目次

    全ての目次を見る
  1. リップル(XRP)の取引所での購入方法がわからない...
  2. 【2選】リップル(XRP)のおすすめ取引所・販売所
  3. 【bitbank】リップル(XRP)購入におすすめの取引所
  4. 【GMOコイン】リップル(XRP)購入におすすめの販売所
  5. 【bitbank】リップル(XRP)の購入方法
  6. 【GMOコイン】リップル(XRP)の購入方法
  7. 【まとめ】リップル(XRP)の購入方法
Large ripple

リップル(XRP)の注目度に比例して、リップルの取引所に関する記事や情報を目にする機会が増えてきました。

しかし、リップルの取引所の比較をして、いざ購入しようを思うと、購入の仕方がわからないという方が多いようです。

そこで、この記事では、リップルの購入を検討している方に、リップルを買うのにおすすめな国内取引所・販売所2つと、各取引所・販売所でのリップルの購入方法をご紹介します。

取引所と販売所の違い

取引所は、売りたいユーザーと購入したいユーザー間の売買
販売所は、販売所と購入したいユーザー間の売買

サービスを提供していると違いがあります。

また、取引所の方が、販売所よりも手数料が安い(安く仮想通貨を購入できる)、という違いもあります。

理由としては、販売所が設定している手数料(販売手数料)が、取引所の手数料(取引手数料)より高く設定されていることが多いからです。

この記事で紹介する、リップルの取引所・販売所は以下の3つです。

  1. Bitbank(ビットバンク)
    リップルの取引高が日本一の取引所。
    取引高が多いということは、取引の成立が多く、流動性があるということなので、これからリップルの取引を始めようとしている方は、取引高の高い取引所で取引を開始するのがおすすめです。
  2. GMOコイン
    GMOグループが運営する仮想通貨交換業者
    販売所形式なので、取引をしたことないという方には良いかもしれません。

では、各取引所の特徴をまずは見ていきましょう。

bitbankはビットバンク株式会社が運営する取引所で、金融庁の仮想通貨交換業者にも登録されています。

bitbankの特徴

  1. 期間限定で取引手数料無料キャンペーン中
    →2017年10月16日10:00〜2018年6月30日まで
  2. BTCNの運営
    →最新ニュースや技術を紹介するサイトです。
  3. ブロックチェーン大学の運営
    →ブロックチェーンや仮想通貨の普及のために貢献しています。
  4. リップルの取引高が日本一
    →世界でも2位の取引高(※)

定性的な面ではありますが、仮想通貨取引だけではなくブロックチェーンの発展に寄与している点など評価に値するのではないでしょうか。

また、ビットコインの分裂通貨(ビットコインゴールドなど)に対する声明や、コインチェックの事件後のセキュリティ体制の表明など、顧客第一に考えた丁寧な対応が評価されています。

(※)(Cryptocurrency Market Capitalizations)の2018/4/17のデータ参考

GMOは、GMOインターネットグループの子会社、GMOコイン株式会社が運営する仮想通貨交換業者で、金融庁の登録も完了しています。

GMOコインの特徴

  1. 取引所ではなく販売所
  2. Fxツールが使いやすい
     仮想通貨Fx専用のアプリを提供しているのですが、使いやすいと評判です。
  3. テクニカル指標が充実
    →市場の動向を探るために必要な移動平均線やローソク足など。
     今まで、FXや株をやってきた方には、ありがたいですね。
  4. マイニング事業にも参入
     最近はクラウドマイニングの事前受付を開始しました。

GMOコインは、親会社のGMOグループへの信頼感から期待を集めています。

GMOは国内最大級のFx会社の運用もしていることから、Fxで培ったノウハウを仮想通貨取引に生かしているようです。

ここまでで、2カ所の取引所をご紹介してきましたが、好みの仮想通貨取引所は見つかったでしょうか。

次の段落では、2カ所の取引所で、リップルを購入する方法について画像と一緒にご紹介していきます。

※まずは、bitbankでの購入方法をご紹介するのですが、GMOコインでリップルを購入したいという方は、【GMOコイン】リップル(XRP)の購入方法の段落からご覧ください。

bitbankで、リップルを購入する前に、そもそも口座を開設する必要があります。

口座開設手順

  1. 公式HPにアクセス
  2. メールアドレスを入力
  3. 受信したメールからパスワードを設定
  4. 個人情報を入力
  5. 本人確認書類の提出

本人確認が完了しましたら、口座開設が完了です。

※口座は、下のリンクから作成することができます

それでは、bitbankでリップルを購入する方法について説明していきます。
※今回は、スマートフォンを使ったリップルの購入方法をご紹介します。

bitbankでリップルを購入するには、以下、2つのステップをこなすだけで大丈夫です。

購入手順

  1. 日本円の入金
  2. 注文方法の選択

それぞれの、手順を画像と一緒に確認していきましょう。

事前準備

bitbankのアプリをダウンロードした後、以下の画面が表示されるので、赤枠で囲んでいる、XRP/JPYの画面をクリックし、リップルのチャートの画面を表示させてください。

入金は、以下の3つのステップで完了します。 ※本人確認が完了していないと、入金ができないのでご注意ください。

アプリ右上の3本線(ハンバーガーボタン)をクリックし、入出金を選択

入出金を選択すると、以下の画面が表示されるので、日本円を選択してください。

日本円を選択後、ご利用の金融機関を選択し、振込依頼人名義を入力し送金ください。

以上で、入金の手順は完了です。

入金が済んだら、いよいよリップル購入のための、注文をしましょう。

bitbankでリップルを購入するには、(買い)注文をしなければならないので、ますは、ホーム画面で、注文をタップし、以下のページを表示させてください。

画面が表示されたら

⑴成行(なりゆき)注文か、指値(さしね)注文かの選択をしてください。

成行注文とは

成行注文とは、価格を指定せずに注文することで、買いたい通貨(銘柄)と数量のみを指定して注文します。

例えば、

銘柄:リップル(XRP)
数量:1000(XPR)

という感じです。

成行(買い)注文は、その時の最も安い価格で売買を成立させてくれるのですが、急に価格が変動した際などは、想定以上の価格で購入が成立する可能性があるのでご注意ください。

成行注文は、指値注文に優先して売買が成立する。成立しやすいというメリットがある反面、相場変動が大きいときには、意外に高く買ったり、安く売れてしまうというデメリットもある。

野村證券 | 成行注文(証券用語解説集)

では、bitbankで成行注文で、リップルを実際に購入する方法についてご紹介します。

⑴成行注文は数量を指定するだけで可能です。

下の画像のように、購入したい数量(今回は1000XRP)を選択すると、下に予想価格(70,481円)が提示されます。

予想価格を確認し、納得がいったら下の注文ボタンをクリックし、注文を確定させてください。

指値注文とは

指値注文とは、価格を指定して注文することで、買いたい通貨(銘柄)と数量も指定して注文します。

例えば、

価格:100,000
銘柄:リップル(XRP)
数量:1000(XPR)

という感じです。

指値(買い)注文は、自分の指定した価格で購入ができる可能性がある一方、自分の指定した価格と一緒か、それ以下のユーザーが、なかなか現れない場合もあります。

※指値(買い)注文では、自分の希望価格を下回る価格で売りたいユーザーがいれば、そのユーザーとマッチングし、売買が成立します。

この場合、いつまでたっても取引が成立しない可能性があるので、指値(買い)注文する際には、安すぎず、市場の適正価格で注文するのがおすすめです。

では、bitbankで指値注文で、リップルを実際に購入する方法についてご紹介します。

⑴指値注文では、数量と価格を指定ください。

※価格は、自分の購入したい金額全体(例えば7万円)ではなく、1XRPをいくらで購入したいか指定します。

下の画像のように、1リップル(XRP)あたりの購入希望価格(今回は70XRP/JPY)と、数量(1000XRP)を指定してください。

成行注文と同様に、予想価格を確認し、納得がいったら下の注文ボタンをクリックし、注文を確定させてください。

以上で、bitbankで、リップルを購入する方法の紹介を終わりにします。

では、次にGMOコインで、リップルを購入する方法をご紹介します。

GMOコインも、bitbank同様に、リップルを購入する前に、口座を開設する必要があります。

口座開設手順

  1. GMOコイン公式サイトで、メールアドレスを登録
  2. 受信したメールからパスワードを設定
  3. ログイン画面から、ログイン
  4. 電話番号認証
  5. 認証後、口座開設申請
  6. 個人情報入力
  7. 本人確認書類の提出
  8. 郵便物に記載されている認証コードを公式サイトで入力

以上の手順で、口座開設は完了です。

※口座は、下のリンクから作成することができます

それでは、GMOコインでリップルを購入する方法について説明していきます。

GMOコインでリップルを購入するには、以下、2つのステップをこなすだけで大丈夫です。

購入手順

  1. 日本円の入金
  2. 購入金額、数量の決定

それぞれの、手順を画像と一緒に確認していきましょう。

入金は、以下の3つのステップで完了します。 ※本人確認が完了していないと、入金ができないのでご注意ください。

アプリ左上の3本線(ハンバーガーボタン)をクリックし、(日本円)入出金を選択
※仮想通貨の入金も可能ですが、ここでは日本円の入金方法のみご紹介します。
即時入金 or 振込入金を選択

即時入金(ネットからの即時振込)の場合は、ご使用の金融機関を選択し、入金額を指定して送金ください。
※画像にはありませんが、その他の銀行の入金上限は999,999円です。

また、振込入金(コンビニなどから入金が可能です)を希望の方は、指定された銀行名や支店名に振込をしてください。

即時入金(ネットからの即時振込)の場合は、ご使用の金融機関を選択し、入金額を指定して送金ください。
※画像にはありませんが、その他の銀行の入金上限は999,999円です。

また、振込入金(コンビニなどから入金が可能です)を希望の方は、指定された銀行名や支店名に振込をしてください。

以上で、入金は完了です。

入金が済んだら、いよいよリップル購入をしていきましょう。

GMOコインは、販売所、つまり、GMOコインからリップル(XRP)を購入する形式なので、成行や指値などの注文はありません。

リップルの購入は以下のステップで完了します。

アプリ左上の3本線(ハンバーガーボタン)をクリックし、仮想通貨現物売買を選択
※ 最初は、ビットコイン(BTC)の画面が表示されるので、リップルの画面に切り替えてください。購入金額 or 数量どちらを指定するか選択してください。

まずは、金額指定のやり方についてご紹介します。

購入金額指定

やり方は非常にシンプルで、自分の購入したい金額を入力(今回は7万円)し、購入ボタンを押すだけです。

※購入数量が、30XRP(約2100円)〜2000XRP(約20万円)の間になる金額でないと、購入ができないのでご注意ください。

数量指定

やり方は、金額指定の場合とほぼ同じで、購入したいリップルの量を入力(今回は1000XRP)し、購入ボタンを押すだけです。

※購入数量が、30XRP(約2100円)〜2000XRP(約20万円)の間の数量を入力する必要があります。

GMOコインで、リップルを購入する方法に関しては、以上になります。

ここまで、リップルのおすすめ取引所と、購入方法についてご紹介してきました。

リップルを購入したいという方は、

「どこでリップルを購入するか」
「どうやってリップルを購入するか」

理解していただけたでしょうか。

ここまで読んでいただいた方の中には、

「もっといろんな取引所を比較したい」

と、お思いになられている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方は、ぜひ「リップルの国内・海外取引所16選比較」、「リップルの海外取引所7選」の記事をご覧ください。

自分好みの取引所が、見つかるかもしれません。