画面が小さくボタンで操作するためやりづらいです。

購入したい方には、Amazon 公式HPLedger 公式HPがおすすめです。

Ledger Nano Sを購入後「PINコード」の設定と「リカバリーフレーズ」の設定を行う必要があります。

PINコードの設定

  1. 付属のUSBケーブルでパソコンと接続→Ledger Nano Sの電源が入る
  2. 任意の番号4~8桁を決めてLedger Nano SのPINコードを設定
  3. 設定したPINコードの確認

リカバリーフレーズの設定

  1. Ledger Nano Sの画面に「Write down your recovery phrase」と24個の単語が表示
  2. 表示された24単語をメモ
  3. Confirm your recovery phraseと表示されたら、24個のワードを入力

リカバリーフレーズの確認が無事完了したら初期設定は完了です。

画像引用元:Ledger公式:Ledger Blue

Ledger Blueは図のようにタブレット型のウォレットで、充電が必要、ブルートゥースやUSBに対応しているなどの特徴があります。

以下、Ledger Nano Sと比較した時のメリット・デメリットになります。

メリット

  1. 画面が大きいので操作しやすい
  2. 管理可能通貨が多い

デメリット

  1. 品切れ状態
  2. 対応通貨が少ない
  3. 価格が高い

Ledger Blueは操作がしやすい、管理可能通貨が多いなどのメリットがあるのですが、品切れ状態、価格が高いというデメリットがあります。

品切れ状態のからなのか、Amazonでは40万円という値段で販売されており、次の販売予定は3月,4月と言われており、すぐに欲しいという方はLedger Nano Sの購入がおすすめです。

Ledger Blueの初期設定方法はLedger Nano Sと同じです。

リップルのハードウェアウォレットを買う際の注意点は以下の通りです。

  1. 中古で買わない
  2. 販売元をチェックする

中古で購入した場合、売り手側が悪意ある人物の場合、ウォレットに細工がされウォレットで管理するリップルをはじめとする仮想通貨(秘密鍵)が盗まれてしまうケースがあります。

リップルをはじめとする仮想通貨のハードウェアウォレットを購入する際には、新品かつ公式サイトが販売しているウォレットを購入することを推奨いたします。

日本ブロックチェーン協会のアドバイザーを務める大石哲之氏も自身のブログ「ビットコイン研究所」ハードウェアウォレットの注意喚起をしています。

ビットコイン研究所ブログ:【注意喚起】ハードウェアウォレットをAMAZONで買う危険性

TREZORとは、リップルには対応していませんが、人気の高いハードウェアウォレットなので、参考までにTREZORの特徴をご紹介します。

特徴

  1. 通貨ごとに最大10個のアカウントが作成可能
  2. 対応通貨数が多い
    ※Ledger Nanoで対応していないネム(XEM)に対応

複数のアカウントを作成することが可能なので、場面に応じてアカウントを使い分けることが可能です。

また、ハードウェアウォレットでは唯一ネムに対応しているので、ネムをハードウェアウォレットで管理したいという方にはおすすめです。


参考元①:Wallet, Accounts and Addresses
参考元②:Announcing TREZOR integration with NanoWallet for NEM (XEM)


これまでの記事の内容をまとめると以下の通りです。

  1. ハードウェアウォレットでは、オフライン状態でリップルの管理が可能
  2. リップル対応のハードウェアウォレットは Ledger Nano SとLedger Blue(在庫切れ)
  3. リップルのハードウェアウォレットを購入する際は、新品かつ公式サイトで買うのが良い

コインチェックの不正アクセス事件をきっかけに、仮想通貨を安全に管理したいという方の増加したことで、ハードウェアへの需要が高まったかと思います。

ただし、ハードウェアウォレットを購入する際は、販売元などの確認をしなければ、最悪の場合ハードウェアウォレットに移した仮想通貨が盗まれるといった事態を招くため注意が必要です。