目次

    全ての目次を見る
  1. ビットコイン(BTC)のおすすめの購入方法がわからない...
  2. 【2選】ビットコイン(BTC)の購入におすすめの国内取引所
  3. 【bitbank】ビットコイン(BTC)の購入におすすめの取引所
  4. 【bitFlyer】ビットコイン(BTC)の購入におすすめの販売所
  5. 【bitbank】ビットコイン(BTC)のおすすめ購入方法①
  6. 【bitFlyer】ビットコイン(BTC)のおすすめ購入方法②
  7. 【購入時の注意点】bitFlyerでビットコイン(BTC)を売買する際は「スプレッド」に注意
  8. 【まとめ】ビットコイン(BTC)の購入方法
Large bitcoin logo

ビットコイン(BTC)の注目度に比例して、ビットコインを取り扱う取引所に関する記事や、情報を目にする機会が増えてきました。

しかし、ビットコインの取引所の比較をして、いざ購入しようを思うと購入の仕方がわからないという方が多いようです。

そこでこの記事では、ビットコインの購入を検討している方に、ビットコインを買うのにおすすめの2箇所の国内取引所のビットコインの購入方法をご紹介します。

取引所と販売所の違い

取引所は、売りたいユーザーと購入したいユーザー間の売買
販売所は、販売所と購入したいユーザー間の売買

サービスを提供していると違いがあります。

また、取引所の方が、販売所よりも手数料が安い(安く仮想通貨を購入できる)、という違いもあります。

理由としては、販売所が設定している手数料(販売手数料)が、取引所の手数料(取引手数料)より高く設定されていることが多いからです。

この記事で紹介する、ビットコインの購入におすすめの国内取引所は以下の2つです。

  1. bitbank(ビットバンク)
  2. bitFlyer(ビットフライヤー)

以下、bitbankとbitFlyerの比較表になります。

  bitbank
(ビットバンク)
bitFlyer
(ビットフライヤー)
対応通貨数 ビットコイン
ライトコイン
リップル
イーサリアム
モナコイン
ビットコインキャッシュ
ビットコイン
イーサリアム
イーサリアムクラシック
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
モナコイン
リスク
取引手数料 無料(※1) 無料(※2)
取引高 国内第2位 国内第1位
レバレッジ取引 ビットコインのみ ビットコインのみ
(※1)bitbankは2018年9月30日まで手数料無料キャンペーンを行なっています。
(※2)bitFlyerはビットコインの売買手数料無料キャンペーン中です。終了時期は未発表。

参考元 CoinMarketCap

では、各取引所の特徴を見ていきましょう。

画像出典元 bitbank

bitbankはビットバンク株式会社が運営する取引所で、金融庁の仮想通貨交換業者にも登録されています。

bitbankの特徴

  1. 期間限定で取引手数料無料キャンペーン中
    →2017年10月16日10:00〜2018年9月30日まで
  2. BTCNの運営
    →最新ニュースや技術を紹介するサイトです。
  3. ブロックチェーン大学の運営
    →ブロックチェーンや仮想通貨の普及のために貢献しています。
  4. レンディングサービスを提供
    →自身が保有する仮想通貨を貸し出して利益を得るサービス

定性的な面ではありますが、仮想通貨取引だけではなくブロックチェーンの発展に寄与している点など、取引所としての評価の一部に値するのではないでしょうか。

また、ビットコインの分裂通貨(ビットコインゴールドなど)に対する声明や、コインチェックの事件後のセキュリティ体制の表明など、顧客第一に考えた丁寧な対応が評価されています。

画像出典元 bitflyer

bitFlyerは国内のBTC/JPY取引高一位の取引所です。

bitFlyerが取り扱う仮想通貨は7種類(ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)で、以下の特徴があります。

bitFlyerの特徴

  1. 損害保険の提供
    メールアドレス・パスワード等の盗取による不正出金被害などの補償として、損害保険を提供しています。
  2. ビットコインが無料で入手可能
    購入や取引でなく、カード登録や、bitFlyer経由での買い物などで、ビットコインを無料で入手することが可能です。
  3. 取引所と販売所でビットコインの購入が可能

bitFlyerでの取り組みの一環で、大手保険会社と提携し損害保険を提供していることは、他の取引所にない大きな特徴と言えそうです。

初心者の方も安心して取引ができそうですね。

ここまでで、2カ所の取引所をご紹介してきました。

次の段落からは、2カ所の取引所で、ビットコインを購入する方法について、画像と一緒に手順をご紹介していきます。

※まずは、bitbankでの購入方法をご紹介しますが、bitFlyerでビットコインを購入したいという方は、【bitFlyer】ビットコイン(BTC)の購入方法の段落からご覧ください。

bitbankで、ビットコインを購入するには、まず始めに口座を開設する必要があります。

口座開設手順

  1. 公式HPにアクセス
  2. メールアドレスを入力
  3. 受信したメールからパスワードを設定
  4. 個人情報を入力
  5. 本人確認書類の提出

本人確認が完了しましたら、口座開設が完了です。

※口座は、下のリンクから作成することができます

それでは、bitbankでビットコインを購入する方法について説明していきます。
※今回は、スマートフォンのアプリを使ったビットコインの購入方法をご紹介します。 まだダウンロードしていない方がいるようでしたら、iOS or Androidのページから作成することをおすすめします。

bitbankでビットコインを購入するには、以下、2つのステップをこなすだけで大丈夫です。

購入手順

  1. 日本円の入金
  2. 注文方法の選択

それぞれの、手順を画像と一緒に確認していきましょう。

事前準備

bitbankのアプリをダウンロードした後、以下の画面が表示されます。

赤枠で囲んでいる、BTC/JPYの画面をクリックし、チャートの画面を表示させてください。

入金は、以下の3つのステップで完了します。 ※本人確認が完了していないと、入金ができないのでご注意ください。

アプリ右上の3本線(ハンバーガーボタン)をクリックし、入金を選択

入金を選択すると、以下の画面が表示されるので、日本円を選択してください。

日本円 or ビットコインを選択後、表示されたbitbankの銀行口座に入金を行なってください。

以上で、入金の手順は完了です。

入金が済んだら、いよいよビットコイン購入のための、注文をしましょう。

bitbankでビットコインを購入するには、(買い)注文をしなければならないので、ますは、ホーム画面で、注文をタップし、以下のページを表示させてください。

画像出典元 bitbank

画面が表示されたら

⑴成行(なりゆき)注文か、指値(さしね)注文のどちらかを選択をしてください。

成行注文とは

成行注文とは、価格を指定せずに注文することで、買いたい通貨(銘柄)と数量のみを指定して注文します。

例えば、

銘柄:ビットコイン(BTC) 数量:0.01(BTC)

という感じです。

成行(買い)注文は、その時の最も安い価格で売買を成立させてくれるのですが、急に価格が変動した際などは、想定以上の価格で購入が成立する可能性があるのでご注意ください。

成行注文は、指値注文に優先して売買が成立する。成立しやすいというメリットがある反面、相場変動が大きいときには、意外に高く買ったり、安く売れてしまうというデメリットもある。

野村證券 | 成行注文(証券用語解説集)

では、bitbankで成行注文で、ビットコインを実際に購入する方法についてご紹介します。

⑴成行注文は数量を指定するだけで可能です。

下の画像のように、購入したい数量(今回は0.01BTC)を選択すると、下に予想価格(7316JPY)が提示されます。

画像出典元 bitbank

予想価格(7316円)を確認し、納得がいったら下の注文ボタンをクリックし、注文を確定させてください。

以上で、成行注文でビットコインを購入する方法は終了です。

次に指値注文でビットコインを購入する方法をご紹介します。

指値注文とは

指値注文とは、価格を指定して注文することで、買いたい通貨(銘柄)と数量も指定して注文します。

例えば、

価格:700000(BTC/JPY) 銘柄:ビットコイン(BTC) 数量:0.01(BTC)

という感じです。

指値(買い)注文は、自分の指定した価格で購入ができる可能性がある一方、自分の指定した価格と一緒か、それ以下のユーザーが、なかなか現れない場合もあります。

※指値(買い)注文では、自分の希望価格を下回る価格で売りたいユーザーがいれば、そのユーザーとマッチングし、売買が成立します。

この場合、いつまでたっても取引が成立しない可能性があるので、指値(買い)注文する際には、安すぎず、市場の適正価格で注文するのがおすすめです。

では、bitbankの指値注文で、ビットコインを実際に購入する方法についてご紹介します。

⑴指値注文では、数量と価格を指定ください。

※価格は、自分の購入したい金額全体(例えば70万円)ではなく、0.01BTCをいくらで購入したいか指定します。

下の画像のように、ビットコインの購入希望価格(今回はBTC/JPY)と、数量0.01BTCを指定してください。

成行注文と同様に、予想価格(今回は7000円)を確認し、納得がいったら下の注文ボタンをクリックし、注文を確定させてください。

bitbankで、ビットコインを購入する方法は以上です。

では、次にbitFlyerで、ビットコインを購入する方法をご紹介します。

bitFlyerもbitbank同様に、ビットコインを購入する前に口座を開設する必要があります。

口座開設手順

  1. bitFlyer公式サイトで、メールアドレスを登録
  2. 受信したメールからbitFlyerにログイン
  3. 本人登録画面から名前や生年月日などの基本情報を入力
  4. 本人確認書類(アップロードのみ)を登録
  5. 取引目的を入力
  6. 銀行口座情報(入金に使用する銀行口座)、携帯電話認証登録

以上の手順を踏み、bitFlyerから承認されハガキが自宅に届けば、口座開設は完了です。

※口座は、下のリンクからも作成することができます

それでは、bitFlyerでビットコインを購入する方法について説明していきます。

bitFlyerでビットコインを購入するには、以下、2つのステップをこなすだけで大丈夫です。

購入手順

  1. 日本円の入金
  2. 購入金額、数量の決定

それぞれの手順を、画像と一緒に確認していきましょう。

口座を開設したら次に、その口座に日本円を入金します。

入金方法は以下の2つあります。

bitFlyerの入金方法

  • 通常入金
  • クイック入金

まずは、銀行振込による入金方法から確認していきましょう。

bitFlyerにログインすると、トップページの左下に「入出金」というタブがあるので、クリックし、「日本円のご入金」を選択しましょう。

日本円を選択後、表示されたbitFlyerの銀行口座に入金を行なってください。

以上で、入金の手順は完了です。

次にクイック入金についてご紹介します。

トップページの左側にある「入出金」を選択し、「クイック入金」をクリックします。

入金する金額を「ご入金額」に入力し、インターネットバンキングや、コンビニエンスストアの店頭・店頭設置端末等から入金します。

※入金した資金の相当額の移転は、7日間制限されます。(bitFlyer内での取引は可能)
※ コンビニからの入金は、1 回につき 30 万円が上限となります。
※スマートフォンアプリからのクイック入金は未対応のため、パソコンから操作してください。

以上で、入金は完了です。

入金が済んだら、いよいよビットコインの購入をしていきましょう。

bitFlyerでビットコインを購入する場合、以下の2つの方法で購入することができます。

【ビットコインの購入方法】

  • ビットコイン販売所
    bitFlyerからコインを購入する方法。bitFlyerが提示する価格で、売買することができるが、売買手数料は取引所で購入するより高い。
  • bitFlyer lightning(取引所)
    ビットコインを売りたいユーザーから購入する方法で、価格はユーザー同士の需給によって決定する。販売所よりは売買手数料が安い。

まずは販売所でビットコインを購入する方法を、確認していきましょう。

まずトップページの左側にある「販売所」を選択し、「BTC/JPY」のページを開きます。

以下の画面が表示され、左側の板は「注文履歴」で、右側の上段には「1BTCの購入価格(円)と売却価格(円)」が表示されています。

(購入価格と売却価格に差がありますが、これがスプレッド(後述)と呼ばれるものです。

右側下段(赤枠内)から、BTCの購入数量を入力し、「コインを買う」をクリックすれば、ビットコインの購入は完了です。

(購入数量の隣に日本円の参考価格が表示されるので、参考にしながら数量を決定しましょう)

続いて、ユーザー同士で売買する「bitFlyer lightning」で購入する方法をご紹介します。

トップページ左側にある「bitFlyer lightning」のタブをクリックします。

以下のような黒い背景のトレード画面が表示されます。

チャートや取引板(売買価格が表示されている場所のこと)などが表示されていますが、赤枠内が注文画面となります。

bitFlyerでは2つの注文方法があります。(どちらも取引手数料は0.2%)

【注文方法】

  • 指値注文
    希望購入価格と購入したい数量を指定して注文する方法。
  • 成行注文
    購入希望価格は指定せず、購入したい数量のみ指定して注文する方法。

それぞれご説明していきます。

指値注文

注文画面の「指値注文」のタブを選択してください。

「数量」にビットコインの購入希望数量(最小注文単位は0.0785BTC)、「価格」に購入希望額を入力します。

「買い」をクリックすると、注文が確定され、取引が成立すれば購入完了です。

成行注文

「成行注文」では、現在価格から購入することになるので、「数量」にビットコインの購入希望数量を入力します。

「買い」をクリックすると、注文が確定され、取引が成立すれば購入完了です。

ビットコインの購入方法の説明は以上になります。

ここでは紹介しませんでしたが、ビットコインには、指値・成行注文以外に、特殊注文というものがあります。

初めてビットコインを購入する方には、特殊注文はややこしいと思い、割愛させていただきました。 特殊注文に関して詳しく知りたい方は、bitFlyer公式HP:bitFlyer Lightningの注文の種類についてをご覧ください。

また、bitFlyer Lightningの各種取引方法の詳しい内容については、以下の記事をご参考ください

最後に、bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインを購入する際の注意点をご説明します。

bitFlyerの販売所で、ビットコインを購入する際は、スプレッドに注意してください。

スプレッドとは、買値と売値の差のことを指します。

例えば、0.01BTCの購入価格が7000円で、売却価格が10,000円の時、差額の3000円がスプレッドです。

※一般的にスプレッドには、販売所の手数料を含めた額に設定されています。

仮に、0.01BTCを購入して、その後価格に変動がない状態で売却した際は、「10,000円-7,000円 = 3,000円」の損失が発生するということです。

つまり、スプレッドが広いほど、売買する際の手数料が高く売買手数料が無料と表記されていても実質手数料が徴収されているということになります。

初心者の方は、このことを知らずに売買をしてしまうことがあるのでご注意ください。

ここまで、ビットコインのおすすめ取引所と購入方法についてご紹介してきました。

ビットコインを購入したいという方は、

「どこでビットコインを購入すべきか」
「どうやってビットコインを購入するか」

理解していただけたでしょうか。

ここまで読んでいただいた方の中には、

「ビットコインがを自分のウォレットで管理したい」

と、お思いになられている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方は、ぜひ「ビットコインのウォレット11選」の記事をご覧ください。

自分好みのウォレトが、見つかるかもしれません。