目次

    全ての目次を見る
  1. イーサリアムのマイニングとは
  2. 【概要】イーサリアム(ethereum)のクラウドマイニング
  3. 【業者3選比較】イーサリアム(ethereum)のクラウドマイニング
  4. 【参加方法】イーサリアム(ethereum)のクラウドマイニング
  5. 【税金】イーサリアム(ethereum)のクラウドマイニング
  6. 【ニュース・トピック】イーサリアム(ethereum)のクラウドマイニング
  7. 【参考】イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムが変更した場合
  8. 【まとめ】イーサリアムのクラウドマイニング
Large eth            02

イーサリアムのマイニング(採掘)とは、イーサリアムの取引や決済などの取引データを、ブロックチェーンで管理するまでに行う一連の作業のことで、マイニングの見返りとしてイーサリムが支払われます。

イーサリアムには、下記の3つのマイニング方法があります。

  1. ソロマイニング
    →個人でおこなう
  2. プールマイニング
    → 複数人で協力しておこなう
  3. クラウドマイニング
    →マイニング投資

この記事にたどり着いた方は、

「イーサリアムのクラウドマイニングって何?」
「イーサリアムのクラウドマイニングの始め方が知りたい」
「イーサリアム対応のクラウドマイニング業者を比較したい」

など、さまざなな疑問をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、特にイーサリアムのクラウドマイニングの概要や、始め方、クラウドマイニング業者の比較についてご紹介します。

イーサリアムのそのほかのマイニング方法について知りたい方は、以下の「イーサリアムの3つのマイニング(採掘)方法とは?」の記事をご覧ください。

まずは、クラウドマイニングの概要について確認していきましょう。

クラウドマイニングとは、マイニングをおこなっている企業や団体に投資することで、間接的マイニングに参加することです。

クラウドマイニングでは、顧客の出資金をクラウドマイニング業者が、マイニングするために必要な電気代や設備費に使用し、顧客の代わりにマイニングを行います。

クラウドマイニング業者が、マイニングに成功した場合、投資した資金に応じて報酬を得ることが可能です。

クラウドマイニングは、ソロマイニングやプールマイニングと比較して、「どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?」

次の段落で、ソロマイニングのメリット・デメリットを見ていきましょう。

  1. 電気代や設備コストがかからない
  2. マイニング知識がなくても投資可能

以上2点が、クラウドマイニングの主なメリットです。

それぞれについて詳しくご説明します。

電気代や設備コストがかからない

クラウドマイニングでは、間接的にマイニングに参加するので電気代やマイニング機材などの設備コストがかからないというメリットがあります。

また、自分で機材を整えてマイニングをする場合、機材を管理するスペースが必要で、マシンの起動音騒音などの問題も発生します。

スペースが十分に確保できない方や、騒音がきになる方はクラウドマイニングはオススメかもしれません。

マイニング知識がなくても可能

2つ目のメリットは、マイニングの詳しい知識がなくても始められるという点です。

自分でマイニングを始める場合、マイニングの機材やパーツに関する知識が必要で、機材のメンテナンスやソフトの調整なども自分で行わなければなりません。

その点、クラウドマイニングは実績のある業者に投資を行う間接的なマイニング方法なので、信頼でき、有望な投資先を探す必要があるものの、マイニング自体に関する詳細な知識は不要です。

したがって、「マイニングに関する詳細な知識はないけれど、マイニングに参加したい・マイニングで報酬を得たい」という方にクラウドマイニングはオススメかもしれません。

続いて、クラウドマイニングのデメリットについて見ていきましょう。

  1. 詐欺のリスク
  2. 会社倒産リスク
  3. プランが在庫切れの可能性

以上3点が、クラウドマイニングの主なデメリットです。

それぞれについて詳しくご説明します。

詐欺のリスク

クラウドマイニングでは詐欺に気をつけてください。

『資金を集めておきながら、実際にはマイニングをしていない』
『資金を集めた途端サイトが封鎖される』

などの可能性は十分に考えられます。

もし、クラウドマイニングに参加したいという方は詐欺の恐れがあるということも考慮に入れ、慎重な判断をしてください。

業者の倒産リスク

クラウドマイニングでは、投資した企業が倒産し、投資金が戻ってこない場合があるので、ご注意ください。

現在、クラウドマイニングに参入する企業が増加しているので、投資していた業者が競合業者に敗れ、十分な利益を獲得できず、会社が倒産してしまう可能性があります。

プランの在庫切れの可能性

詳しくは後述しますが、クラウドマイニングに参加する場合、業者が提供するプランから自分にあったものを選択するのですが、イーサリアムのクラウドマイニングのプランが在庫切れで参加ができない可能性があります。

下の画像は、クラウドマイニング業者の大手Genesis Miningの公式HPから引用したものですが、2018/3/13時点でイーサリアムのマイニングプランは全て売り切れ状態です。

すぐにイーサリアムのクラウドマイニングを始めたいけど、プランがない場合があるので、ソロマイニングやプールマイニングと比較すると、マイニングに参加できる確実性は低いといえます。

比較表
  Genesis Mining
(ジェネシスマイニング)
HashFlare
(ハッシュフレア)
SunMining
(サンマイニング)
取扱通貨の数 6種類 5種類 4種類
取扱通貨の銘柄 BTC
DASH
ETH
LTC
XMR
ZEC
BTC
LTC
ETH
ZCASH
DASH
BTC
ETH
DASH
LTC
年料金
(100 MH/sあたりで計算)
$1900 $2220 $1890
契約期間 2年間 1年間 2年間
公式サイト Genesis Mining公式サイト Hash Flare公式サイト Sun Mining公式サイト

(※)この表の情報は、2018年3月13日時点の公式サイト掲載データを基にしています。

では、それぞれのクラウドマイニング業者を紹介します。

Genesisi Miningとは2013年にMarco Strengによって設立されたクラウドマイニング会社で、アイスランドに拠点を置いています。

マイニングを行なう通貨によって、選べるハッシュパワー(※)と価格が違い、3段階に分かれたプランから、資金に応じて投資を行うことができるため、少額からでも参加することが可能です。

イーサリアムのマイニングプランは以下の通りです。

  1. Small
    →$1,520(40 MH/s)
  2. Medium
    →$4,440(120 MH/s)
  3. Large
    →$12,960(360 MH/s)

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)は採掘権購入から実際にマイニングが始まるまでに、1か月から3か月程度の時間がかかるの注意してください。

(※)

マイニングの処理能力はしばしば、ハッシュレート(H/s)で表されます。

TH/s(テラハッシュ毎秒)は、1秒間に1兆回、MH/s(メガハッシュ毎秒)は、1秒間に100万回計算作業を行えるという意味で、ハッシュレートが高いほどマイニングの成功確率が高いです。

Hash Flareとは2014年に設立されたクラウドマイニング会社です。

Hash Flare(ハッシュフレア)は購入した日からマイニングが始まるため、Genesis Miningとは異なり、すぐにでも配当をもらうことができます。

イーサリアムのプランは以下の通りです。

  • ETHEREUM CLOUD MINING
    →$2.20(100KH/s)

Sun Miningは2015年に設立されたクラウドマイニング業者で、オーストラリアに拠点を置いています。

Sun Miningは太陽電池を使用していることや、ユーザーに1ヶ月あたりの予想利益を提示していることが特徴です。

Sun Miningでも、プランを購入後Sun Miningが支払いを確認したらすぐにマイニングが可能です。

Sun Miningのイーサリアムのプランは以下の通りです。

  1. Ultra Light
    ・料金:$21(1MH/s)
    ・予想利益:$1.7
  2. Easy
    ・料金:$200($10MH/s)
    ・予想利益:$16.9
  3. Relax
    ・料金:$1890(100MH/s)
    ・様相利益:$169.1
  4. SALE
    ・料金:$37,485(3000MH/s)
    ・予想利益:$5071.9

ここまで読んで「早速イーサリアムのクラウドマイニングを始めたい」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クラウドマイニングの始め方について、基本的な手順をご紹介します。

イーサリアムのクラウドマイニングサービスを提供する業者は、ここで紹介した3つの業者以外にも複数ありますが、参加するために必要な作業は以下の通りです。

  1. アカウントを作成する
  2. 希望のプランを選択する
  3. 支払い方法を決定する
  4. 注文の確定

イーサリアムのマイニング(クラウドマイニング)で得た収益に対して税金がかかるのか、疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

結論からいうと、イーサリアム(仮想通貨)のマイニングの収益は、事業所得又は雑所得(※)の対象となります。

これは、取引所や販売所で仮想通貨を購入して得た場合と同様です。

この場合の課税される金額は、収入金額(マイニング等により取得した仮想通貨の取得時点での時価)から、必要経費(マイニング等に要した費用)を差し引いて計算することになります。

所得金額=収入金額−必要経費

なお「マイニング等に要した費用」とは、設備にかかったお金や、マイニングにかかった電気代が含まれます。

また、マイニング等により取得した仮想通貨を売却又は使用した場合の所得計算における取得価額は、仮想通貨をマイニング等により取得した時点での時価です。


参考元:国税庁 個人課税課 | 仮想通貨に関する所得の計算方法等について


(※)雑所得とは、所得税における課税所得の区分の一つで、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得および一時所得のいずれにも該当しない所得

DMM.comが、石川県金沢市にて大規模なマイニングファーム「DMMマイニングファーム」の運営を開始しました。

DMMマイニングファームでは、ビットコインやライトコイン、イーサリアムなどのマイニングを行なっているそうです。

DMMマイニングファームは、将来的に世界のマイニングファームのトップ3に入る規模の運営を計画しており、2018年度中にはトップ10に入る規模のマイニングファームを目標にしています。

まだ、DMM マイニングファームがクラウドマイニング事業を展開することは定かではありませんが、仮にクラウドマイニング事業も展開するようなら、DMM マイニングファームも投資先の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

【DMMマイニングファーム概要】 ■ 所在地:石川県金沢市 ■ マシンフロア延床面積:約500㎡(約150坪) ■ 建物規模:地上2階層構造 1階部分:事務所、マシンフロア 2階部分:事務所 ■ 構 造:鉄骨造 ■ 見学開始予定:2018年3月中旬

https://crypto.dmm.com/

現在のイーサリアムは、Proof of Work(PoW)という仕組みを採用し、マイニング作業を行なっていますが、今後プルーフオブステーク(PoS)への移行が決定しています。

  1. PoW
    →計算処理能力に応じて、マイニングの成功率が左右される
  2. PoS
    →コイン(ETH)所有量に比例して、マイニングの成功率が左右される

イーサリアムがPoWからPoSに移行した場合、マイニング自体は無くなりませんが現在のクラウドマイニングが行われるかどうか定かではありません。

イーサリアムが、プランの契約期間中にPoWからPoSに移行した場合の対応を、Genesis Miningは表明しています。

Ethererum Mining プランは最大24か月実行されますが、Ethereum (「ETH」) がこの期間の終了前にプルーフ オブ ステークに切り替わった場合、 リースのハードウェアを使用して弊社がお客様に代わり最も利益の出るコインをマイニングします。詳細は契約書を参照してください。

Bitcoin & Cryptocurrency Mining Contracts | Genesis Mining

以上、クラウドマイニングのメリット・デメリットや、イーサリアムに対応したクラウドマイニング業者の比較を見てきました。

クラウドマイニングは、電気代やマイニングの設備の知識が必要ないというメリットがありますが、詐欺や倒産リスクという懸念点があります。

また、プランの売り切れや、内容、報酬率の変更があるのでご注意ください。

公式サイトの最新情報をチェックした上で、ご自分の希望や条件に最適なサービスを見つけてくださいね。