目次

    全ての目次を見る
  1. 話題の取引所KuCoin(クーコイン)って?
  2. 【基本情報】KuCoin(クーコイン)
  3. 【特徴・メリット】KuCoin(クーコイン)
  4. 【懸念点・デメリット】Kucoin(クーコイン)
  5. 【Binanceとの違い】KuCoin(クーコイン)
  6. 【手数料】KuCoin(クーコイン)
  7. KuCoinの口座開設方法
  8. KuCoinの開発ロードマップ
  9. 【まとめ】KuCoin仮想通貨取引所
Large ku coin 02

KuCoin(クーコイン)は2017年9月に開設された、香港の仮想通貨取引所です。取引所が発行する独自トークン(KCS)があることやマイナーコインを多く取り扱っていることから第2のBinance(バイナンス)と言われています。

取引所であるにも関わらず、ホワイトペーパーやロードマップがしっかり用意されており、今後の展開がわかりやすいのが特徴です。日本語対応もしているため、海外取引所が苦手という方でも使いやすい仕様になっています。

KuCoin(クーコイン)の運営会社は「Kucoin Inc.」で、CEOはアリババグループの金融子会社「Ant Financial」で、技術職のエキスパートとして活躍していたMichael Gan氏です。

運営会社 Kucoin Inc.
設立 2017年11月9日
拠点 香港
CEO Michael Gan

KuCoin(クーコイン)を利用するメリットには以下のようなものがあります。

  1. プラットフォームは日本語対応
  2. 取り扱い通貨数が多い
  3. 上場通貨をきめる投票
  4. 取引手数料が0.1%(KCSトークンでの手数料支払で0.07%)
  5. KCSトークンの配当報酬
  6. プレゼントキャンペーンを実施
  7. NEO建てで取引が可能

KuCoin(クーコイン)はプラットフォームが日本語に対応しています。

一部対応していないページもあるものの、画面右上にあるプルダウンから日本語を選択するだけで言語設定を変えることができるため、外国語が苦手という方でも簡単に利用することが可能です。

Bitcoin(BTC) DeepBrain Chain(DBC) Stox(STX)
Ethereum(ETH) Quantstamp(QSP) DeepOnion(ONION)
Bitcoin Cash(BCH) TenXPay(PAY) Flixxo(FLIXX)
NEO(NEO) Po.et(POE) ClearPoll(POLL)
RaiBlocks(XRB) Civic(CVC) TrueFlip(TFL)
Litecoin(LTC) Red Pulse(RPX) Solaris(XLR)
Dash(DASH) EthLend(LEND) Confido(CFD)
EOS(EOS) Raiden Network(RDN) Bitcoin Diamond(BCD)
Qtum(QTUM) Walton(WTC) Qlink(QLC)
Bitcoin Gold(BTG) AChain(ACT) Bitcoin God(GOD)
Ethereum Classic(ETC) Unikoin Gold(UKG) Horizon State(HST)
OmiseGO(OMG) Revain(R) Ethereum Fog(ETF)
Populous(PPT) SONM(SNM) Black Hole Coin(BHC)
Kucoin Shares(KCS) Modum(MOD) Fortuna(FOTA)
Status(SNT) Ambrosus(AMB) SingularityNET(AGI)
USDT(USDT) Nuls(NULS) Aigang(AIX)
VeChain(VEN) UTRUST(UTK) Enjin Coin(ENJ)
Digibyte(DGB) Snovio(SNOV) Trinity(TNC)
Dragonchain(DRGN) Asch(XAS) Zeepin(ZPT)
Dent(DENT) Oyster Pearl(PRL) CanYa(CAN)
Hshare(HSR) Genesis Vision(GVT) BitClave(CAT)
Kyber Network(KNC) LAToken(LA) Datum(DAT)
Substratum(SUB) Pura(PURA) EncrypGen(DNA)
Aion(AION) Monetha(MTH) INS Ecosystem(INS)
Neblio(NEBL) Bounty0x(BNTY) Telcoin(TEL)
Request(REQ) Everex(EVX) SelfKey(KEY)
Power Ledger(POWR) Elixir(ELIX) Odyssey(OCN)
Bytom(BTM) Publica(PBL) Trade Token(TIO)
NeoGas(GAS) BlockMason(BCPT) CoinFi (COFI)
RChain(RHOC) Change(CAG) Revain (R)
ABTC (ABTC)

KuCoin(クーコイン)で取引が可能なコインは2018年1月31日現在で、91種類にも及びます。ロードマップでは2018年12月までに1,000種類以上の仮想通貨を取引可能にすると記載があり、今後さらに取引可能な仮想通貨が増える予定です。

KuCoin(クーコイン)では現在でもBinance(バイナンス)が取り扱っていないマイナーコインの取引が可能であるため、今後にも大きな期待が集まっています。

KuCoin(クーコイン)は取引手数料が0.1%と比較的安い価格に設定されています。

また、KuCoin(クーコイン)の独自トークン(KCS)を保有していれば、取引手数料が最大30%OFFになるため、手数料0.07%で取引可能です。

しかし、手数料の割引については1,000KCSにつき1%OFFと設定されており、30%の割引を受けるには2,000万円分以上(2018年2月1日現在)のKCSが必要となるためあまり現実的ではないでしょう。

KuCoin(クーコイン)では過去に3回(※1)、取り扱い通貨を投票で決定する、上場通貨の人気投票が行われています。第3回の人気投票では、eBitcoin(EBTC)が10,615票を獲得して第1位になるなど、注目を集めています。

KuCoin(クーコイン)への上場が決まれば、期待感から価格が上昇することも考えられるため、投票結果を見ながら他の取引所で早めに仕込んでおくことも可能です。

※1:2018年2月1日現在

KuCoin(クーコイン)が発行している独自トークン「KCS」を保有している人には、保有量に応じて取引所の利益が配当報酬として毎日配られます。配当として分配されるのは取引所全体で発生した1日の取引手数料の約50%です。配当の計算方法は以下の通りです。

取引所で発生した1日の手数料×50%×保有しているKCS/1億(KCSの総量)

KuCoin(クーコイン)では定期的にプレゼントキャンペーンを実施しています。

特定の期間における、取引量の合計が高い人、または、ある通貨の取引量が高い人に「テスラ」やBTCなど豪華なプレゼントが贈られます。

 NEO建てで取引が可能

KuCoin(クーコイン)は仮想通貨の取引をNEO建てで行うことができます。KuCoin(クーコイン)はNEOベースで行われたICOトークンが最速で上場されることもあり、NEO関連に関しては大きなアドバンテージを持っています。

KuCoin(クーコイン)には以下のようなデメリットがあるため、利用する際には注意が必要です。

  • サポートは日本語非対応
  • 日本円入出金不可

Kucoin(クーコイン)のサイトは日本語に対応していますが、サポートに関しては日本語非対応となっています。そのため、なにかトラブルがあった際に、国内の取引所と比べて解決するためのハードルが高いというのが現状です。

また、海外の取引所であるため日本円を入出金することはできず、BTCかETHを他の取引所で購入してからKucoin(クーコイン)のウォレットに送金する必要があります。

KuCoin(クーコイン)は第2のBinance(バイナンス)と言われていますが、2つの取引所には以下のような違いがあります。

項目 KuCoin Binance
取扱い通貨数 約90種類 約100種類
日本語対応 あり なし
独自トークン KCN BNB
基本取引手数料 0.1% 0.1%
最安取引手数料 0.07% 0.05%
NEO建て あり なし

KuCoin(クーコイン)の大きなメリットはやはり日本語対応していることです。取り扱い通貨の数はBinance(バイナンス)の方が多いですが、取り扱っている通貨には違いがあるため、二つの取引所を利用することで選択肢を広げることができます。

また、独自トークンを持っていることで得られるメリットには大きな違いがあり、KCNの場合は取引手数料が最大30%OFFとBNBに比べて少ないですが、その分配当があるなどのメリットもあります。

ここではKuCoin(クーコイン)を利用するために必要な、以下の2つの手数料について説明していきます。

  • 取引手数料
  • 仮想通貨入出金手数料

KuCoin(クーコイン)の取引手数料は前述の通り0.1%です。

KuCoin(クーコイン)への仮想通貨の入金手数料は特にかかりません。

ただ、送金元の取引所やウォレットからの出金手数料がかかるケースが多いため、入金の際は、送金元のウォレットをご確認ください。

また、KuCoinの主な仮想通貨の出金手数料は、以下の通りです。

通貨 手数料
BTC 0.0005BTC
ETH 0.01ETH
KCS 2KCS
NEO 無料
BCH 0.0005BCH
USDT 10USDT

まず、KuCoin(クーコイン)のトップページから右上にあるプルダウンを押して、日本語を選択します。

サイトが日本語に対応したら、プルダウンの上にある新規登録を押します。

英文の使用条件に同意をすると登録画面になるので、自分のアドレスと任意のパスワードを入力しましょう。パスワードは大文字と小文字、数字の3種類が入ったものを設定できます。

入力が完了すると、登録したメールアドレス宛にメールが届くので、そこに記載されているURLに飛んでメールアドレスの認証を行います。

これでKuCoin(クーコイン)の口座開設が完了します。

KuCoin(クーコイン)のホワイトペーパーにある今後の開発ロードマップは以下の通りです。

  • 2018.06 仮想通貨ペアの自己解放機能が搭載される
  • 2018.12 1,000種類以上の通貨が取引可能になり、日時取引高が100,000BTCを超える
  • 2019.06 仮想通貨取引所の世界のトップ10入りを目指す

KuCoin(クーコイン)は第2のBinance(バイナンス)と呼ばれる、日本語に対応した香港の仮想通貨取引所です。 Binanceのように多くのマイナーコインを取り扱っており、独自トークンの発行も行っています。

ロードマップでは今年中に1,000種類以上の仮想通貨を取り扱うことが予定されており、マイナーコインを取引したい人々から多くの期待を集めている取引所です。