目次

    全ての目次を見る
  1. 仮想通貨のイベントまとめサイト4選
  2. 仮想通貨のイベントまとめサイト①【Coin market cal】
  3. 仮想通貨のイベントまとめサイト②【Coindar】
  4. 仮想通貨のイベントまとめサイト③【COINCALENDAR.cc】
  5. 仮想通貨のイベントまとめサイト④【Coincalender】
  6. 【まとめ】仮想通貨のイベントを把握するには?
Large bitcoin logo

投資商品として注目を集めている仮想通貨。

今後価格にプラスに働くような、機能実装やミートアップなどのイベントを押さえておきたいという方の中で、どのサイトでイベントを確認すれば良いのかわからないという方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、仮想通貨のイベントをまとめているサイトを4つ選出し、それぞれのサイトの特徴をご紹介します。

仮想通貨の種類は1,500種類を超え、さまざまな情報がある中で相場に影響を及ぼすようなイベント全て把握することは困難ですが、仮想通貨のイベントをまとめているサイトがあります。

本記事では、仮想通貨イベントまとめサイトの更新率の高さに着目し、さらに公式Twitterアカウントでも情報を共有している、以下の仮想通貨イベントまとめサイトをご紹介します。
(以下のサイトはすべて、英語表記です)

  1. Coin market cal
  2. Coindar
  3. COINCALENDAR.cc
  4. Coincalender

いずれのサイトも、ユーザーがイベントを追加するシステムになっています。

それでは、これらのサイトの詳細を確認していきましょう。

画像引用元 https://coinmarketcal.com/

Coin market calの特徴

  • チャートから過去のイベントを確認することができる
    イベントがあった時期がチャート上で表示され、そのイベントが通貨の相場にどのような影響を与えたのかを確認することができる。
  • メール通知機能がある
    アドレスを登録すると、登録した仮想通貨のイベント情報をメールで告知してくれる。
  • 投稿されたイベントに対する投票機能がある
    投稿されたイベントは信憑性のある情報なのか、嘘の情報なのかをユーザーが投票することができる。
  • イベントを追加することで報酬が得られる
    実際にイベントを追加したことがないのでわかりませんが、追加するイベントをCoin market calに伝える時に、【Your reward address(報酬用アドレス)】の入力ボックスがあることから、正確なイベントを報告すれば報酬がもらえると考えられます。

画像引用元:Coin market cal:Add event

Coin market calは、各イベントのソースや詳細がきちんと表示されており、ユーザーの投票によってその情報の真偽を、判断できるシステムになっています。

イベントのソースも確認したいという方にオススメのサイトです。

また、トップページはその日に行われるイベントが一覧で表示され、デザインもシンプルで見やすく設計されています。

画像引用元 https://coindar.org/en

【Coindarの特徴】

  • イベントが「発表された日」からの価格変動を確認することが可能
    今後予定されるイベントが「発表された日」から「現在」までの価格変動が%で表示されており、イベントの告知が相場に与えたであろう影響を確認することができる。(本当にそのイベントが価格に影響を与えたかどうかはわからないので、参考情報程度に考えるのが良いかもしれません)
  • イベントの追加にはEmailアドレスの登録が必要
    イベントの信憑性を高めるため、イベントの追加はオーナーの権限が必要で、アカウントを作成する必要があります。⇨公式情報はこちら
  • カレンダーとの連携が可能
    自身のカレンダー(Apple カレンダー、Googleカレンダー、Outlook、Yahooカレンダーなど)にイベントを追加することができる。
  • 投稿されたイベントに対する投票機能がある
    投稿されたイベントの真偽を判断するため、アカウント登録をしたユーザーが投票することが可能。

Coindarでは、今あげた特徴に加えて、先ほど「Coin market cal」でご紹介した、過去のチャートからイベントを確認することができる機能も備えています。

また、イベントの追加に制限があり、さらに信憑性を確認するための投票機能を設けるなど、情報の正確性にこだわっていると考えられます。

画像引用元 https://www.coincalendar.cc/

【COINCALENDAR.ccの特徴】

  • 投稿されたイベントに対する投票機能がある
    投稿されたイベントは信憑性のある情報なのか、嘘の情報なのかをユーザーが投票することができる。
  • メール通知機能がある
    アドレスを登録すると、各イベントの情報をメールで告知してくれる。
  • イベントを追加することで報酬が得られる
    実際にイベントを追加したことがないのでわかりませんが、追加するイベントをCOINCALENDAR.ccに報告する時に、【Contributor`s Wallet Address(貢献者のウォレットアドレス)】の入力ボックスがあることから、正確なイベントを報告すれば報酬がもらえると考えられます。報酬はイーサリアムとビットコインでもらうことができます。

画像引用元 https://www.coincalendar.cc/

COINCALENDAR.ccでは、気になる通貨のイベントに関連する、過去のイベントの詳細もまとめて表示してくれるサイトです。

先に紹介した、Coin market calやCoindarでは、その日のイベントのみ表示してくれるので、人によっては、COINCALENDAR.ccは見辛いと思う方もいるかもしれません。

画像引用元 http://www.coincalendar.info/

【Coincalenderの特徴】

  • シンプルな設計
    各月ごとにイベントが羅列してあるので、シンプルでわかりやすい
  • カレンダーとの連携が可能
    自身のGoogleカレンダーにイベントを追加することができる。
  • イベントの情報が少ない

COINCALENDARは、とてもシンプルなイベントの情報のまとめサイトです。

ただ、先に挙げた3つのサイトで紹介されていたイベントが紹介されていないこともあり、掲載しているイベントが少ないという印象を受けました。

仮想通貨のイベントをまとめている4つのサイトの特徴をご紹介しました。

ご紹介したサイトは、更新率も高く、公式Twitterアカウントでも情報を共有しています。

仮想通貨関連のイベントは数多く、イベントの内容次第では相場に影響を与える可能性もあるので、注目している通貨のイベントは把握しておきたいという方には、今回ご紹介したサイトは良いかもしれません。

また、このようなイベントのまとめサイトではなく、気になっている仮想通貨の公式HPやブログなど、1次ソースを自分でリサーチするのも良いでしょう。