目次

    全ての目次を見る
  1. 【Ark】Liskをもとに作成された仮想通貨
  2. 【開発目的と基本情報】仮想通貨Ark(アーク)
  3. 【特徴】仮想通貨Ark(アーク)
  4. 【ロードマップ(今後)】仮想通貨Ark(アーク)
  5. 【取引所】仮想通貨Ark(アーク)
  6. 【ウォレット】仮想通貨Ark(アーク)
  7. 【参考情報】仮想通貨Ark(アーク)の最新情報を知りたいなら
  8. 【まとめ】仮想通貨Ark(アーク)
Large 7569622170e03ec4dabe0bf876f3af7c

Arkは、bitFlyerやCoincheckで取り扱いがされている、Liskという仮想通貨をもとに開発されたことや、マイナー通貨(あまり有名でなかったり、時価総額ランキングが低い仮想通貨の総称)として、注目を集めています。

この記事では、

『Arkの概要を知りたい』
『Arkの今後について知りたい』

などの方を対象に、Arkの開発目的や基本情報などの概要に加え、特徴や今後についてご紹介します。

まずは、開発目的と基本情報を確認していきましょう。

Arkとは、Liskをもとに開発され、実用的で、ユーザーが使いやすいブロックチェーン・プラットフォームの提供を目指しています。

特徴の段落で、詳しくご紹介しますが、迅速なブロック(取引)承認の実現や、スマートブリッジなどの機能を活用することで、実用性を確保していると考えられます。

Liskとは、分散型アプリケーション構築のために開発された、ブロックチェーンプラットフォームで、サイドチェーンの活用などの、特徴があります。

独自通貨 ARK
コンセンサスアルゴリズム Delegated Proof of Stake
発行上限 上限なし
ブロック生成間隔 約8秒
公式サイト Arkの公式サイト
ホワイトペーパー Arkのホワイトペーパー

Arkには、以下の特徴があります。

  1. Delegated Proof of Stake
  2. Smart Bridge(スマートブリッジ)
  3. 迅速なブロック承認

では、それぞれの特徴の詳細を、一緒に確認していきましょう。

Delegated Proof of Stakeとは、ビットコインのProof of Wrokと同じ、コンセンサスアルゴリズムの一種で、投票で選ばれた、代表者が承認(作成)したブロックをブロックチェーンに追加することを規定しています。

Delegatedとは、「委任された」、「選出された」という意味を持っています。

Arkでは、Delegated Proof of Stakeに基づいて、ブロックをブロックチェーンに追加しているのですが、 この作業をArkではフォージング(鋳造)といいます。

ビットコインでいう、マイニングです。

【DPoSの一連の流れ】

  1. 代表者に立候補
  2. 代表者の投票
  3. 代表者に当選
    →最大で51人の代表者が選ばれます
  4. 取引をまとめたブロックを作成
  5. 代表者が作成したブロックに署名し、ネットワークに送信
  6. ブロックの追加
    →ブロックの追加に成功したら、2ARKが報酬として受け取れます。

Arkでは、ビットコインやイーサリアムとは異なり、DPoSを採用することで、フォージングコストの削減や、Proof of Stakeでみられる富の集中化の課題を解決していると考えられます。

Arkには、Smart Bridgeという機能があり、異なる規格のブロックチェーン(ビットコインやイーサリアムなど)とArkを接続(橋渡し)します。

Smart Bridgeを活用すれば、Arkのプラットフォーム上から、イーサリアムのスマートコントラクトの実行や、イーサリアムの送金などが実行できるようです。

そして、Arkでは、このSmart Bridgeを活用することで、他のブロックチェーンプラットフォームで利用されている、テクノロジーを統合していくと考えられ、様々なサービスの構築や、課題への対処が可能になっていくと考えられます。

Arkの公式HPによると、今後、Smart Bridgeについてまとめたドキュメンテーションを公開する予定のようです。

詳細がわかりましたら、追記いたします。

Arkの特徴として、ブロックの承認時間、すなわち送金や決済などの、トランザクションの承認時間が早いことが挙げられます。

下の表をご覧ください。

  Ark Bitcoin Ethereum Lisk
ブロック承認時間 約8秒 約600秒 約15秒 約10秒
コンセンサスアルゴリズム DPoS PoW PoW DPoS

Arkのブロック承認時間は約8秒と、BitcoinやEthereumと比較すると早いことがわかります。

このことからも、Arkは、トランザクションの承認時間が早く、実用的(決済や送金に時間がかからない)といえるかもしれません。

Arkのロードマップ(将来の計画を表したもの)によれば、Arkの開発チームは、次のような進捗で開発や、ドキュメントの作成などの施策を行なっていくようです。

Arkの今後

  1. ARK COREの改善
    これは、Arkのトランザクション処理速度や、スケーラビリティの向上やスマートコントラクト導入に向けた準備のためのようです。
  2. VM(仮想マシン)の開発
    VMが開発されれば、ARKでスマートコントラクトを実行することが可能になります。
  3. 複数のプログラミング言の導入
    現在は、javascriptのみですが、PythonやC、Rubyなどを含めた18のプログラミング言語でArkの開発ができるようになると考えられます。

Arkはまだ、開発段階ですが、ARK CoreやVMの開発、プログラミング言語の導入をすれば、ユーザーの増加が期待できます。

また、ここには記載しませんでしたが、パートナーシップの拡大も図っており、拡大に成功すれば、Arkのプロジェクト自体に注目が集まるのではないでしょうか。

Arkは、Cryptocurrency Market Capitalizations(2018/4/13時点)で確認できるだけでも、以下の11か所の海外取引所で取り扱いがされています。

※Arkを取り扱っている日本の仮想通貨取引所はないため、海外の取引所で購入する必要があります。

Aucoins Binance BIt-Z
Bittrex COSS Cryptomate
Cryptopia LiteBit.eu Livecoin
OKEx Upbit

中でも、ARKの取引高が多い、上位3つの取引所(取引高の高い順に記載)は以下の通りです。

  1. Upbit(アップビット)
  2. Binance(バイナンス)
  3. Bittrex(ビットトレックス)

取引高ランキングは、4/13時点のデータに基づいています。

取引高が多いということは、取引の成立が多く、流動性があるということなので、これからArkの取引を始めようとしている方は、取引高の高い取引所で取引を開始するのがおすすめです。

Arkに対応している、公式ウォレットには、PCで管理するデスクトップ型ウォレットと、スマートフォンで管理するタイプのモバイル型のウォレット、紙で管理するペーパーウォレトがあります。

また、Ark公式のウォレトではありませんが、USBのような専用端末で管理する、ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」でも、Arkを管理することが可能です。

国内では、Mt.Gox(マウントゴックス)社の倒産や、Coincheck(コインチェック)から約580億円相当のネム(XEM)が不正アクセスによって紛失した事件をきっかけに、仮想通貨を取引所ではなく自分のウォレットで安全に管理しようという方が増加しているのではないでしょうか。

そんな方は、ウォレットを作成or購入し、Arkを安全に管理することが良いでしょう。

Ledger Nano Sは有料なので、無料のウォレットが良いという方は、こちらのArk公式HPからウォレットを作成ください。ただし、デスクトップウォレットやモバイルウォレットよりは、ハードウェアウォレットの方がArkを安全に管理できるので、ご注意ください。

最後に、Arkのより詳細な内容を知りたい方や、最新情報をキャッチアップしたいという方向けに、Arkの参考サイトやTwitterアカウントなどをご紹介します。

より詳細な内容を知りたい方向け

  1. ArkのWhitepaper(英語)
  2. ArkのGithub
  3. ArkのBlockchain Exploler
  4. Arkの公式HP

最新の情報をキャッチアップしたい方向け

  1. Arkの公式Twitter
  2. Arkの公式Facebook
  3. Arkの公式Reddit(海外版2ch)
  4. Arkの公式ブログ

Arkはブロックチェーンの時代に適した仮想通貨として登場し、ユーザーが使いやすく、実用的なブロックチェーンプロジェクトでしたね。

現時点では、Arkは開発段階で、パートナーシップの拡大を目指している段階なので、今後具体的な活用事例などの、ビジネス的な話が出てくれば、さらにArkへの注目が高まる可能性があります。

現在は、ハードウェアウォレットを提供するLedger社や、Yahoo!Financeを提携しているようなので、今後のパートナーシップの拡大に注目です。