目次

    全ての目次を見る
  1. 【TRX】TRON(トロン)の概要
  2. 【TRX】TRON(トロン)の取扱取引所
  3. 取扱取引所①《Binance》TRX/TRON(トロン)
  4. 取扱取引所②《Bit-Z》TRX/TRON(トロン)
  5. 取扱取引所③《Gatecoin》TRX/TRON(トロン)
  6. 【TRX】TRON(トロン)の取扱取引所まとめ
Large tron

取引高の高い仮想通貨TRON(TRX)ですが、2018年1月に入ってから5日間で価格が4倍ほど上昇しました。

TRON(TRX)は、2017年8月に中国の仮想通貨取引所であるBinanceで、ICO(※1)が行われました。
販売枚数300,000,000 TRX(1TRX=0.00052105 BNB)が、わずか53秒と他のICOと比較しても早いスピードで完売し、人気と話題を集めました。
(参考:Binance Will Launch TRX(TRON) ICO ( BNB Session) Today

この記事にたどり着いた方は、

『TRON(トロン)を取引したいけどどこで購入できるの?』
『TRON(トロン)の取引所を比較したい』

など、疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

この記事ではまずは、TRON(TRX)の概要についておさらいした後、取り扱い取引所の比較しながら説明していきます。

(※1)ICOとは、取引所に上場前の新規プロジェクトがトークン(コイン)を発行/販売して、必要な資金を集めることです。

《TRX》TRON(トロン)

TRON(TRX)は2017年8月に公開され、時価総額第14位の仮想通貨です。

通貨名(通貨単位) TRON(TRX)
公開日 2017年8月
公式サイト 【TRON】
時価総額 $ 4,211,631,965 (※2)

(※1)2018年1月29日現在(参照元:Cryptocurrency Market Capitalizations

TRON(TRX)は、ブロックチェーンと分散型ストレージ技術を用いて、世界的な無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指している通貨です。

以下のような特徴を持っています。

  • コンテンツの分散管理
    コンテンツはブロックチェーン上で分散管理されるため、一部のサーバーがダウンしても停止することはない
  • コンテンツ作成者とユーザーを直接繋ぐ
    Google PlayやApple Storeなどの中央集権プラットフォームが不要なため、プラットフォーム利用料が不要で、コンテンツの提供を通じて報酬が得られる
  • データの解放
    無料かつ無制限に文字や写真、音楽などのコンテンツを保存して、提供することができる 
  • パーソナルICO
    コンテンツを配信している人が自由にICOをして、資金を集めることができる

「youtuber(ユーチューバー)」と呼ばれる人が増えたように、個人がエンタメを提供することが多くなりました。
TRON(TRX)はYOUTUBEなど間に入る会社をなくし、クリエイターの保護と、コンテンツの質を上げることを目標として発足したプロジェクトです。

TRON(TRX)の仕組みや特徴、今後の対応などについて、こちらの記事で細かくご説明しています。

それでは、TRON(TRX)を取扱っている取引所について、比較しながら説明していきます。

TRON(TRX)は2018年1月31日現在、23か所の取引所で取扱いがあります。

まだ国内の取引所では取扱いはないものの、TRON(TRX)創業者のJustin Sun氏が、すでに日本の金融庁に申請しており、いくつかの日本の仮想通貨取引所へ上場する可能性があることを示唆しています。

取扱いがある取引所の中で比較をすると、TRON(TRX)の取引高が高い取引所は、 以下の3つです。

(参照:CoinGecko

  1. Binance(バイナンス)
    世界の仮想通貨取引所の中で取引高が2位(2018年1月31日現在)と高く、年明けにユーザー登録を一時停止するほどの人気を集めています。
  2. Bit-Z(ビットジー)
    取引画面等はBinanceによく似ており、使いやすいことが特徴です。
  3. Gatecoin(ゲートコイン)
    3つの中で唯一日本語に対応している取引所で、イーサリアムトークンの種類が多いのが特徴です。

3つの取引所の取引手数料を比較してみました。

  取引手数料
①Binance
(バイナンス)
0.1%
(BNB(※1)を使用すると0.05% )
②Bit-Z
(ビットジー)
0.1%
③Gatecoin
(ゲートコイン)
Maker:0.02〜0.25%
Taker:0.1〜0.35%(※2)

(※1)BNBとは、バイナンスコインと呼ばれるBinanceが独自に発行している仮想通貨です。Binance内での取引はもちろん、手数料をBNBで支払うこともできます。 BNBについては、以下の記事で詳細をご紹介しています。

(※2)Makerとは指値注文のことで、売買したい額を指定して注文する方法です。Takerとは成行注文のことで、今すぐに取引を成立させる注文方法のことです。

Gatecoinの取引手数料は、月額の取引高によって変動します。
BinanceとBit-Zは0.1%と、その他の取引所と比較しても安価な手数料で取引ができます。

それぞれの取引所について、より詳しく解説していきます。

Binance(バイナンス)は、2017年7月に設立された中国の仮想通貨取引所です。

他の取引所と比較しても「取り扱い通貨数が多い」や「手数料が安い」、「ユーザー投票による上場通貨の決定」などの特徴がきっかけで話題になりました。

新規のユーザー登録が殺到しているため、現在は時間を区切って限定的に登録を受け付けている状況です。

社名 Binance
設立 2017年7月
拠点 香港
業態 取引所
言語 英語/中国語/韓国語/フランス語/スペイン語/ロシア語/ドイツ語
取扱コインの種類 111種類(2018/1/31現在)
基軸通貨(※1) bitcoin(BTC)
Binance coin(BNB)
Ethereum(ETH)
USD Tether(USDT)
ホームページ 【Binance】

(※1)基軸通貨とは、取引の際に基準になる通貨のことで、たとえばビットコイン(BTC)の基軸通貨であれば、ETH/BTC、BCH/BTCなど「BTC建て」で取引することです。

  • 高い流動性
    上場させるコインを人気投票で決定する、上場したばかりのコインにキャンペーンを実施するなどのイベントが話題を呼び、世界でも有数の取引高を誇る
  • フォークコインの付与
    ハードフォークにより派生した通貨の付与に積極的に関与
  • 取扱コインの数が多い
    新たなコインが追加されるスピードも早い
  • 取引手数料が安い
  • 多くの言語に対応
    以前は日本語も対応していたが、現在は削除されている

現在は日本語未対応ですが、操作が簡単で使いやすいことも人気の理由です。
ユーザー登録が全面的に可能になれば、取引高もさらに高くなることが予想され、おすすめの取引所といえます。

さらに詳しくBinanceについて知りたい方は、以下の記事をお読みください。

Bit-Z(ビットジー)は、香港、北京、シンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所です。

取引画面の作りがBinanceと比較して非常に似ており、その他にもBinanceでも実施している、上場させるコインを人気投票で決定するイベントも行われています。

社名 Bit-Z
設立 2016年
拠点 香港、北京、シンガポール
業態 取引所
言語 英語/中国語
取扱コインの種類 66種類(2018/1/31現在)
基軸通貨 bitcoin(BTC)
Ethereum(ETH)
USD Tether(USDT)
DKKT(DKKT)(※1)
ホームページ 【Bit-Z】

(※1)DKKTとは、デンマーククローネ(デンマークの通貨(DKK))と連動した価値の仮想通貨です。つまり、1DKKTは1デンマーククローネとして取引されます。
この通貨の特徴は、法定通貨の価値を保ちながら安定した取引が可能であること、また法定通貨と比較して送金スピードが早く、安い手数料で取引ができることです。
詳しくはこちら(DKK Token (DKKT))をご参照ください。

  • 手数料が安い
  • ICOの人気投票がある
    上場させるコインを人気投票で決定する(投票ページはこちら
  • ビットコイン(BTC)が8桁で表示される
    Binanceのビットコイン(BTC)は7桁表示
  • 取引パスワードがある
    ログインパスワードとは別に、取引パスワードがある

Bit-ZはBinanceほど取引通貨は多くありませんが、手数料もお手頃価格で、取引画面は見やすく設計されています。

Binanceに登録したいけど、登録が制限されていてできないという方にはおすすめの取引所といえます。

Bit-Zでのコイン購入までの手順は、こちら(How to buy bitcoin)をご参照ください。

Gatecoin(ゲートコイン)は、今回ご紹介する3つの取引所の中で、唯一日本語に対応している取引所です。

昨年の5月にハッキング被害に遭い、イーサリアムが185,000ETH、ビットコインは250BTC(合計約2億円相当)失っています。
この事件をきっかけにGatecoinは一時的に信頼を失い、今でも取引高は低い状況です。

社名 Gatecoin
設立 2013年
拠点 香港
業態 取引所
言語 英語/中国語/韓国語/フランス語/日本語
取扱コインの種類 32種類(2018/1/31現在)
基軸通貨 bitcoin(BTC)
BitcoinCash(BCH)
Ethereum(ETH)
LiteCoin(LTC)
ホームページ 【Gatecoin】
  • 日本語に対応している
    海外の取引所でありながら取引画面、サポート画面などが日本語に対応している
  • 取引高によって取引手数料が変動する
    取引手数料がビットコイン(BTC)の月間の取引高によって変動する
  • イーサリアムトークン(ERC20/ERC223)を多く取扱っている
    取扱っている通貨の中で、BTC、BCH、ETH、LTC以外はすべてイーサリアムトークン

Gatecoinの取引手数料は、以下のビットコイン(BTC)の月間取引高によって変動します。

月間取引高 Maker手数料 Taker手数料
〜50BTC 0.25% 0.35%
〜100BTC 0.2% 0.3%
〜200BTC 0.15% 0.25%
〜500BTC 0.12% 0.2%
〜1300BTC 0.1% 0.16%
〜2600BTC 0.08% 0.14%
〜5200BTC 0.06% 0.13%
〜13000BTC 0.05% 0.12%
〜20000BTC 0.04% 0.11%
MAX 0.02% 0.1%

ビットコイン(BTC)を多く取引する方にとっては、手数料は最大0.02%とかなり安くなりますが、現在のビットコイン(BTC)の価格を考えると、この手数料の設定は現実的ではないと言えます。

少額決済をする方は、取引手数料が0.25〜0.35%と、他の取引所に比べると少し高く設定されています。

Gatecoinは一度ハッキング被害に遭ったことから、ユーザー離れが進み、取引高が低い状況が続いています。
ただ、海外の取引所で日本語に対応しているところは珍しく、Q&Aも日本語で確認することができるので、いざ困ったときに安心して使える取引所と言えます。

Gatecoinの口座開設方法はこちら(ゲートコインに口座を開設するには?)からご覧いただけます。

仮想通貨TRON(TRX)の取扱取引所3つを比較し、説明してきました。

  1. Binance(バイナンス)
  2. Bit-Z(ビットジー)
  3. Gatecoin(ゲートコイン)

TRON(TRX)を取り扱っている取引所はBinanceが有名ですが、その他にも使い方がBinanceに似ているBit-Zや、日本語に対応しているGatecoinなどがありました。

今回はTRON(TRX)の取引高が高い3つの取引所をピックアップして特徴を比較してみましたが、その他にも多くの取引所があり、操作のしやすさやチャートの見やすさなど、さまざまな観点で取引所を選ぶ基準になると思います。

ぜひ様々な取引所を比較し、自分好みの取引所を見つけて、TRON(TRX)の取引を行なってみてください。