目次

    全ての目次を見る
  1. bitbankでリップル(XRP)を購入する方法とは?
  2. bitbankとは?
  3. 【口座開設】bitbankでリップル(XRP)を購入する方法
  4. 【日本円入金】bitbankでリップル(XRP)を購入する方法
  5. 【購入方法】bitbankでリップル(XRP)を購入する方法
  6. <まとめ>bitbankでリップル(XRP)を購入する方法
Large ripple

リップル(XRP)の注目度に比例して、リップルの取引所や販売所(※)に関する、記事や情報を目にする機会が増えてきました。

この記事にたどり着いた方は、リップルをbitbankで購入したいと思っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、リップルの取引所の比較をしてみて、いざbitbankでリップルを購入しようを思っても、購入の仕方がわからないという方が多数いらっしゃるということでした。

そこで、以下の手順でbitbankでの、リップルの購入方法や購入時の注意点についてご紹介していきます。

  1. 口座開設
  2. 日本円の入金
  3. リップルの購入方法
  4. 購入時の注意点

リップルを買うおすすめの取引所・販売所を知りたいという方は、「リップル(XRP)の購入方法とおおすすめ取引所を紹介」の記事をご覧ください。

(※)取引所と販売所の違いとは?

・取引所:「売りたいユーザー」と「購入したいユーザー」間の売買
・販売所:「販売所」と「購入したいユーザー間」の売買
→bitbankは、取引所に該当します。

ちなみに、取引所の方が、販売所よりも手数料が安い(安く仮想通貨を購入できる)、といわれています。

理由としては、販売所が設定している手数料(販売手数料)が、取引所の手数料(取引手数料)より高く設定されていることが多いからです。

bitbankはビットバンク株式会社が運営する取引所で、金融庁の仮想通貨交換業者にも登録されています。

bitbankが取り扱いう仮想通貨は6種類(ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCC))で、以下の特徴があります。

bitbankの特徴

  1. 期間限定で取引手数料無料キャンペーン中
    →2017年10月16日10:00〜2018年6月30日まで
  2. BTCNの運営
    →最新ニュースや技術を紹介するサイトです。
  3. ブロックチェーン大学の運営
    →ブロックチェーンや仮想通貨の普及のために貢献しています。
  4. リップルの取引高が日本一
    →世界でも2位の取引高(※)
    取引高が多いということは、取引の成立が多く、流動性があるということなので、これからリップルの取引を始めようとしている方には、良いかもしれませんね。

定性的な面ではありますが、仮想通貨取引だけではなくブロックチェーンの発展に寄与している点など評価に値するのではないでしょうか。

また、ビットコインの分裂通貨(ビットコインゴールドなど)に対する声明や、コインチェックの事件後のセキュリティ体制の表明など、顧客第一に考えた丁寧な対応が評価されています。

(※)(Cryptocurrency Market Capitalizations)の2018/5/2のデータ参考

では、bitbankの特徴を確認したところで、リップルを購入する方法を、一緒に確認していきましょう。

bitbankの口座をまだ持っていない方は、リップルを購入する前に、まずは口座を開設しましょう。

【口座開設手順】

  1. biutbank公式サイトにてメールアドレスを登録
  2. 基本情報を入力
  3. 本人確認書類(パスポートや免許証)をアップロード
  4. 電話番号二段階認証
  5. 郵便物に記載されている暗唱番号を公式サイトで入力
  6. 口座開設完了

以上の手順で、口座開設は完了です。

※口座は、下のリンクからも作成することができます

【事前準備】

bitbankのアプリをダウンロードした後、以下の画面が表示されるので、赤枠で囲んでいる、XRP/JPYの画面をクリックし、リップルの画面を表示させてください。

口座を開設したら次に、その口座に日本円を入金します。

入金は、以下の2つのステップで完了します。
※本人確認が完了していないと、入金ができないのでご注意ください。

画面右上の3本線(ハンバーガーボタン)をクリックし、【入出金】を選択
入出金を選択後、【日本円】をタップ
日本円を選択後、金融機関を選択し、振込依頼人名義を入力し送金

※仮想通貨の入金も可能ですが、今回は日本円の入金方法のみご紹介します。

では、以上のステップを画像と一緒に確認していきましょう。

画面左上の3本線(画像の赤枠部分)をクリック

以下の画面が表示されるので、【入出金】を選択しましょう。

⑵ 入出金を選択すると、以下の画面が表示されるので、【日本円】を選択してください。

⑶ 日本円を選択後、ご利用の銀行・ATMから該当の銀行口座と振込額を指定し、振込を行って下さい。

入金が完了すると、登録メールアドレス宛に、入金完了メールが届きます。

再度ログインして、日本円入金が完了したことを確認しましょう。

入金手数料は無料ですが、振込手数料は負担になります。

●入金の反映を早めるには?

振込の際に振込名義人の前に9桁のアカウントID(画面右上の3本線(ハンバーガーボタン)をクリックし、登録情報から確認できます)を記載すると、即時反映がされるようです。

アカウントIDの記載がない場合、入金の反映に時間がかかるようなので、振込の際にはID入力をしてみてはいかがでしょうか。

気になる方はbitbank公式HP:入金方法をご確認ください。

以上で、入金は完了です。

入金が完了したら、いよいよリップルを購入していきましょう。

bitbankでリップルを購入するには、(買い)注文をしなければならないので、ますは、ホーム画面で、注文をタップしてください。

画面が表示されたら

成行(なりゆき)注文か、指値(さしね)注文かの選択をしてください。

成行注文とは、価格を指定せずに注文することで、買いたい通貨(銘柄)と数量のみを指定して注文します。

例えば、

銘柄:リップル(XRP)
数量:1000(XPR)

という感じです。

成行(買い)注文は、その時の最も安い価格で売買を成立させてくれるのですが、急に価格が変動した際などは、想定以上の価格で購入が成立する可能性があるのでご注意ください。

成行注文は、指値注文に優先して売買が成立する。成立しやすいというメリットがある反面、相場変動が大きいときには、意外に高く買ったり、安く売れてしまうというデメリットもある。

野村證券 | 成行注文(証券用語解説集)

予想価格を確認し、納得がいったら下の注文ボタンをクリックし、注文を確定させてください。

マイヘージでリップルが購入できているか確認しましょう。

①成行注文でリップルを購入する方法

まず、現在取引価格での購入にあたる【成行注文】の方法を確認していきます。

成行注文は数量を指定するだけで可能です。

下の画像のように、購入したい数量(今回は100XRP)を選択すると、下に購入予想価格(9247円)が提示されます。

指値注文とは、価格を指定して注文することで、買いたい通貨(銘柄)と数量も指定して注文します。

例えば、

価格:100,000
銘柄:リップル(XRP)
数量:1000(XPR)

という感じです。

指値(買い)注文は、自分の指定した価格で購入ができる可能性がある一方、自分の指定した価格と一緒か、それ以下のユーザーが、なかなか現れない場合もあります。

※指値(買い)注文では、自分の希望価格を下回る価格で売りたいユーザーがいれば、そのユーザーとマッチングし、売買が成立します。

この場合、いつまでたっても取引が成立しない可能性があるので、指値(買い)注文する際には、安すぎず、市場の適正価格で注文するのがおすすめです。

では、bitbankで指値注文で、リップルを実際に購入する方法についてご紹介します。

②指値注文でリップルを購入する方法

指値注文では、数量と価格を指定ください。

※価格は、自分の購入したい金額全体(例えば7万円)ではなく、1XRPをいくらで購入したいか指定します。

下の画像のように、1リップル(XRP)あたりの購入希望価格(今回は95XRP/JPY)と、数量(100XRP)を指定してください。

成行注文と同様に、予想価格を確認し、納得がいったら下の注文ボタンをクリックし、注文を確定させてください。

bitbankで、リップルを購入する方法の紹介は以上になります。

bitbankでの、リップル(XRP)の口座開設方法から購入方法についてご紹介してきました。

リップルを購入したいという方は、

「どうやってbitbankでリップルを購入するか」

ということを、理解していただけたでしょうか。

ここまで記事を読んでいただいた方の中には、「もっといろんな取引所を比較したい」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方は、ぜひ海外版、国内版の「リップルの販売所の手数料・スプレッド・入出金手数料比較」などの記事をご覧ください。

自分好みの取引所・販売所が、見つかるかもしれません。