目次

    全ての目次を見る
  1. 【ICON】韓国版イーサリアム
  2. 【開発目的と基本情報】仮想通貨ICON(ICX/アイコン)
  3. 【特徴】仮想通貨ICON(ICX/アイコン)
  4. 【今後(ロードマップ)】仮想通貨ICON(ICX/アイコン)
  5. 【取引所】仮想通貨ICON(ICX/アイコン)
  6. 【ウォレット】仮想通貨ICON(ICX/アイコン)
  7. 【参考】仮想通貨ICON(ICX/アイコン)の情報を知りたいなら
  8. 【まとめ】仮想通貨ICON(ICX/アイコン)
Large icon

イーサリアムや、中国版イーサリアムといわれるNEOは、DAppsノプラトフォームとして利用されていることや、時価総額が高いことから注目をされていますね。

その影響からなのか、韓国版イーサリアムといわれるICONも注目を集めてきています。

この記事では、

『ICONの概要を知りたい』
『ICONの今後について知りたい』

などの方を対象に、ICONの開発目的や使い道、特徴や今後についてご紹介します。

まずは、開発目的と基本情報を確認していきましょう。

画像引用元:ICONのWhitepaper

ICONとは、分散型ネットワークの構築を目指すプロジェクトで、韓国のブロックチェーン関連企業、the loop社が開発した、loopchainというブロックチェーンを活用しています。

具体的にいうと、loopchainを活用した、ICONは、異なるブロックチェーンプラットフォーム(BitcoinやEthereumなど)を結びつけ、相互にやりとり(資産の移動など)することが可能な、分散型ネットワークの構築を目指しています。

ICON=仮想通貨』と思われていた方もいらっしゃるかもしれませんが、ICONとはプロジェクトのことで、構築される分散型ネットワークが、ICONネットワーク、ネットワーク内で使用される仮想通貨(トークン)がICXです。

そんな、ICONには、様々な特徴があるのですが、特徴を確認する前にまず、ICONの基本情報を確認していきましょう。

独自通貨 ICX
コンセンサスアルゴリズム Loop Fault Tolerance
発行上限 上限なし
公式サイト ICONの公式サイト
ホワイトペーパー ICONのホワイトペーパー

ここまでで、ICONの概要を確認してきましたが、ICONとは、分散型ネットワークを目指すプロジェクトででしたね。

次の段落では、ICONの5つの特徴についてご紹介します。

ICONには、以下の特徴があります。

  1. LFT(Loop Fault Tolerance)
    独自のコンセンサスアルゴリズム
  2. SCORE(Smart Contract On Reliable Environment)
    独自のスマートコントラクト
  3. DEX(Decentralized Exchange)
  4. ICONick
  5. 5つの構成要素

では、それぞれどのような特徴あのかご紹介します。

LFTとは、ブロックの迅速な承認を実現するコンセンサスアルゴリズムで、ブロックチェーンの分岐(ブロックが同時に生成され、チェーンが枝分かれすること)の確率を軽減しているそうです。

ブロックの承認とは、取引データ(トランザクション)をまとめたブロックを、ブロックチェーンで管理することを指します。

LFTで、ブロックが承認されるまでの流れを確認していきましょう。

前提条件

LFTには、以下の参加者(ノード)が存在しています。

  1. リーダーノード(Lノード)
    トランザクションをまとめたブロックの生成をおこなう
  2. 検証ノード(Vノード)
    作成されたブロックの検証作業をおこなう

まずは、LFTの全体像をご覧ください。

簡単にまとめると、Vノードが承認してほしいTx(トランザクション)を、Lノードに送り、LノードがTxをまとめたブロックを作成します。

その後、生成されたブロックをVノードが検証するのですが、ここでいう検証とは、以下のこと(一部抜粋)を指します。

  1. ブロック内のデータが正しいかどうか
  2. Lノードが作成したかどうか

Vノードは検証後、以上の条件を満たしていたかどうか、投票を行い、Vノードの一定数以上の賛成票があれば、ブロックチェーンにブロックを追加することが可能です。

仮に、一定以上の賛成が得られなければ、ブロックの追加は見送られると考えられます。

LFTの簡単な概要をご紹介しましたが、LFTについて、より詳細に知りたいという方は、以下の参考情報をご覧ください。

LFT:High-Peformance Byzantine Fault Tolerance(韓国語)
ICON Support:A Primer to LFT (Loop Fault Tolerance) Consensus Algorithm(英語)

MoblockでLFTの記事を執筆次第、関連記事として挿入いたします。

Scoreとは、loopchain独自のスマートコントラクト(※)のことで、以下の特徴があります。

  1. 安全性が高い
    基本的なブロックチェーンプロセス(例えばブロックの承認)から切り離された環境で、スマートコントラクトの実行ができるような構造になっているため、スマートコントラクトに不備があっても、ブロックチェーンプロセス(例えばブロックの承認など)に影響はなく、正常に稼働します。
  2. データの更新作業が容易
    スマートコントラクトの記述内容を更新する場合、通常ならデータの移行が必要になるのですが、Scoreではスマートコントラクトの更新時に、データの移行が必要ない構造になってるからだと考えられます。

DEX(Decentralized Exchange)とは、中央管理者が存在せず、ブロックチェーンネットワーク上で、参加者が仮想通貨やトークンのやり取りを、直接する仕組みのことす。

※ちなみに、bitFlyerやCoincheckはCEX(Centralized Exchanges)といわれています。

DEXでは、秘密鍵(仮想通貨を使用するのに必要なもの)を自分で管理したユーザーが、中央管理者を介さず、直接取引をするので、、取引所のハッキングや取引所の倒産などの第三者責任によって、自分が所有する仮想通貨が紛失するリスクが軽減されています。

ICONには、このDEXの機能が実装されていて、異なるブロックチェーン間での資産のやりとりを実現しているのです。(例えば、ICXとETHの交換が可能)

ICONickとは、ICONネットワーク上で使用するウォレットID(ニックネームのようなもの)のことです。

このICONickは、従来の長く複雑なアドレスの代替となるもので、自分でID(例えば、Moblock)をつけることができます。

従来のアドレスは長く複雑で、間違いがないかどうかの確認などが面倒ですが、ICONickならこの手間が解消されるかもしれません。

また、公式HPによると、ICONickは市場で売買することが可能で、人気のあるICONickは、ウェブドメイン(google.co.jpやamazon.com)のように売買されると考えられます。

ICONネットワークは、以下の5つの要素で構成されています。

  1. Community
    同じルールで稼働する複数のノードから成り立つネットワークのことです。
    例)BitcoinやEthereum
  2. C-Node(Community-Node)
    Communityの構成要素で、Communityの仕様変更の際の意思決定に影響を与えます。 マイニングを行うマイナーなども、該当するのではないでしょうか。
  3. C-Rep(Community Representative)
    各Community毎に選出された代表のことを指し、ICON Republicにおいてトランザクションの承認などの、意思決定に投票する権利を持ちます。
  4. ICON Republic
    異なるCommunityを結びつける役割を果たす、コネクターで、C-RepとCitizen Nodeで構成されています。
  5. Citizen Node
    ICON Republicの構成要素で、ICON上DAppsを作成することで誰でもCitizen Nodeとして、ICON Republicに参加することが可能です。ただ、C-Repとは異なり投票権は持たず、取引を行うことしかできないようです。

ICONのロードマップ(将来の計画を表したもの)によれば、ICONの開発チームは、次のような進捗で開発やマーケティングなどの施策を行なっていくようです。

ICONの今後

  1. 第2、3回目の開発会議
  2. DEX内で、メジャーな仮想通貨を取引できるようにする
  3. パートナーシップの拡大
  4. パブリックチャネルの公開
    パブリックチャネルが公開されれば、誰でも自由にDAppsを構築することが可能です。

ICONはまだ、開発段階ですが、パブリックチャネルの公開や、パートナーシップを拡大することに成功すれば、ICONが掲げる分散型ネットワークの実現に近づくことが期待されています。

韓国版イーサリアムと言われている、ICONですが、中国版イーサリアムといわれるNEOも、実際に利用がされてから、一層注目を集めるようになりました。

パートナーシップの拡大が実現するのか、DAppsの構築がされるのかどうか、注目していきたいと思います。

ICXは、Cryptocurrency Market Capitalizations(2018/4/6時点)で確認できるだけでも、以下の15か所の海外取引所で取り扱いがされています。

※ICXを取り扱っている日本の仮想通貨取引所はないため、海外の取引所で購入する必要があります。

Binance Bitbns Bthumb
BuyBitcoin CoinTiger COSS
Gate.io HitBTC Huobi
IDEX LATOKEN OKEx
OOOBTC Rfinex Upbit

中でも、ICXの取引高が多い、上位3つの取引所は以下の通りです。

  1. Binance(バイナンス)
  2. Bithumb(ビッサム)
  3. Huobi(フオビ)

取引高ランキングは、4/10時点のデータに基づいています。

取引高が多いということは、取引の成立が多く、流動性があるということなので、これからICXを購入しようとしている方は、取引高の高い取引所で取引を開始するのがおすすめです。

画像引用元:ICON公式HP

ICXは、ICONの開発チームが提供している、ICONexというウォレットで管理することができます。

ICONexは、現在、PCで管理するデスクトップ型ウォレットのみの対応ですが、今後スマートフォンで管理するタイプのモバイル型のウォレット(Android&iOS)をリリース予定です。

国内では、Mt.Gox(マウントゴックス)社の倒産や、Coincheck(コインチェック)から約580億円相当のネム(XEM)が不正アクセスによって紛失した事件をきっかけに、仮想通貨を取引所ではなく自分のウォレットで安全に管理しようという方が増加しているのではないでしょうか。

ICXをウォレットで管理したいという方は、こちらのICON公式HP:ICONexから作成ください。

最後に、ICONのより詳細な内容を知りたい方や、最新情報をキャッチアップしたいという方向けに、ICONの参考サイトやTwitterアカウントなどをご紹介します。

※紹介するサイトなどは、全て英語のサイトです。

より詳細な内容を知りたい方向け

  1. ICONのWhitepaper
  2. ICONのFAQ
  3. ICONのBlockchain Exploler
  4. ICONの公式HP
  5. ICONのGithub

最新の情報をキャッチアップしたい方向け

  1. ICONの公式ブログ
  2. ICONの公式Twitter

ICONは、コミュニティの分散化を目指したプロジェクトで、ブロックチェーンを活用したコミュニティ間を結びつける役割を果たすのでしたね。

現時点では、ICONは開発段階ですが、活用しているloopchainは、様々なコミュニティで活用されています。

先日は、SBI Ripple Asiaが主導となって発足した、クレジットカード業界コンソーシアム(ブロックチェーン技術等を活用したペイメントカード業界コンソーシアム))にも参加してり、活動の幅を広げていることがわかります。

ICONの今後の発展に注目していきたいと思います。