目次

    全ての目次を見る
  1. セキュリティの高いペーパーウォレット
  2. 【概要】ペーパーウォレットとは
  3. 【特徴】ペーパーウォレットとは
  4. 【注意点】ペーパーウォレットとは
  5. 【サービス紹介】ペーパーウォレットとは
  6. 【まとめ】ペーパーウォレットとは
Large young woman thinking with blackboard 487756038 1245x846

国内では、Mt.Gox(マウントゴックス)社の倒産や、Coincheck(コインチェック)から約580億円相当のネム(XEM)が不正アクセスによって紛失した事件をきっかけに、仮想通貨を取引所ではなく自分のウォレットで安全に管理しようという方が増加し、ウォレットへの注目が集まっています。

中でも、この記事にたどり着いた方の中には、

「セキュリティが優れていると噂の、ペーパーウォレットとは何か知りたい」
「ペーパーウォレットと他のウォレットの何が違うのか知りたい」
「具体的なペーパーウォレットのサービスを知りたい」

など、様々な疑問を抱えているのではないでしょうか。

そこで、ペーパーウォレットの基本情報や特徴などの、概要や作り方、ビットコインやリップルなどのペーパーウォレットについてご紹介します。

ちなみに、仮想通貨のウォレットには、一般的に以下の5つの種類があります。

  1. デスクトップウォレット
    →PCに専用のソフト(アプリ)をインストールして使用するウォレット
  2. モバイルウォレット
    →iPhoneやAndroidでアプリをダウンロードすることで使用するウォレット
  3. ウェブウォレット
    →インターネット上に、ウォレットのアカウントを開設して使用するウォレット
  4. ハードウェアウォレット
    →USBのような、専用端末で仮想通貨を管理するウォレット
  5. ペーパーウォレット
    →仮想通貨を使用するのに必要な情報を、紙に印刷して使用するウォレット

ペーパーウォレットとは、仮想通貨を使用するのに必要な、秘密鍵やアドレスなどの情報を、紙に印刷して管理するウォレットのことで、仮想通貨を長期保有する方におすすめです。

ちなみに、アドレスとは『預金通帳』、秘密鍵とは『暗証番号』のようなもので、仮想通貨を使用するのに必要です。

ペーパーウォレットで、仮想通貨自体を管理しているわけではないので、ご注意ください。

では、ペーパーウォレットには、どのような特徴(メリット・デメリット)があるのでしょうか。

次の段落で確認してみましょう

ペーパーウォレットには、以下の特徴があります。

メリット

  1. オフライン環境で仮想通貨を安全に管理可能
  2. 無料で作成が可能

デメリット

  1. 湿気や火気に弱い
  2. 紛失時に復元ができない
  3. 盗難時のセキュリティが弱い

では、それぞれの特徴を一緒に確認していきましょう。

ペーパーウォレットでは、仮想通貨(秘密鍵やアドレス)をオフライン環境下で安全に管理することが可能です。

初期作成時など、インターネットに接続する場合もありますが、一度ペーパーウォレットに送金をしたら、あとはインターネットから切り離した状態で、仮想通貨を管理できます。

オフライン環境下で、仮想通貨を管理するということは、ハッキングリスクがないということなので、インターネットに常時(頻繁に)接続している、ウェブウォレットやデスクトップウォレットと比較すると、仮想通貨を安全に管理できるのです。

ちなみに、ハードウェアウォレットもオフライン環境下で仮想通貨を管理します。

ペーパーウォレットは普通、無料で作成することができます。

ペーパーウォレットの他に、管理用のウォレットとして人気のハードウェアウォレットは値段が1万円近くします。

ハードウェアウォレットと比較すると、ペーパーウォレットはコストがかからないので、お得ですね。

では、メリットを確認したところで、デメリットを確認していきましょう。

ペーパーウォレットは紙なので、その材質上、湿気や火気に弱く、破損(文字が読み取れなくなったり、破れたり)しやすいのが難点です。

劣化によりペーパーウォレットが使い物にる流可能性は、十分考えられますので、ペーパーウォレットは複数印刷して、大切に管理するのが良いでしょう。

ペーパーウォレットを紛失してしまうと、データ(秘密鍵やアドレス)を復元することができません。

そのため、秘密鍵とアドレスを印刷した紙は、複数箇所で保管するなど、紛失時に備えるようにしましょう。

※ハードウェアウォレットには、復元ワード(リカバリーフレーズ)があるため、万一ハードウェアウォレットをなくしたとしても、別の端末からデータを復元することができます。

ペーパーウォレットでは、紙に秘密鍵を直接印刷しているため、本体自体のセキュリティは極めて弱いです。

同じ管理用のハードウェアウォレットでは、デバイス本体にPINコード(暗証番号)を設定することが可能で、ハードウェアウォレット本体が盗まれてもPINコードが知られていない限り、悪用される心配はありません。

ペーパーウォレットで、仮想通貨を管理するのは、確かに安全ですが、絶対に安心ではないので、ご注意ください。

先ほど、ご紹介した、湿気や火気が原因となる破損、紙本体のセキュリティの弱さに加え、PCがウィルスに感染していたことによる秘密鍵の紛失など、ペーパーウォレットで管理している仮想通貨が紛失するリスクは存在します。

これは、ペーパーウォレットに限った話ではありませんが、仮想通貨のウォレットが必ず安全というわけではないので、ご注意ください。

ここまでで、ペーパーウォレットの概要を理解した方で、実際にペーパーウォレットで、自分が保有する仮想通貨を管理したいという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

次の段落では、そんな方を対象に、国内で人気のビットコインやイーサリアム、リップルのペーパーウォレットサービスと、作成方法をご紹介します。

代表的な仮想通貨のペーパーウォレットのサービスは以下の通りです。

  1. ビットコイン
    bitaddress.org 公式ページ
  2. イーサリアム
    MyEtherWallet
    ※MyEtherWalletはデスクトップウォレットとしても使用することができます。
  3. リップル
    ripply-paper-wallet
  4. ビットコインキャッシュ
    BitcoinCash Paper Wallet Generator
  5. ライトコイン
    liteaddress.org

以上、ペーパーウォレットについて、概要や注意点、具体的なサービスを紹介してきましたが、ペーパーウォレットウォレットとは何か、理解することはできましたでしょうか。

これまで紹介した内容を振り返ってみたいと思います。

  1. セキュリティが優れている
    ただし、絶対に安全というわけではないので注意が必要
  2. 無料で作成が可能
  3. 湿気や火気に弱い
  4. 紛失時に復元ができない

ペーパーウォレットは、絶対に安全というわけではありませんが、取引所やオンラインウォレットと比較すると安全なので、自分の目的・用途にあったものを持っておくのは良いかもしれません。

また、モバイルウォレットやデスクトップウォレットなど、普段使い用のウォレットと併用するのも良いかもしれません。