目次

    全ての目次を見る
  1. Binance(バイナンス)のリップル(Ripple/XRP)購入方法とは?
  2. Binance(バイナンス)とは?
  3. 【Binance(バイナンス)】①口座開設方法
  4. 【Binance(バイナンス)】②入金方法
  5. 【Binance(バイナンス)】③リップル(Ripple/XRP)の購入方法
  6. <まとめ>Binance(バイナンス)のリップル(Ripple/XRP)購入方法とは?
Large ripple

リップル(Ripple/XRP)の注目度に比例して、リップルの取引所や販売所(※)に関する、記事や情報を目にする機会が増えてきました。

この記事にたどり着いた方は、リップルをBinance(バイナンス)で購入したいと思っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、リップルの取引所の比較をしてみて、いざBinanceでリップルを購入しようを思っても、購入の仕方がわからないという方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、以下の手順でBinanceでのリップルの購入方法についてご紹介していきます。

  1. 口座開設
  2. Binanceへの入金方法(アドレスの表示方法)
  3. リップルの購入方法

リップルを買うおすすめの取引所を知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

(※)取引所と販売所の違いとは?

・取引所:「売りたいユーザー」と「購入したいユーザー」間の売買
・販売所:「販売所」と「購入したいユーザー間」の売買
→Binanceは取引所にのみ対応しており、ユーザー間の取引でリップルを購入することができます。

ちなみに、取引所の方が、販売所よりも手数料が安い(安く仮想通貨を購入できる)、といわれています。

理由としては、販売所が設定している手数料(販売手数料)が、取引所の手数料(取引手数料)より高く設定されていることが多いからです。

リップルの購入方法の手順を確認する前に、少しだけBinance(バイナンス)についておさらいしておきましょう。

Binance(バイナンス)は、香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。

Binaneの特徴

  1. 仮想通貨全体の取引高が高い(※1)
  2. 手数料が安い
    →取引手数料は一律0.1%(独自のBNB通貨を使って手数料を支払うと、手数料が割引になる)(※2)
  3. 上場させるコインを人気投票で決定する
  4. ハードフォークにより派生した通貨の付与に積極的に関与
  5. 取り扱っているコインの数が多い
    →2018年5月14日現在、126種類の通貨に対応している(※1)

(※1)参考:CoinMarketCap
(※2)参考:BINANCE Whitepaper :BNB Value & Repurchasing Plan, p.9

Binanceの特徴を確認したところで、Binanceでリップルを購入する方法を、一緒に確認していきましょう。

Binanceの口座をまだ持っていない方は、リップルを購入する前に、まずは口座を開設しましょう。

【口座開設手順】

  1. Binance公式サイトで、メールアドレスとパスワードを登録
  2. 受信したメールのURLをクリック

※画像引用元:Binance公式サイト:Register

以上でアカウントの登録は完了で、Binanceでの取引が可能になります。

(1日2BTC以上の額を、出金(送金)する場合は、その他に本人確認資料を提出する必要があります)

口座を開設したら次に、その口座に仮想通貨を入金し、リップルを購入する準備をしましょう。

まず初めに注意点ですが、Binanceでは、日本円の直接入金や、出金を受け付けていません。

手持ちのウォレット、または口座開設済の取引所で仮想通貨を購入(※)し、Binanceへ送金する必要があります。

Binanceでは、ビットコイン (BTC)で、リップルを購入(取引)することができるので、この記事では、ビットコインをBinnanceに送金する方法をご紹介します。

(※)国内の取引所/販売所で購入する方法は、以下の記事をご参考ください。

①トップページの上部にある「Funds」にを選択し、「Balances」をクリックします。

②Binanceが取り扱っている通貨が一覧に表示されますので、この中からビットコイン (BTC)を探し、右側にある「Deposit」をクリックします。

③以下のようにビットコイン (BTC)の入金用のアドレスやQRコードが表示されます。

表示されたアドレス宛に、お手持ちのウォレットや取引所からビットコインを送金してください。

Binanceにビットコインを送金したら、いよいよリップルを購入していきましょう。

①まずはじめに、トップページからトレードする通貨を選択します。
ビットコインでリップルを購入するので「BTC Markets」を選択し、「XRP/BTC」をクリックしてください。

②そうすると以下のような取引画面が表示されます。

「購入画面」の「Limit(指値注文)」または「Market(成行注文)」を選択します。(※) 

  • Limit(指値注文)の場合
    「Price(購入したい価格)」「Amount(購入数量)」を入力したら、「Buy XRP」をクリックする。
  • Market(成行注文)の場合
    「Amount(購入数量)」を入力したら、「Buy XRP」をクリックする。

取引が成立すれば、購入完了です。

取引画面の説明

【赤枠】
売買で使用する画面は、基本的に左側の売り板(売りの注文が表示される板)と買い板(買い注文が表示される板)、中央の下の購入画面と売却画面のみです。

【青枠】
Limit(指値注文)とMarket(成行注文)が選択できます。(※)

【黒枠】
「25%、50%、75%、100%」は、保有資産の何%で売買するかを選択することができ、選択すると自動でそのパーセンテージ分の数量が入力されます。

(※)Limit(指値注文)とは?
指値注文とは、価格を指定して注文することで、買いたい通貨(銘柄)と数量を指定して注文します。
(例)・価格:100,000
   ・銘柄:リップル(XRP)
   ・数量:1000(XRP)
指値注文は、自分の指定した価格で購入ができる可能性がある一方、希望の価格で売却するユーザーが現れず、いつまでも取引が成立しない可能性があります。指値注文をする際には、安すぎず、市場の適正価格で注文するのがおすすめです。

(※)Market(成行注文)とは?
成行注文とは、価格を指定せずに注文することで、買いたい通貨(銘柄)と数量のみを指定して注文します。
(例)・銘柄:リップル(XRP)
   ・数量:1000(XRP)
成行注文は、その時の最も安い価格で売買を成立させてくれるのですが、急に価格が変動した際などは、想定以上の価格で購入が成立する可能性があるのでご注意ください。

Binance(バイナンス)の口座開設方法から、リップル(Ripple/XRP)の購入方法までをご紹介してきました。

ここまで記事を読んでいただいた方の中には、もっといろんな取引所を比較したい、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方は、ぜひ海外版、国内版の「リップルの販売所の手数料・スプレッド・入出金手数料比較」の記事をご覧ください。

自分好みの取引所・販売所が、見つかるかもしれません。