目次

    全ての目次を見る
  1. 仮想通貨のウォレットとは
  2. ①【Webウォレット】モナコイン(monacoin/MONA)
  3. ②【モバイルウォレット】モナコイン(monacoin/MONA)
  4. ③【デスクトップウォレット】モナコイン(monacoin/MONA)
  5. ④【ハードウェアウォレット】モナコイン(monacoin/MONA)
  6. 【Monacoin coreの使い方】モナコイン(monacoin/MONA)
  7. 【まとめ】モナコイン(monacoin/MONA)
Large monacoin

モナコインは、日本発の仮想通貨で、はじめてSegwitを導入したことや、投げ銭などの独特な使い道で注目を集めています。

モナコインを買った、もしくはこれから購入する予定の方は、ハッキングのリスクをなるべく下げるためにも保管方法に気をつけなくてはいけないでしょう。

ここでは、モナコインを管理するウォレットにはどのようなものがあるのか、またハッキングリスクの低いモナコインのウォレットにはどのようなものがあるかについて徹底解説していきます。

ウォレットとは日本語で財布を意味する言葉で、仮想通貨を預けておく銀行口座のようなものだと考えましょう。

ウォレットにはいくつかの種類があり、下記のような分け方が可能です。

  1. Webウォレット
    →インターネット上に、ウォレットのアカウントを開設して使用するウォレット
  2. モバイルウォレット
    →iPhoneやAndroidでアプリをダウンロードすることで使用するウォレット
  3. デスクトップウォレット
    →PCに専用のソフト(アプリ)をインストールして使用するウォレット
  4. ハードウェアウォレット
    →USBのような、専用端末でビットコインを管理するウォレット
  5. ペーパーウォレット
    →ビットコインを使用するのに必要な情報を、紙に印刷して使用するウォレット

Webウォレットは、オンラインに秘密鍵が置かれているため、ハッキングリスクが最も高いといえます。

一方、ペーパーやハードウェアなど、オフラインで保管するほど、ハッキングリスクを下げることができるものの、取引する際の出し入れがしづらいなど、利便性は損なわれます。

今回はペーパーウォレットを除く、4種類のウォレットについて、説明していきます。

各種ウォレットの、メリットとデメリットについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

Webウォレットは、Web上に仮想通貨を保管することのができるウォレットで、店舗で決済を行う場合や、頻繁な取引の際に便利といった特徴があります。

一方で、オンラインで管理しているため、他の管理方法に比べて、ハッキングリスクが高いという懸念点があります。

可能な限り、直近で取引や決済に使う金額だけを入れておくことをおすすめします。

  1. Askmona
  2. Monappy
  3. もにゃ

ここではそれぞれの特徴を詳しく説明していきます。

Askmona(アスクモナ)は、モナコインに関する掲示板で、自分の質問に答えてくれた回答に対して、MONAをおくったり、もらうことができます。

  • 掲示板上で、役に立った回答にMONAを送れる(もらえる)
  • 時にMONAのバラまきが行われる

実用的な用途というよりは、コミュニティ参加の1つの方法といえます。

Monappy(モナッピー)は、モナコイン(monacoin)を利用できるポータルサイトです。

ユーザー同士で、イラストや自作のハンドクラフト製品の売買も行われています。

そのMonappyには、Webウォレットの機能がついており、ウォレットとしても利用が可能です。

MonappyのWebウォレットには下記のような特徴があります。

  • Monappyで利用可能
  • 利用者同士は送金手数料がかからない
  • 送金にメッセージを添付

決済用途に、より特化したWebウォレットといえるでしょう。

もにゃは、モナコインやBitZenyに対応する、Webウォレットです。

Android版や、iOSにも対応しています。

もにゃの特徴は下記です。

  • 直感的な操作が可能
  • メールアドレスの登録が不要
  • Zaifと連携し、決済手段として利用可能

モナコイン(monacoin)のモバイルウォレットとして、下記の2つをご紹介いたします。

モバイルウォレットは、秘密鍵などをアプリで保管するので、スマートフォンがあればどこでも操作することが可能です。

  1. もにゃ
  2. Coinomi Wallet
項目 もにゃ Coinomi Wallet
対応OS iOS,Android Android
公式/非公式 非公式 非公式(公式承認)

もにゃは、モナコインやBitZenyに対応する、ウォレットです。

先述の通り、Web版だけでなく、Android版や、iOSにも対応するモバイルウォレットでもあります。

もにゃの特徴は下記です。

  • 直感的な操作が可能
  • メールアドレスの登録が不要
  • Zaifと連携し、決済手段として利用可能

Coinomi Walletは、モナコインをはじめ、Bitcoin、イーサリアム、その他のアルトコインなどかなり多くの通貨に対応するモバイルウォレットです。

Monacoin projectが作成したウォレットではないものの、Monacoin project公式ページにて紹介されており、公式承認のウォレットといえます。

Coinomi Walletの特徴は下記です。

  • 公式承認のウォレット
  • 多くの仮想通貨に対応
  • イーサリアムベースのトークンにも対応

デスクトップウォレットは、パソコンにソフトをダウンロードして保存するウォレットです。

モナコインには公式で配布されている「Monacoin core」や、有志が制作した「Electrum-mona」などがあります。ここでは二つのローカルウォレットについて説明していきます。

項目 Monacoin Core Electrum Mona
対応OS Windows,Mac,LInux Windows,Mac,LInux
公式/非公式 公式 非公式(公式承認)

Monacoin coreはモナコインの公式が配布しているデスクトップウォレットです。

公式が配布しているソフトであることから信頼性が高く、メインのOSに対応しています。

  • Monacoin projectが作成した公式のウォレット
  • ほとんどのOSに対応

Electrum-monaは有志が作成したモナコインのローカルウォレットで、Monacoin coreとは違い、過去のブロックチェーンをダウンロードする必要がなく、容量が小さくて済むのがポイントです。

ブロックチェーンのダウンロードには1日以上かかってしまうというケースも多いので、気軽にダウンロードすることができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

  • ライトウォレット
  • 公式が承認している

モナコイン(monacoin)に対応しているハードウェアウォレットとして、Trezor(トレザー)をご紹介いたします。

項目 Trezor(トレザー)
タイプ USB
価格(Amazon/公式HP) 17,800円/11,960円
対応通貨数 11種類
充電 不要

ハードウェアウォレットのTrezor(トレザー)の対応通貨に、モナコイン(monacoin)が追加されました。

ただ、Trezor専用のブラウザで管理可能なわけではなく、Electrum-monaなど、モナコインのデスクトップウォレットなどと連携して、保管することになります。

ここではモナコインの公式ウォレットMonacoin coreのダウンロード方法と、使い方について詳しく説明していきます。

Monacoin coreは公式サイトの「Download」から入手することができます。

スマートフォンやLinuxなどWiondowのPC用以外も豊富に用意されているので、自分の環境にあったソフトをダウンロードしましょう。

ダウンロードとインストールが完了したら、まずはウォレットを作成します。

入金のタブを開いて、「支払いをリクエストする」というボタンを押すと、QRコードとURL、そしてアドレスが表示されるので、「アドレス」の部分にあるMから始まる文字列がウォレットのアドレスとなります。ラベルやメッセージなど、自分の都合に合わせてウォレットをわかりやすく整理する機能もあるので、複数のウォレットを利用する際には使ってみましょう。

モナコインのウォレットにはオンラインウォレットとローカルウォレットがあります。オンラインウォレットには取引所やmonappyのようなWebサービスが含まれ、ローカルウォレットには公式が配布しているMonacoin coreなどがあります。オンラインウォレットはローカルウォレットよりもセキュリティが弱いので、大きな金額を預けておきたいときにはローカルウォレットを利用するようにしましょう。