目次

    全ての目次を見る
  1. 【はじめに】CoolWallet S(クールウォレット・エス)で仮想通貨を安全に管理
  2. CoolWallet S(クールウォレット・エス)の使い方①初期設定
  3. CoolWallet S(クールウォレット・エス)の使い方②送受信方法
  4. CoolWallet S(クールウォレット・エス)の便利な機能
  5. 【まとめ】CoolWallet S(クールウォレット・エス)の使い方
Large 41ruy4eyvvl

仮想通貨を安全に管理する手段として、ハードウェアウォレットを選択する方が増えてきました。

ハードウェアウォレットは、オフライン環境下で仮想通貨を管理することが可能で、スマートフォンやPCで管理するタイプのウォレットと比較して、ハッキングリスクが低いとされています。

この記事では、台湾にある『CoolBitX社』が販売するハードウェアウォレット「CoolWallet S(クールウォレット・エス)」について、初期設定や使い方をご説明します。

「CoolWallet Sの初期設定方法を知りたい」
「CoolWallet Sでのコイン送受信方法を知りたい」
「CoolWallet Sの便利な機能を知りたい」

など、CoolWallet Sについて上記のような疑問をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

CoolWallet Sの初期設定方法や、受信方法・送金方法などの使い方、設定可能な便利な機能について、分かりやすくご説明します。

(CoolWallet Sの特徴や購入方法、対応通貨などについて知りたい方は、以下の記事をご参考ください)

まずは、CoolWallet Sの初期設定方法からご説明していきます。

購入したCoolWallet Sが手元に届いたら、まずは初期設定が必要です。

【CoolWallet Sの初期設定】

  1. スマートフォンに専用アプリをダウンロード
  2. アプリとCoolWallet Sのペアリングを行う
  3. ウォレットの作成
  4. シード番号の書き留め

初期設定は上記4ステップで完了しますが、初期設定を行う前に、購入したCoolWallet Sの充電をしておきましょう。

ウォレットが充電されていない場合、設定途中で自動的に電源が切れ、作業を始めからやり直す必要が出てくる可能性があるためです。

充電を行ったら、さっそく初期設定手順に入ります。

まずは、お使いのスマートフォンに専用アプリをダウンロードするところからはじめましょう。

CoolWallet Sの専用アプリ「CoolBitX Crypto」は、App StoreまたはGoogle Playから行います。

上記のリンクをクリックするか、以下のQRコードを読み込んでください。

スマホへのアプリインストールが終わったら、CoolWallet S端末とのペアリング認証を行います。


※アプリとCoolWallet SはBluetoothで接続されます。使用する際は、スマートフォンのBluetooth設定がONになっているか確認するようにしてください。

  • ①CoolWallet Sのカードの電源ボタンを長押しして、端末を起動します。
  • ②スマホでCoolWallet Sアプリを初めて開いた時には、CoolWallet Sのシリアルナンバーが問われるので、該当するシリアル番号を選択し、[Connect]をタップしてください。
    ※シリアルナンバーはウォレットの裏側の左上隅にあります。
  • アプリ画面に“Pair with CoolWallet S CWS◯◯◯?”(シリアルナンバー◯◯◯のCoolWallet Sとペアリングしますか?)とメッセージが表示され、その下に数字でワンタイムパスワードが表示されるので、ワンタイムパスワードをCoolWallet Sに入力しましょう。
  • ④ワンタイムパスワードの入力が終わったら、スマートフォンのアプリ画面に表示されている2つのチェックボックスにチェックし、[OK]をタップします。
  • ⑤ペアリング認証が完了すると、スマートフォンのアプリ画面に、「ペアリングパスワード」が表示されるので書き留め、スマートフォン画面の[Pair]ボタンをタップてください。

ここで表示されているペアリングパスワードは、新たにデバイスを追加する際に使用するものです。

ペアリングパスワードは、後からでもスマートフォンアプリ内の「設定」から確認することはできますが、念のためここで控えておきましょう。

  • ⑥CoolWallet Sディスプレイにも“PRESS BUTTON”(ボタンを押してください)とメッセージが表示されているので、ボタンを押します。
  • ⑦“Paired”(ペアリング認証設定は完了したという通知)と表示されたら、ボタンを押してください。

以上で、アプリとCoolWallet Sのペアリングは完了です。

続いて、ウォレットの作成手順をご説明します。

これからご説明するウォレットの作成には、次の作業が含まれます。

  • 作成するウォレットを選択(新規または復元)
  • シード番号の長さを設定
  • 生成されたシード番号の書き留め
  • 書き留めたシード番号の確認入力

最後のシード番号の確認入力では、数字の計算作業が必要になるので、お手元に計算機をご用意ください。

また、ウォレット作成の際は、CoolWallet Sを充電器したまま作業を進めてください。

それでは、手順のご説明にうつります。

ペアリング認証設定後、スマートフォンでアプリを起動すると、下の画像のような新規ウォレット作成画面が表示されます。

「Create」と「Recover」が表示されています。違いは以下のとおりです。

  • Create(作成):新たにウォレットを作成する
  • Recover(復元):シード番号を利用し、既存のウォレットを復元する

今回は初期設定ですので、「Create(作成)」ボタンをタップします。

  • ①“Select the length of the seed”(シードの長さを選択してください)と表示されるので、スライダーを操作し、任意の長さを設定してください。

シードとは、CoolWallet Sデバイスが盗難や紛失した際に、別のCoolWallet Sデバイスでデータを復元する際に必要となる番号です。

設定できるシード番号は、セキュリティレベルに応じて「12桁、18桁、24桁」の3種類です。

シード番号はシステム上でランダムに発行されるものであり、CoolBitX社でコピーを保持することはありません。

複数のバックアップを作成し、第三者に盗難されないよう厳重に管理するようにしてください。

なお、スマートフォンやPCで管理するのはハッキングリスクがあるため、紙に書き留め、人目につかないよう厳重に管理するのがおすすめです。

  • ②アプリの画面に、生成されたシード番号が表示されるので、同梱のリカバリーカードに書き留め、終わったら、[I have written down all numbers](すべての番号を書き留め終えました)のボタンをタップしてください。

ここからは、先ほど表示されたシード番号を正しく記録したかの確認プロセスです。

  • ③“Add up all numbers.”(すべての数字を足し合わせてください)とメッセージが表示されるので、計算機を使って書き留めたすべての数字の合計を入力し、[Verify](検証)ボタンをタップします。
  • ④数字が正しく入力されていれば、ウォレット操作画面に遷移します。

以上で、ウォレットの作成手順は完了です。


参照元:CoolWallet S公式サイトマニュアル
参照元:aQ Inc.CoolWallet Sユーザーマニュアル


CoolWallet Sを使用する準備が整ったところで、CoolWallet Sでコインを送受信する方法をご説明します。

では、CoolWallet Sの 受信方法(他のウォレット→CoolWallet S)と、送信方法(CoolWallet S→他のウォレット)をそれぞれ、確認していきましょう。

  • ①スマートフォンのアプリでウォレットを起動すると、総資産・保有しているコインの残高が表示されるので、受信したいコインをタップします。

※この記事では、例としてビットコイン(BTC)を受信する場合でご説明しますが、他のコインも同じ操作で受信可能です

  • ②ビットコインをタップすると、以下の画面のように、ビットコインの送受信履歴とアドレス一覧が表示されます。(鉛筆アイコンをクリックすると、アドレス名の編集が可能です)
  • ③受信したいアドレスをタップすると、アドレスおよびQRコードが表示されるので、アドレスをコピーして相手へ送信するか、QRコードをリーダーで読み取ってもらい、送信してもらいましょう。

ビットコインを受信する方法は以上になります。

なお、他のコインを受信する場合は、右上の矢印アイコンをタップして切り替えることが可能です。


参照元:CoolWallet S公式サイトマニュアル
参照元:aQ Inc.CoolWallet Sユーザーマニュアル


次に、CoolWallet Sから他のウォレットや取引所の口座に、ビットコインを送信する方法を確認していきましょう。

  • ①ウォレット画面下部のメニューから「Send」(送信)を選択すると、送信画面が表示されるので、送信内容(総金額や宛先)を入力して、間違いがなければ[Send]ボタンをタップしてください。

各欄の詳細は以下のとおりです。

  • [To](宛先):送信先アドレスを入力するか、送信先アドレスのQRコードをスキャンしましょう。
  • [Amount](数量):送信するコインの数量を入力します。MAXボタンをタップすると、アカウントで保有しているすべてのコインを送信できます。
  • [Fee](手数料):自動で計算された送金手数料が表示されます。送金手数料は、手動で変更することも可能です。
  • Total:送金手数料を含めた総額が表示されます。

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨では、手数料が高い方が早く取引が完了する傾向にあります。
ですから、急ぎの送金や決済の際には、手数料を通常より高く調整することで、即時性のある送金を実行することができるようになります。

  • ②送信内容の詳細(合計額)が表示されるので、間違いがなければアプリ画面の[TRANSACTION]をタップし、さらに、CoolWallet S端末のボタンも押してください。。

ビットコインの送信方法の説明は以上になります。

【送信する際の注意事項】

  • 送信時にアプリとカードがペアリングされていることを確認してください。
  • お使いのデバイスがインターネットに接続されていることを確認してください。
  • 手数料は送信時のみ発生します。
  • 支払う手数料が低い場合、送信が完了するまでの時間(相手が受信するまでの時間)は遅くなる可能性があります。

過去の送受信履歴を確認するには、アプリ画面下部のメニューから[History](履歴)をタップすると、送受信をおこなった日時と送受信量を確認することができます。


参照元:CoolWallet S公式サイトマニュアル
参照元:aQ Inc.CoolWallet Sユーザーマニュアル


以上で、CoolWallet Sの使い方に関する説明は終わりとなります。

最後に、CoolWallet Sで設定可能な便利な機能についてご紹介します。

CoolWallet Sで設定することができる、以下の2つの機能についてご紹介します。

  1. ウォッチドッグ機能
  2. 最大3つのデバイスとのペアリング認証設定

一つずつ見ていきましょう。

CoolWallet Sについているウォッチドック機能は、CoolWallet S本体と、ペアリング認証をしたスマートフォンが一定距離以上離れた場合に、紛失防止としてアプリケーションからポップアップ通知をするというものです。

なお、この機能はご利用のデバイスがBluetoothオンで、かつCoolWallet Sのアプリケーションがバックグラウンドモードになっている必要があります。

【設定方法】

CoolWallet Sアプリ画面のメニューから「Security」を選択し、「Enable Watch dog function(ウォッチドッグ機能を有効にする)」のスライダーをONにすれば完了です。


参照元:AQ INC


CoolWallet Sは1枚で最大3つのデバイスとのペアリング認証ができます。

万一、一つのデバイスを紛失したとしても、別のデバイスからCoolWallet Sを操作することが可能です。

【設定方法】

  • ①1台目の初期設定と同様の手順で、追加したい2台目のデバイスとCoolWallet S本体のペアリング認証を行います。
  • ②ペアリング認証を終えた2台目のデバイスとCoolWallet Sとの接続を解除し、すでに設定済みである1台目のデバイスとCoolWallet S本体を接続してください。
  • ③スマートフォンのアプリ画面でメニュー項目を開き、“Host devices”クリックしましょう。
  • ④認証待ちになっているもう1台のデバイスが表示されるので、タップして承認し、再び追加したいデバイスとCoolWallet S本体を接続してください。
  • ⑤アプリ画面に「Host Approved」(ホスト承認)とメッセージが表示されたら[OK]をタップすれば、設定は完了です。

参照元:AQ INC


ここまで、CoolWalletの初期設定、コインの送受信方法、便利な機能について確認してきました。

仮想通貨をオフラインで管理するハードウェアウォレットは、他のウォレットと比較して安全な管理方法といわれています。

しかし、CoolWallet S本体やペアリングパスワードの紛失、送金ミスなど、ハードウェアウォレットで仮想通貨を管理していても、自分のミスで仮想通貨を紛失してしまう可能性があるのでご注意ください。

なお、機能や対応通貨は随時更新されていきますので、必ず公式サイトで最新情報をチェックしてくださいね。