目次

    全ての目次を見る
  1. 現在ビットコインキャッシュ(BCH)が上場している取引所
  2. 最近ビットコインキャッシュ (BCH)が上場した取引所
  3. ビットコインキャッシュ(BCH)のイベントまとめサイト
  4. 【まとめ】ビットコインキャッシュ(BCH)の上場
Large b

ビットコインキャッシュ(BCH)は、時価総額4位の仮想通貨です。

最近はビットコインキャッシュを取り扱う取引所が増えてきています。

この記事ご覧になっている方は、ビットコインキャッシュが上場している取引所を知りたいという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、

「現在、BCHが上場している取引所(国内・海外まとめ)を知りたい」
「最近、BCHが上場した取引所を知りたい」

という疑問をお持ちの方を対象に、ビットコインキャッシュを取り扱う取引所についてご説明します。

ビットコインキャッシュは、Cryptocurrency Market Capitalizations(2018/8/25時点)で確認できるだけでも、125箇所の取引所で取り扱いがされています。

中でも、最近ビットコインキャッシュが上場した取引所や取り扱いを始めた取引所は以下の9箇所の取引所です。

  1. SBIバーチャル・カレンシーズ
  2. NuMoney
  3. itBi
  4. HBUS
  5. bitkub
  6. BITBOX
  7. TransferGo
  8. Crypto Facilities
  9. Coinbase

それでは一つずつ、確認していきましょう。

【ビットコインキャッシュが上場している取引所】BCHの上場した最新の取引所や、国内や海外の仮想通貨取引所をご紹介します!!

2018年6月8日、SBIグループの運営する『SBIバーチャル・カレンシーズ』は「6月11日(月曜日)より、 ビットコインキャッシュ(BCH)の取扱いを開始」することを公式サイトで発表しました。

これにより、従来の通貨ペアに「BCH/JPY」が加わり、2018年8月21日時点でSBIバーチャル・カレンシーズ取り扱い通貨ペア数は以下の3つになりました。

  • XRP/JPY
  • BTC/JPY
  • BCH/JPY

なお、注文種類は現物取引のみです。

2018年6月27日、シンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所『NuMoney』は、ビットコインキャッシュの取り扱いを開始したことを、公式Twitterで発表しました。

意訳
私たちはビットコインキャッシュ市場をプレローンチしました。正式ローンチ前に友人を紹介するだけで、ビットコインキャッシュの取引を開始できます!ライトコイン(LTC)市場は稼働中です。さあ、今すぐトレードを始めましょう!

NuMoneyが拠点を置くシンガポールの、シンガポール通貨協会(MAS)は、仮想通貨およびその派生商品を、証券や法定通貨としてはみなしておらず、規制もしていません。

外国人であっても、アカウント登録後(本人認証後)、NuMoneyを利用して、仮想通貨を売買したり、取引所から現金を引き出すことが可能です。

ちなみにNuMoneyへは、以下の通貨(仮想通貨)で入金ができます。

  1. イーサリアム(ETH)
  2. ビットコイン(BTC)
  3. シンガポールドル
  4. マレーシアリンギット
  5. インドネシアルピア

2018年6月14日、仮想通貨取引所『itBit』は、ビットコイン キャッシュ(BCH)の上場を発表しました。

意訳
我々は、itBit が、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、およびステラの取引サービスを提供するために承認されていることを発表します!

itBit』は、アメリカのニューヨーク市を拠点とした、機関投資家向けの仮想通貨取引所です。

ビットコインキャッシュ(BCH)の他にもイーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ステラ(XLM)などのの4種類の通貨の上場を新たに開始しました。

2018年6月7日に設立された仮想通貨取引所『HBUS』では、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)の3通貨の取引が可能です。

なお、通貨の購入は、USD(米ドル)またはTUSD(TrueUST)のいずれかで行います。

HBUSは、Huobiの「子会社」として紹介されることもありますが、HBUSの公式サイトやmediumブログでは否定。

正確には、HBUSはHuobiの「米国独占的戦略的パートナー」であるということを公式ブログで公言しています。

また、FinCEN(アメリカ金融犯罪捜査網)への登録済みです。

HBUS is not an “arm,” “subsidiary,” “division,” or any type of “affiliate” of Huobi. Nor is HBUS to be referenced as “Huobi US” or any variant thereof. HBUS is the “exclusive US strategic partner of Huobi,” and Huobi is “the world’s leading provider of virtual currency related services.”

IN HBUS WE TRUST

意訳
HBUSはHuobiの「腕」、「子会社」、「部門」、またはあらゆる種類の「関連会社」ではありません。

また、HBUSは「Huobi US」またはその変形とは言えません。

HBUSは「Huobiの米国独占的戦略的パートナー」であり、Huobiは「世界的な仮想通貨関連サービスのプロバイダー」です

2018年7月24日、タイのバンコクに拠点を置く仮想通貨取引所『bitkub』は、ビットコインキャッシュ(BCH)の上場を公式Twitterで発表しました。通貨ペアは、「BCH/THB」です。

意訳

ビットコインキャッシュは始まっています!今すぐトレードを開始してください!

仮想通貨取引所『bitkub』は、バンコクが拠点ですので、サイトの作りもタイ語になっています。

最近ビットコインキャッシュが上場した取引所として参考程度にご覧になって見てもよりかもしれません。

2018年7月16日、LINE Corporationは、シンガポールで仮想通貨取引所『BITBOX』の運営を開始したことを発表しました。

取引される通貨は、ビットコインキャッシュ、ビットコイン、イーサリアム、ライトコンを含む「約30種類」です。

また、公式発表によると、日本と米国の居住者の利用は除かれています。

※日本からBITBOXの公式サイトへアクセスしても、「BITBOX is unavailable in your country.」とエラーが表示され、ページを閲覧することはできません。

2018年7月27日、イギリスのロンドンに拠点を置き、65万人以上のユーザーを抱えている送金会社『TrasferGo』は、送金会社として世界で初めて仮想通貨取引のサービス提供をスタートしました。

取り扱い可能な通貨は以下の5種類で、TrasferGoアプリから売買が可能です。

  1. Bitcoin
  2. Bitcoin Cash
  3. Ethereum
  4. XRP
  5. Litecoin

TransferGoの創設者兼CEO、Daumantas Dvilinskas氏は、仮想通貨サービス開始にあたり、次のように述べています。

The new facility focuses on simplicity and enables customers to invest in cryptocurrencies within the familiar environment of the TransferGo user experience. In addition TransferGo, is providing best in class customer service support that operates in 7 languages and is available on phone, email and through facebook, to provide information and guide their clients through the process of buying and selling.

TransferGo adds cryptocurrencies to remittance app

意訳

新しい施設(仮想通貨サービスのこと)は、シンプルさに焦点を当て、顧客がTransferGoユーザーエクスペリエンスの使い慣れた環境内で、仮想通貨投資ができるようにします。さらに、7つの言語で動作するクラス最高のカスタマーサービスのサポートを提供しています。電話、電子メール、およびFacebookを通じて、情報を提供し、顧客の購入および販売のプロセスをガイドすることができます。

2018年8月17日、イギリスにある仮想通貨取引所『Crypto Facilities』は、米ドル建てのビットコインキャッシュ先物取引を開始しました。

イギリスの金融行動監視機構が認可した、初のビットコインキャッシュ先物取引です。

Crypto Facilitiesでは、すでにビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインの先物取引を取り扱っています。

Crypto FacilitiesのCEO、Timo Schlaefer氏は、CoinDeskのインタビューに対し、

「ビットコインキャッシュは、時価総額でトップ5の仮想通貨であるため、BTC、ETH、XRP、およびLTC先物取引にBCHを加えることは、論理的な次のステップだった」

と語りました。

2017年12月19日、アメリカに拠点を置く仮想通貨取引所『Coinbase』は、ビットコインキャッシュ(BCH)の取扱い開始を発表しました。

しかしビットコインキャッシュの上場の公式発表前、他の取引所でビットコインキャッシュの価格が、3日間で130%上昇しました。

コインベースはBCHを昨年12月19日に上場させた。18日時点では1BCH=1865ドルであったが、コインベースへの上場をきっかけに価格は3日間で130%も上昇している。21日には最高値の1BCH=4300ドルを記録した。

米コインベース、インサイダー取引疑惑で訴訟

予想外の急な価格変動を受け、Coinbaseの共同創設者兼CEOのブライアン・アームストロング氏は、Coinbaseの公式ブログで、「現時点では何らかの不正行為の兆候はありませんが、私は顧客といくつかの考えを共有したいと考えていました」として、Coinbase従業員の取引ポリシーを述べました。

ここでは、「もしポリシーに違反し、重要な非公開情報を漏洩した従業員に対しては、直ちに解雇し適切な訴訟を起こす」という対処を明確にしています。

I take the confidentiality of material non-public information very seriously as CEO. Given the price increase in the hours leading up the announcement, we will be conducting an investigation into this matter. If we find evidence of any employee or contractor violating our policies — directly or indirectly — I will not hesitate to terminate the employee immediately and take appropriate legal action.

Our employee trading policy at Coinbase

意訳
重要な非公開情報の秘密を、CEOとして非常に真摯に受け止めています。発表前の数時間で価格が上昇したこの問題について調査を進めていきます。直接または間接的に私どものポリシーに違反する従業員または請負業者の証拠が見つかった場合、私はその従業員を直ちに解雇し、適切な訴訟を起こすことを躊躇しません。

その後、Coinbaseは、2ヶ所の法律事務所による1ヶ月間の内部監査を終え、「不正な内部取引は行われなかった」と結論づけました。

ここまで、最近ビットコインキャッシュが上場した取引所をご紹介しました。

ここからは、ビットコインキャッシュのイベント情報収集に役立つ、まとめサイトのご紹介です。

仮想通貨のイベントをまとめたサイト『Coin market cal』は、イベントのソースや詳細がきちんと表示されており、ユーザーの投票によってその情報の真偽を、判断できるシステムになっています。

サイトは英語表記ですが、検索方法は「コイン名を指定するだけ」と簡単です。

今後のビットコインキャッシュの上場イベントの検索にぜひご活用ください。

上記URLをクリックし、トップページの『Coin』欄に「Bitcoin Cash」と入力すると、ビットコインキャッシュ関連のイベントが表示されます。

または、入力欄をクリックするだけで、検索候補が表示されますので、「Bitcoin Cash(BCH)」を選択します。※下図参照

【Coin market calの特徴】

  • チャートから過去のイベントを確認することができる
    イベントがあった時期がチャート上で表示され、そのイベントが通貨の相場にどのような影響を与えたのかを確認することができる。
  • メール通知機能がある
    アドレスを登録すると、登録した仮想通貨のイベント情報をメールで告知してくれる。
  • 投稿されたイベントに対する投票機能がある
    投稿されたイベントは信憑性のある情報なのか、嘘の情報なのかをユーザーが投票することができる。

Coin market cal以外にも、ユーザー投稿型の仮想通貨イベントまとめサイトがあります。

他のまとめサイトも知りたいという方は、関連記事もご参照ください。

以上、ビットコインキャッシュ(BCH)の上場についてご説明しました。

ビットコインキャッシュは最近では、以下の9箇所の取引所に上場したのでしたね。

  1. SBIバーチャル・カレンシーズ
  2. NuMoney
  3. itBit
  4. HBUS
  5. bitkub
  6. BITBOX
  7. TransferGo
  8. Crypto Facilities
  9. Coinbase

一般的に、取引所へ新たに上場することにより、その仮想通貨の価格は高騰します。

しかし、根拠のない情報に影響を受け、一度に大量の仮想通貨を購入することは危険です。

取引所の公式発表、有識者の発信する情報など、信頼できる情報筋から情報を取り入れるよう、心がけましょう。