目次

    全ての目次を見る
  1. <用途別>イーサリアムのウォレット4選
  2. ①【MyEtherWallet】オススメのイーサリアムウォレットの特徴と作り方
  3. ②【Trust】オススメのイーサリアムウォレットの特徴と作り方
  4. ③【Ledger Nano S】オススメのイーサリアムウォレットの特徴と作り方
  5. ④【ペーパーウォレット】オススメのイーサリアムウォレットの特徴と作り方
  6. 【まとめ】イーサリアムのウォレット4選
Large ethereum

イーサリアムを購入したら、よりセキュリティが強固な「ウォレット」で資産を保管することは、ハッキングなどのリスクから回避する一つの手段です。

イーサリアムを保管するウォレットにもさまざまな種類があり、その特徴や使い勝手もウォレットによって異なります。

この記事をご覧の方の中には、

「イーサリアムをウォレットに保管したいけど、送金などを頻繁に行いたい」
「イーサリアムを安全に保管するのに最適なウォレットは?」

などをお考えの方もいらっしゃると思います。

そこで、Moblockでは、2つの用途別にウォレットをご紹介していきます。

  • 【普段使い用】
    イーサリアムの送金や決済に最適なウォレット
  • 【管理用】
    普段使い用のウォレットと比較してセキュリティに優れたウォレット

それでは次の段落から、今回ご紹介する4つのウォレットを確認しましょう。

イーサリアムに対応した以下の4つのウォレットをご紹介します。

普段使い用

  1. MyEtherWallet(マイイーサウォレット)
    →PCでイーサリアムを管理し、送金やICOの参加などにも利用したい人向けのウォレット
  2. Trust(トラスト)
    →スマートフォンのアプリでイーサリアムを管理したい人向けのウォレット

管理用

  1. Ledger Nano S(レジャーナノエス)
    →専用の端末[¥10,428(2018/07/17現在)]でオフラインでイーサリアムを保管でき、最もセキュリティに優れていると言われるウォレットの一つ。
  2. ペーパーウォレット(MyEtherWallet)
    →紙(オフライン)でイーサリアムを保管でき、お金はかけたくないけど安全に管理したい人向けのウォレット

それでは初めに、PCで管理できる「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」の特徴と作り方をご紹介します。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、イーサリアムやイーサリアムベースのトークン(ERC20トークン※1)などを管理できる、代表的なウォレットで、MacやWindowsなどのPCで使用可能なデスクトップウォレットで、一部のAndroid端末でも作成が可能です。

【マイイーサウォレットの特徴】

  • 日本語対応
  • イーサリアム以外にもイーサリアム上で発行された通貨の保管が可能
    イーサリアム上で発行された通貨には、TronやAugur、BinanceCoinなどがあります
  • ハードウェアウォレット(※3)と連携が可能
    (対応機種:Digital Bitbox・Ledger Nano S・TREZOR)
  • アカウント作成が簡単
  • iPhone/iPadでは作成できない

マイイーサウォレットは、イーサリアム以外の仮想通貨も管理できることや、最もセキュリティの高いウォレット、ハードウェアウォレットと連携させることができるのが特徴です。

送金や決済で使用するイーサリアムは普段使い用としてマイイーサウォレット、貯蓄用のイーサリアムはハードウェアウォレットで管理するなどの使い分けができますね。

(※1)ERC20とは
イーサリアムでトークンを発行する際の規格のことで、ERC20を基に作成されたトークンがERC20トークンです。例:Augur(REP)、Golem(GNT)、BinanceCoin(BNB)など

(※2)ICO(イニシャルコインオファリング)とは
プロジェクトを遂行したい企業や団体が、独自に発行した仮想通貨(トークンと呼ばれる)を販売して行う資金調達のこと。

(※3)ハードウェアウォレットとは
仮想通貨を専用の端末(USB型やカード型など)で管理するウォレットのことです。

それでは、マイイーサウォレットの作り方を画像と一緒にご紹介します。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は以下の4ステップで作成することができます。

  1. 言語の変更とパスワード入力
  2. Keystoreファイルの保存
    (Keystoreファイルとは秘密鍵などの情報を保管したファイルのこと)
  3. 秘密鍵の保管
  4. ウォレットの操作方法を選択

秘密鍵とは、イーサリアムを送金や支払いに使用するのに必要な鍵のことで、銀行口座でいう暗証番号のようなものです。

手順をくわしく確認していきましょう。

1. 言語の変更とパスワード入力

  • [1]まずはMyEtherWalletの公式HPにアクセスします。

  • [2]そうすると以下の画面が表示されます。もし日本語表記でない場合は、右上のプルダウンリスト(①)から日本語を選択しましょう。

  • [3]次に、(②)の【強固なパスワードを入力(9文字以上)】とある部分に好きなパスワードを入力し【お財布の作成】をクリック。

続いて、Keystoreファイルをダウンロードして保存します。

2. Keystoreファイルの保存

  • [4]お財布を作成すると、以下の画面のようにKeystoreファイルを保存するよう指示が出るので、【ダウンロード Keystoreファイル(UTC/JSON)】をクリックします。

  • [5]ダウンロードが完了すると、以下の赤枠内のように英文で注意書きが表示されます。ファイルを保管したらその下の【わかりました。 続けます。】をクリックし、次の手順に進みましょう。  

赤枠内の英文の注意書きを意訳(Google翻訳を参考)すると、以下の通りです。

Do not lose it! It cannot be recovered if you lose it.
紛失しないでください!紛失しても元に戻すことはできません。

Do not share it! Your funds will be stolen if you use this file on a malicious/phishing site.
誰にも共有しないでください!このファイルを悪質な/フィッシングサイトで使用すると、ウォレット内の仮想通貨が盗まれてしまいます。

Make a backup! Secure it like the millions of dollars it may one day be worth.
バックアップをとってください!秘何百万ドルものお金を管理するのと同じように、しっかりと保管してください。

Keystoreファイルをダウンロードしたらバックアップを取り、紛失や盗難に遭わないよう安全な場所で管理しましょう。

続いて、秘密鍵を保管していきます。

3. 秘密鍵の保管

  • [6]【わかりました。 続けます。】をクリックすると、「秘密鍵」が表示された画面に遷移します。
    秘密鍵をコピーしメモをするか【お財布情報(ペーパーウォレット)を印刷】を選択し、秘密鍵を大切に保管します。

  • [7]秘密鍵を保管したら、画面下にある【アドレスを保存してください】をクリックし、最後のステップに進みましょう。

次に、ウォレットの操作方法を設定していきます。
(今回は「秘密鍵」を使用して、ウォレットを操作する方法を紹介します)

4. ウォレットの操作方法を選択

  • [8]【アドレスを保存してください】をクリックすると以下の画面に遷移します。
    秘密鍵(①)を選択し、先ほどコピペした秘密鍵を右下の入力画面[(②)に貼り付け、【解錠】(③)をクリック。

  • [9]【解錠】をクリックし、下にスクロールすると自分のアカウント情報(アドレスや秘密鍵、アカウントの残高など)が以下のように表示されます。

これで、マイイーサウォレットの作成は完了です。

次は外出先でも手軽に利用できる、スマートフォンアプリのウォレット【Trust(トラスト)】についてご紹介します。

Trust(トラスト)はスマートフォンのアプリで、イーサリアムやイーサリアムベースのトークンを管理することができるウォレットです。

【Trust(トラスト)の特徴】

  • iOSとAndroidに対応
  • 日本語に対応
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)などの他のウォレットと同期させることが可能

日本語に対応しているスマホアプリのウォレットで、他のウォレットと同期できることが特徴です。

そのため、マイイーサウォレットやメタマスクをお持ちの場合は、そのウォレットに入っている通貨をTrustでも管理することができます。

それではTrustウォレットの作り方をご紹介していきます。

  • [2]ダウンロードしてアプリを開くと以下の画面が表示されますので、【ウォレットの作成】をタップしてください
trust2

  • [3]そうすると12個の英単語(Backup Phrase:バックアップフレーズ)が表示されますので、コピーして「Verify」をクリック。

(※)Trustアプリを削除してしまった場合や、スマートフォンを紛失した場合などに、バックアップフレーズを入力することでデータを復元することが可能です。

  • [4]「Verify」をクリックし、先ほど表示されたバックアップフレーズを入力していきます。(必ず表示された順番通りに入力してください)。

  • [5]最後に一番下の「Done」をクリックすれば、Trustウォレットの作成は完了です。

ここまで、【普段使い用】のウォレット2種類をご紹介してきましたが、2つとも簡単にアカウントを作成できることがわかりましたね。

次は【保管用】のイーサリアムウォレット2種類をご紹介します。
まずはハードウェアウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノエス)」から確認していきましょう。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)は、イーサリアムなどの仮想通貨を専用の端末でオフラインで保管します。

【Ledger Nano Sの特徴】

  • 最もセキュリティの高いウォレットの一つ
  • PCと接続することで送金が可能
  • 端末代金は79.00€(約¥10,428(※1))
  • マルチカレンシー対応
    イーサリアム以外にもビットコインやリップルなどの通貨を管理可能

Ledger Nano Sは、オンライン環境にあるPCやスマホなどで管理するウォレットに比べてハッキングリスクが少なく、安全に通貨を管理することができます。

(ただし、Ledger Nano Sで管理している通貨を他のウォレットに送金する場合は、オンラインのPCと接続する必要があります)

先ほどご紹介したPCやスマホのウォレットの作成は無料でしたが、Ledger Nano Sの専用端末料金は79€(約¥10,428)と高額なので、ご注意ください。

お金をかけてでも大切な資産(イーサリアム)を管理したい、という方におすすめのウォレットです。

(※1)Ledger社の公式サイトに掲載されていた価格です。カッコ内の円表示は1ユーロ132円として算出したもので、レートは2018年7月17日時点のものです。

Ledger Nano Sについて詳しく知りたい方は、以下「対応通貨や使い方、設定方法を徹底解説」の記事をご覧ください。

続いて、Ledger Nano Sの購入方法と初期設定方法をご紹介していきます。
まずは購入方法から確認しましょう。

Ledger Nano Sは公式ホームページまたは正規代理店から購入することをおすすめします。

購入時は以下の2点に注意してください。

  • 中古品を買わない
  • 販売元をチェックする

中古で購入すると売り手側が悪意ある人物であった場合、ウォレットに細工がされ仮想通貨(秘密鍵)が盗まれてしまう可能性があります。

そのため、Ledger Nano Sを購入する際は、新品かつ公式サイトが販売しているウォレットを購入することを推奨します。

また、Amazonで購入を検討している方もいらっしゃるかと思いますが、販売元が公式かどうかよく確認の上購入してください。

Ledger Nano Sを購入したら、続いて初期設定方法を見ていきましょう。

Ledger Nano Sでイーサリアムのウォレットを作成する手順は、以下のとおりです。

  1. PINコードの設定
  2. リカバリーフレーズの設定
  3. Ledger Managerアプリのインストール
  4. Ledger Walletアプリのインストール

くわしい手順を確認していきます。

1. PINコードの設定

PINコードは、Ledger Nano Sの電源をオンにした際(パソコンにUSBケーブルで接続した際に)に毎回入力が必要となるパスワード(4〜8桁)のことです。

PINコードは忘れてしまったり他人に知られてしまうことのないよう、注意してください。

  • [1]はじめに、Ledger Nano SとPCをUSBケーブルで接続します。(Ledger Nano Sは充電が必要なく、パソコンとつないで初めて画面が表示されます)

  • [2]画面に「Welcome」と表示されたあと、続けて「Press both buttons to begin」(はじめに2つのボタンを押してください)と表示されますので、本体上部についている2つのボタンを同時に押します。

本体上部についているボタンの使い方

  1. 片方ずつ押す
    →「数字の上げ下げ」や「画面の移動」「表示されている選択肢の決定」に使用します
  2. 両方同時に押す
    →「決定」する時に使用します

今後、本体側の操作はすべて、2つのボタンで行っていくことになります。

  • [3]「Configure as new device?」(新しいデバイスとして設定しますか?)と表示されたら、右側のボタンを押して「☑」を選択します。

  • [4]「1.Choose your PIN code」(PINコードを設定してください)と表示された後、両方のボタンを同時に押すと、数字の入力画面が表示されます。
  • [5]任意のPINコード(暗証番号)4〜8桁を設定していきます。

左端から1桁ずつ設定していきます。

表示される数字は「5」から始まっているので、6,7,8…と上に進みたい場合は右ボタン、4,3,2…と下に進みたい場合は、左ボタンを押していきます。

  1. 1桁目を決定するとカーソルが右に移動します
  2. 4桁以上数字を入力すると、チェックマークが表示されます。
    →その4桁で最終決定する場合は、両方のボタンを同時に押し☑︎します。
  3. 桁数を増やしていきたい場合
    →右ボタンもしくは左ボタンを押すことで入力が続けられます。
  4. 入力した数字を削除したい場合
    →右ボタンもしくは左ボタンを押し続けると「9」(または8)の次に「×」マークが出てきますので、×マークを表示させてから両方のボタンを同時に押します。
  • [6]「2.Confirm your PIN code」(あなたのPINコードを確認してください」と表示されるので、先ほど設定した4桁から8桁の数字を入力してください。

これでPINコードの設定は完了です。

続いてリカバリーフレーズの設定を確認しましょう。

2. リカバリーフレーズの設定

この作業では、復元用のリカバリーフレーズ(24つの英単語)を控えます。

仮にLedger Nano Sを紛失したり故障してしまっても、新しいLedger nano Sに「リカバリーフレーズ」を入力することで、以前のデータを復元させることができます。

逆の言い方をすれば、リカバリーフレーズがあれば誰でもLedger nano Sに保管されている通貨を手に入れることができてしまうということですので、『人に知られない』よう厳重に管理しましょう。

  • [7]PINコードの設定後、「3.Write down your recovery phrase」(リカバリーフレーズを書きとめてください」と表示されるので、両方のボタンを同時に押して次の画面に進みます。

  • [8]1番から24番まで順番に、合計24個の簡単な英単語が表示されるので、一文字つず正確に順番通りに書きとめましょう。

(※)左ボタンを押すことで#3、#2…と、前の番号に戻って確認することが何度でもできますので、落ち着いて自分のペースで書きとめていきましょう。
また、『どの単語が何番目に表示されたのか』が重要なので注意してください。

  • [9]24個の英単語を書きとめて両方のボタンを同時に押すと、「4.Confirm your recovery phrase」(あなたのリカバリーフレーズを確認してください)と表示されます。

  • [10]画面上に「Select word #13」(13番目の英単語を選んでください)というように、問題が表示されますので、回答を入力します。

【回答方法】
問題の下に数種類の英単語が表示されるので、正解が表示されるまで左右ボタンを押してください。

先ほど書きとめておいたリカバリーフレーズと、番号と英単語が合致するものが表示されたら、両方のボタンを同時に押して決定します。

以上の質問と回答作業を数回繰り返せば、終了です。

  • [11]確認作業が終わると、「Your device is now ready」 (あなたのデバイスは準備ができました)と表示されるので、両方のボタンを同時に押して、決定します。

以上でリカバリーフレーズの設定と確認作業は完了ですが、まだLedger Nano S本体とパソコンは接続したままにしておいてください。

続いて、「Ledger Managerアプリのインストール」手順についてご説明していきます。

3. Ledger Managerアプリのインストール

「Ledger Manager」アプリをインストールしていきます。

Ledger ManagerアプリはLedger Nano Sを使用するために必要なアプリで、 このアプリを使って通貨の送受信を行ったり、ファームウェアアップデートを行います。

アプリをインストールするには、「Google Chrome」がインストールされていることが前提となりますので、あらかじめChrome公式サイトからダウンロードしておきましょう。

  • [14]ダウンロードとインストールが終わったらGoogle Chromeブラウザを確認してください。「アプリ」欄にLedger Managerのアイコンが表示されていればインストール完了です。

  • [15]Ledger Nano S本体のディスプレイを見ると「Allow Ledger manager?」(Ledger Managerを許可しますか?)と表示されているので、本体上部の右側ボタンを押して決定。

パソコンにLedger Managerの操作画面が表示されたら、アプリのインスロール作業は完了です。

最後に、ウォレットアプリ『Ledger Wallet Bitcoin & Altcoins,Ledger Wallet Ethereum , Ledger Wallet Ripple』のダウンロードについてご説明します。

4. Ledger Walletアプリをインストール

イーサリアムをLedger Nano Sに送付したい場合、イーサリアム用のLedger Walletアプリをパソコンにあらかじめインストールしておく必要があります。

インストール手順は、先ほどの「3. Ledger Managerアプリ」と同様です。

ダウンロードが完了すると、Ledger Nano Sでイーサリアムを受け取ることができます。


Ledger Nano Sの特徴や作り方をご紹介してきました。

最後に、コストをかけずにイーサリアムを長期保管したい方向けに、ペーパーウォレットの特徴と作り方をご紹介していきます。

先ほどご紹介した、MyErherWallet(マイイーサウォレット)で発行できるペーパーウォレットについてご紹介します。

ペーパーウォレットはその名の通り、紙で仮想通貨を保管するウォレットのことで、以下の特徴があります。

【ペーパーウォレットの特徴】

  • 無料で作成が可能
  • 紙(オフライン)でイーサリアムを管理
  • ウォレットの作成が簡単
  • 紛失や盗難に注意が必要

ペーパーウォレットは、紙(オフライン)でイーサリアムを管理するため、Ledger Nano Sと同様にハッキングリスクが低減されています。

先ほどのLedger Nano Sは端末代金がかかりましたが、ペーパーウォレットは無料で作成できるのでコストはかけたくないけど、イーサリアムを安全に管理したい方におすすめです。

しかし紙で保管するため、火気や湿気による破損、紛失や盗難にも注意が必要です。

それでは、ペーパーウォレットの作り方を確認していきます。

今回は、マイイーサウォレットで発行したペーパーウォレットの作成方法をご紹介します。

  • [3]そうすると以下の画面に遷移するので、印刷を実行してください。

これで、マイイーサウォレットのペーパーウォレットの作成は完了です。

あとは「Your Address」に記載されたイーサリアムアドレスにイーサリアムを送金すれば、オフラインでイーサリアムを管理することができます。

【普段使い用】と【管理用】合計4つのイーサリアム用ウォレットの「特徴」と「作り方」をご紹介しました。

それぞれのウォレットの特徴をおさらいしましょう。

  1. 【普段使い用】MyEtherWallet(マイイーサウォレット)
    →PCでイーサリアムを管理し、送金やICOの参加などにも利用したい人向けのウォレット
    イーサリアムが保管できる代表的なウォレットで、日本語に対応しており設定が簡単。
  2. 【普段使い用】Trust(トラスト)
    →スマートフォンのアプリでイーサリアムを管理したい人向けのウォレット
    iOSとAndroidで作成が可能で、日本語にも対応しています。
  3. 【管理用】Ledger nanoS(レジャー ナノエス)
    →お金をかけてでも安全に管理したい人向けのウォレット
    オフラインでイーサリアムが管理できるため、ハッキングリスクが低減されている。
  4. 【管理用】ペーパーウォレット (MyEtherWallet)
    →コストをかけずに安全に管理したい人向けのウォレット
    紙(オフライン)でイーサリアムを管理するためハッキングリスクは低減するが、紙の紛失や盗難に注意が必要。

ご自身のイーサリアムの利用方法にあわせて、ウォレットの作成を検討してみてください。

また、他のイーサリアムウォレットも確認したいという方は、「イーサリアムのウォレット12選」の記事をご覧ください。