目次

    全ての目次を見る
  1. 仮想通貨のウォレットは5種類ある
  2. モバイルウォレットとは
  3. 【特徴】モバイルウォレットとは
  4. 【注意事項】モバイルウォレットとは
  5. 【サービス紹介】モバイルウォレットとは
  6. 【まとめ】モバイルウォレットとは
Large https   www.pakutaso.com shared img thumb bitcoinpaku5994

国内では、Mt.Gox(マウントゴックス)社の倒産や、Coincheck(コインチェック)から約580億円相当のネム(XEM)が不正アクセスによって紛失した事件をきっかけに、仮想通貨を取引所ではなく自分のウォレットで安全に管理しようという方が増加し、ウォレットへの注目が集まっています。

中でも、この記事にたどり着いた方の中には、

「利便性が優れている、モバイルウォレットについて知りたい」
「モバイルウォレットと、他のウォレットの何が違うのか知りたい」

など、様々な疑問を抱えているのではないでしょうか。

そこで、モバイルウォレットの特徴や仕組みなどの概要や、ハモバイルウォレットの使用時の注意点などの情報を網羅的にご紹介します。

ちなみに、仮想通貨のウォレットには、一般的に以下の5つの種類があります。

  1. デスクトップウォレット
    →PCに専用のソフト(アプリ)をインストールして使用するウォレット
  2. モバイルウォレット
    →iPhoneやAndroid対応のスマートフォンで、アプリをダウンロードすることで使用するウォレット
  3. ウェブウォレット
    →インターネット上に、ウォレットのアカウントを開設して使用するウォレット
  4. ハードウェアウォレット
    →USBのような、専用端末で仮想通貨を管理するウォレット
  5. ペーパーウォレット
    →仮想通貨を使用するのに必要な情報を、紙に印刷して使用するウォレット

モバイルウォレットとは、仮想通貨を使用するのに必要な、秘密鍵やアドレスなどの情報を、スマートフォンのアプリで管理する(※1)ウォレットのことです。

モバイルウォレットで、仮想通貨自体を管理しているわけではないので、ご注意ください。

秘密鍵とは、仮想通貨の所有者だけが知っている文字列のことで、銀行口座でいう暗証番号に当たります。仮想通貨を使用する際には必ず必要です。

アドレスとは、仮想通貨を使用する際の、銀行口座のようなものです。

仮想通貨自体は、ブロックチェーンなどの台帳で管理されているのですが、秘密鍵とアドレスがあることで、仮想通貨の使用権が証明され、仮想通貨を使用することができます。

先ほど挙げた、5つのウォレットの中で、最も決済や送金など、普段使いに適していると言われているのがモバイルウォレットです。

では、なぜ使いやすいといわれているのか、また、他に特徴はないのでしょうか。

次の段落で、モバイルウォレットの特徴をご紹介します。

(※1)bitFlyerやCoincheckなどの取引所も、スマートフォン向けのアプリを提供していますが、それらはモバイルウォレットではなく、ウェブウォレットに分類されます。

取引所のアプリでは、残高の確認や取引が行えますが、秘密鍵をスマートフォンでは管理していません。

勘違いしやすいポイントなので、理解しておきましょう。

モバイルウォレットには、以下の特徴があります。

メリット

  1. 持ち運びがしいやすい
  2. 実店舗での支払いがしやすい
  3. 無料で作成が可能

デメリット

  • セキュリティが高い訳ではない

では、それぞれの特徴を一緒に確認していきましょう。

モバイルウォレットは、PCで管理するタイプのデスクトップウォレットに比べて、持ち運びがしやすいという特徴があります。

さらに、デスクトップウォレットは、Wifiが必要で、外では使用できない場合があるので、外に持ち運びがしやすく、使いやすいのはモバイルウォレットといえるのではないでしょうか。

※管理用のハードウェアウォレットやペーパーウォレットは、持ち運びがしにくいという訳ではありません。

モバイルウォレットは、他のウォレットと比較して、実店舗での支払いがしやすいです。

実店舗での支払いでは、店舗のQRコードを読み取って支払いをするケースが多い傾向にあります。

PCでも、QRコードを読み取ることはできますが、外に持ち運ぶのは不便ですよね。

ですから、モバイルウォレットが、実店舗での支払いに向いていると考えられるのです。

モバイルウォレットは、Google PlayApp Storeから、アプリを無料でダウンロードすることが可能です。

5種類のウォレットのうち、ハードウェアウォレットが1万円前後の価格ということを考えると、無料で使用できるというのは、メリットといえます。

モバイルウォレットは、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットと比較すると、セキュリティが高いという訳ではありません。

ハードウェアウォレットやペーパーウォレットは、オフライン環境下で安全に秘密鍵やアドレスを管理しています。

しかし、モバイルウォレットは、オンライン環境下で秘密鍵を管理しているためハッキングリスクがあります。

もちろん、モバイルウォレットを提供している企業も、セキュリティには最新の注意を払っていますが、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットと比較すると、セキュリティは劣ります。


ここまで記事をご覧の方の中には、モバイルウォレットの使用を検討・決断している方もいらっしゃるのでは。

次の段落では、モバイルウォレットを使用する前に知っておくべき注意点と、人気の仮想通貨のモバイルウォレットサービスをご紹介します。

モバイルウォレットの利用を考えている方は、ぜひご覧ください。

モバイルウォレットを利用する前に、以下の注意点を理解しておきましょう。

  • バックアップをとる

液晶画面の破損や盗難・紛失が原因で、スマートフォンを買い換えることはあるかと思います。

新しいスマートフォンでもデータを復元できるよう、バックアップはとるようにしましょう。

モバイルウォレットでは、通常復元フレーズという、バックアップ用の単語が与えられるのですが、その単語があれば、別のスマートフォンでもデータを復元することが可能です。

万一、メモを取らずに復元フレーズを忘れてしまうと、データが復元できず、自分の仮想通貨を紛失することになるので、しっかりメモを取り、大切い保管してください。

代表的な仮想通貨のモバイルウォレットのサービスは以下の通りです。

  1. ビットコイン
    Copay
  2. イーサリアム
    Jaxx
  3. リップルToast Wallett
  4. ライトコイン
    LoafWallet

以上、モバイルウォレットについて、概要や注意点、具体的なサービスを紹介してきましたが、モバイルウォレットとは何か、理解することはできましたでしょうか。

これまで紹介した内容を振り返ってみたいと思います。

  1. 最も使いやすいウォレット
  2. 無料で作成可能
  3. バックアップは必ず取る

モバイルウォレットは、絶対に安全というわけではありませんが、取引所やオンラインウォレットと比較すると安全なので、自分の目的・用途にあったものを持っておくのは良いかもしれません。

また、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットなど、管理用のウォレットと併用するのが良いかもしれません。