目次

    全ての目次を見る
  1. BTCBOXとは
  2. BTCBOXの手数料一覧
  3. ①【取引手数料】BTCBOX
  4. ②【日本円入出金手数料】BTCBOX
  5. ③【仮想通貨入出金手数料】BTCBOX
  6. 国内取引所比較(BTC取引手数料)
  7. 【まとめ】BTCBOX手数料
Large btc logo

BTCBOXは、2014年3月に設立され、2017年9月29日に仮想通貨交換業者として関東財務局に登録された仮想通貨取引所の1つです。

本記事では、BTCBOXの各種手数料をわかりやすくまとめています。

また、最後に他の国内取引所との取引手数料を比較しているので、口座開設を検討されている方は、ご覧ください。

社名 BTCボックス株式会社
設立 2014年
業態 取引所
資本金 6,516万円(2016年9月時点)
代表取締役 David Zhang

仮想通貨取引量、日本一(2017年11月)のbitFlyerが2014年5月に取引所を開設していることを考えると、BTCBOXが、日本でも歴史がある取引所の1つであることは、間違いないでしょう。

また、BTCBOXは取引所であるため、取引所内でのユーザー間の売買です。

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • Litecoin(ライトコイン)

BTCBOXでは、4種類の仮想通貨の売買が可能です。

国内の取引所の中では、取扱数は多くはないといえます。

  1. 取引手数料
  2. 日本円入出金手数料
  3. 仮想通貨入出金手数料

BTCBOXには、上記の3種類の手数料が存在します。

1つずつ詳しくみていきましょう。

通貨 取引手数料
ビットコイン(BTC) 0%
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.2%
ライトコイン(LTC) 0.2%
イーサ(ETH) 0.2%

BTCBOXでは、BTCの取引手数量が無料という大きな特徴があります。

その他の3通貨は、すべて0.2%で統一されています。

BTCの取引を中心で行う方にとっては、大きなメリットといえそうです。

日本円 手数料
入金手数料 振込手数料のみ(最低入金額5,000円)
出金手数料 出金額の0.5%、最低400円

BTCBOXの日本円入出金手数料は、多くの取引所と同様に、出金手数料のみかかる形式です。

出金額が大きいほど、出金手数料も大きくなるため、注意が必要です。

BTCBOXの仮想通貨入出金手数料も、多くの取引所と同様に、入金時はかからず、出金時に規定の手数料がかかる仕組みです。

仮想通貨入金手数料

仮想通貨 手数料
入金手数料 送金側でかかる

仮想通貨入金は、送金側で、手数料がかかっており、入金側ではかからないケースが多く、BTCBOXも同様です。

仮想通貨出金手数料

通貨名 出金(送金)手数料
ビットコイン(BTC) 0.001BTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001BCH
ライトコイン(LTC) 0.002LTC
イーサ(ETH) 0.01ETH

仮想通貨の出金手数料は、通貨毎に異なります。

仮想通貨の出金手数料は、送金時にマイナーに支払われる手数料であり、円滑に出金(送金)するために必要な手数料です。

国内取引所 BTC取引手数料
maker/taker
BTCBOX 0%
bitFlyer 0.15%~0.05%
Zaif -0.05%/-0.01%
bitbank 0%

国内主要取引所と、BTCBOXのBTC取引手数料をまとめています。

bitFlyerやZaifには、各取引所とユーザー間の売買である、ビットコインの販売所がありますが、今回はユーザー間の売買である取引手数料であることに注意してください。

BTCBOXの各種手数料をご説明いたしました。

BTCBOXの手数料には、下記の3つがあります。

  • 取引手数料
  • 仮想通貨入出金手数料
  • 日本円入手金手数料

特に、BTCの取引手数料がかからない点は大きな特徴といえます。

これから、ビットコインの取引をはじめる方は、口座開設を検討されてはいかがでしょうか。