目次

    全ての目次を見る
  1. 海外取引所でリップル(XRP)を安く買いたい方必見
  2. 【3選】リップル(XRP)のおすすめ海外取引所
  3. 【手数料比較】リップル(XRP)のおすすめ海外取引所
  4. 【取引手数料比較】リップル(XRP)のおすすめ海外取引所
  5. 【入出金手数料比較】リップル(XRP)のおすすめ海外取引所
  6. 【bithumb】リップル(XRP)のおすすめ海外取引所
  7. 【Binance】リップル(XRP)のおすすめ取引所
  8. 【Huobi】リップル(XRP)のおすすめ取引所
  9. 【まとめ】リップル(XRP)海外取引所の手数料比較
Large ripple

1500種類以上ある仮想通貨の中でも、特に注目を集めているリップル(XRP)。

SBIホールディングスがRipple社との共同会社、SBI Ripple Asiaを設立したことや、日本と韓国の銀行間で、リップルを活用した送金実験が行われたことは有名です。

そんなリップルに注目している方の中でも、

『国内取引所だけではなく、海外取引所でも取引がしたい』
『リップルを安く取引できる海外取引所を知りたい』

という方が、この記事にたどり着いたのではないでしょうか。

リップルを安く購入するために、取引手数料について知りたい方は多いと思います。

ただ、取引所(販売所)に現金や仮想通貨を入金する際の手数料や、取引所(販売所)から出金する際の手数料も忘れてはいけません。

そこで、この記事では、リップルを安く購入するために、知っておくべき各取引所の、取引手数料・入出金手数料を比較していきます。

この記事では、Cryptocurrency Market Capitalizationsの中でも、取引高の高く、リップルを購入するのにおすすめな、上位3つの取引所をご紹介します。

ランキング上位6ヶ所の取引所は以下の通りです。

  1. Bithumb
  2. Bitbank
  3. Upbit
  4. Binance
  5. Bitfinex
  6. Huobi


Bitbankは、国内取引所のため
Upbitは、口座開設に、韓国の通信局と契約した電話番号が必要なため
Bitfinexは、1万米ドル(約110万円)相当の資金がないと、取引ができず、初心者向けではないため、ご紹介しません。

この記事で紹介する、リップルの海外取引所は以下の3つです。

  1. Bithumb(ビッサム)
    リップルの取引高が世界一の取引所。
    韓国の三大取引所の一つです。
  2. Binance(バイナンス)
    仮想通貨全体の取引高が世界一の取引所。
    手数料が安いことで有名です。
  3. Huobi(フオビ)
    香港の仮想通貨取引所。
    かつては、中国の三大取引所のひとつといわれていました。

では、これらの取引所・販売所の手数料を比較していきましょう。

まずは、各取引所の手数料早見表をご覧ください。

※表は、横にスライドすることが可能です。

手数料 Bithumb Binance Huobi
売買 0.15% 0.1% 0.2%
入金 無料 無料 記載なし
出金 1XRP 0.25XRP 記載なし

では、この比較表を基に各手数料を考察していきましょう。

おさらいすると、リップルを購入する際におすすめの海外取引所の各手数料は以下の通りでしたね。

  1. Bithumb:0.15%
  2. Binance:0.1%
  3. Huobi :0.2%

これを見る限り、取引手数料はBinanceが一番お得といえますね。

ただ、ここで紹介した取引手数料は、基本手数料で、各取引所には、クーポンや、取引所が独自に発行しているトークンで取引手数料を払うことで、手数料が割引されるのです。

では、割引後の取引手数料もいていきましょう。

割引後の手数料

  1. Bithumb:0.01% ~ 0.07%
  2. Binance:0.05%
  3. Huobi :0.18%~0.1%

割引後の手数料を見る限り、Bithumbが最も取引手数料が安くなる可能性がありますね。

では、取引手数料を比較したところで、各取引所の入出金手数料を比較していきます。

ここで、各取引所の入出金(現金・仮想通貨)をおさらいしておきましょう。

入金手数料

  1. Bithumb
    ・ 仮想通貨:無料
  2. Binance
    ・ 仮想通貨:無料
  3. Huobi
    ・仮想通貨 :記載なし

入金手数料を見る限り、どこも変わらないですね。

※仮想通貨を送金する際の手数料は、自己負担の可能性があるのでご注意くださいのようです。

では、出金手数料はどうでしょうか。

出金手数料

  1. Bithumb
    ・XRP:1XRP
  2. Binance
    ・XRP:0.25XRP
  3. Huobi
    ・記載なし

出金手数料は、Binanceが最もお得ですね。

※Huobiの入出金手数料はわかり次第追加します。

ここまでで、各取引所の手数料をご紹介してきましたが、自分好みの取引所は見つかりましたでしょうか。

取引所を開設する上で、手数料は重要な要素です。

ただ、リップルを購入する上で、手数料以外の基準も重要になるのでは。

最後に、各取引所の特徴を簡単にご紹介していきます。

気になる方はぜひ、ご覧ください。

Bitumbは、韓国の最大取引所のひとつで、割引後の手数料が最もやすかったですね。

以下、Bithumbの特徴になります。

Bithumbの特徴

  1. 日本語対応
  2. クーポンによる手数料割引
  3. 対応通貨数は多くはない
    →全部で17種類

Bithumbは取り扱い通貨が17種類と、BinanceやHuobiと比較して、多くなはいですが、日本人に使いやすい、手数料割引クーポンなどの特徴があります

Binanceは、基本手数料が安かったですね。

以下、Binanceの特徴をご紹介していきます。

Binanceの特徴

  1. 仮想通貨全体の取引高が高い
  2. 基本手数料が安い
  3. 対応通貨数が豊富
    →123種類
  4. 出金制限
    →1日2BTC分まで
  5. レバレッジ取引ができない
  6. 日本語非対応

Binanceは、独自トークンのBNBを活用した手数料割引や毎月1回、上場させるコインを人気投票で決定する「Community Coin of the Month」というイベントを開催しているなどユニークな特徴があります。

Huobiは、日本のSBIグループとの提携が発表されてから、日本でもかなり注目を集めました。
※SBIとの連携は中止になりました。

以下、Huobiの特徴になります。

Huobiの特徴

  1. レバレッジ取引が可能 →12種類のレバレッジ取引が可能
  2. Huobi Tokenによる手数料割引
  3. 分裂通貨への対応がはやい
  4. 日本語対応
  5. 対応通貨数が豊富
    →全部で98種類

Huobiは、リップル含め、12種類(BTC, ETH, BCH, XRP, LTC, DASH, EOS, ETC, OMG, ZEC, QTUM, HSR)の仮想通貨でレバレッジ取引が可能です。

また、ビットコインから分裂して誕生した通貨への対応が早いことで知られています。

リップルを購入する際におすすめの海外取引所に関して、取引手数料、入出金手数料を比較してきましたね。

最後に、各海外取引所の特徴もご紹介したので、自分好みの取引所は見つかったのでは。

ただ、見つかっていない人もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方は、「リップルの海外取引所7選」の記事をご覧ください。

手数料以外にも、対応通貨数などの特徴から、比較しているので、自分好みの海外取引所が、きっと見つかると思います。