目次

    全ての目次を見る
  1. 仮想通貨のリスク(Lisk)とは
  2. 仮想通貨リスク(Lisk/LSK)の開発目的と用途とは
  3. 仮想通貨リスク(Lisk/LSK)の特徴とは
  4. 仮想通貨リスク(Lisk/LSK)の仕組みとは
  5. 仮想通貨リスク(Lisk/LSK)の仕組みとは
  6. 仮想通貨リスク(Lisk)の今後
  7. 仮想通貨リスク(Lisk)の取り扱い取引所
  8. 仮想通貨リスク(Lisk)のまとめ
  9. 仮想通貨リスク(Lisk)のまとめ
Large lisk new logo

bitFlyerやCoincheckで取り扱いのある、仮想通貨Lisk。

国内取引所で取り扱いがあることや、イーサリアムと比較されることがあることから気になっている読者の方は多いのでは。

中でも、この記事にたどり着いた方は

「Liskの開発目的や特徴とは?」
「Liskの仕組みについて知りたい」 「Liskの今後や取引所について知りたい」

など、様々な疑問・ニーズをお持ちの方がいらっしゃるかと思います。

そこで、MoblockではLiskの開発目的や特徴などの概要から、Liskで使用されている仕組みなど、Liskについて抑えるべき情報を、網羅的にわかりやすくご紹介します。

まずは、Liskの開発目的とや基本情報を確認していきましょう。

Liskとは、分散型アプリケーション構築のためのプラットフォームで、プラットフォーム内で使用されている仮想通貨がLSKです。

※分散型アプリケーションについては、注意事項の後に詳しく解説します。

【注意事項】

『Lisk=仮想通貨』という認識の方が多いかと思いますが、実際は

Lisk=プラットフォーム
LSK=仮想通貨
→取引所で取り扱いがされているのが、LSKです。

この記事では、読者の皆様の混乱を防ぐため、プラットフォームのことを「Lisk」、Liskの仮想通貨のことを「LSK」と記載します。

分散型アプリケーションとは、企業や銀行などの中央管理者がいなくても自律して稼働する、アプリケーションのことで、DApps(Decentralized Applications)とも呼ばれています。

現在、スマートフォンなどで利用する、FacebookやLINE、ゲームアプリといった多くのアプリには管理者が存在し、情報の一括管理や仕様変更などを行なっています。

一方、DAppsでは、中央管理者がおらず、アプリケーションを利用する参加者みんなで、データを分散管理し、仕様変更などの意思決定に関わることが可能です。


Liskで構築される、Dappsについてはご理解いただけたでしょうか。

従来の中央集権的なアプリケーションでは、管理者による不正や、ハッキングによるシステムダウンなどの課題がありました。

しかし、Liskでは以下の技術(仕組み)を活用することで、従来の中央集権的なアプリケーションの課題を解決したDappsの構築を可能にしています。

  1. ブロックチェーン
    改ざん耐性やゼロダウンタイム(システムダウンするリスクが限りなくないこと)といった特徴を持つ分散型台帳技術です。
  2. スマートコントラクト
    人の手を介さずに契約を自動で執行させる仕組み。
  3. サイドチェーン
    自由なカスタマイズや、セキュリティの強化を図る技術。

スマートコントラクトやサイドチェーンなどの仕組みの詳細は後述します。

つまり、Liskとは、スマートコントラクトやサイドチェーンを活用することで、中央管理者が存在しなくても自立して稼働し続けるDappsの構築を可能にしたプラットフォームでということです。

基本情報

仮想通貨 LSK
開発者 Max Kordek
開発組織 The Lisk Foundation
発行上限 なし
公式サイト Liskの公式サイト
ホワイトペーパー Liskのホワイトペーパー

この段落では、Liskの開発目的や用途などの概要についてご紹介してきました。

ここまで読んだ方の中には、「Liskとイーサリアムは何が違うのか」という疑問をお持ちの方もいるかもしれませんね。

実際Liskとイーサリアムは用途が似ていますが、異なる技術を活用しています。

次の段落以降では、イーサリアムと比較した時のLiskの特徴と、Liskの技術(仕組み)についてご紹介します。

イーサリアムと比較した時の、Liskの特徴としてあげられるのは、以下の3つです。

  1. Javascriptの活用
  2. 送金に必要な時間が短い
  3. 半減期(減少期)が設定されている

それぞれの特徴を確認していきましょう。

Liskでは、Javascriptというプログラミング言語を活用しています。

一方、イーサリアムでは、イーサリアム開発組織が独自開発した、Solidity(ソリディティ)というプログラミング言語を活用。

イーサリアムでDAppsを開発する際は、独自言語のSolidityについてまず学ばなくてはならないという参入障壁がありました。

ですが、Javascriptとは、世界的に有名なプログラミング言語で、もともと扱えるエンジニアが多いため、『Liskの開発に参加しやすい』や『Liskを活用し、てDAppsを形成しやすい』というメリットがあります。

LIskの独自通貨LSKの送金完了までに必要な時間は、約10秒に設定されているため、送金完了までに必要な時間が約15秒のイーサリアムと比較すると、送金完了までの時間が早いです。

Liskとイーサリアムには、仮想通貨の発行上限が設定されていませんが、Liskには新規発行料が減少する半減期(減少期)が設定されています。

※半減期は正式名称ではありませんが、おそらくビットコインで言う所の半減期と目的が近いと考えられることから半減期と表現しています

厳密にいうと、Liskの半減期とは、取引データをまとめたブロックが300万個生成された際に、Liskの新規発行枚数が減少することです。

回数 時期 新規発行量
初期報酬   5LSK
1回目 2018年11月 4LSK
2回目 2019年11月 3LSK
3回目 2020年11月 2LSK
4回目以降 2021年11月 1LSK

Liskの公式ブログ、Explaining Lisk Forging Rewardsによると、2021年以降は半減期が起きず、フォージング報酬は1LSKで一定になります。

半減期は、供給量を調整することで、「通貨の価値を高める」ために設定されていると言われています。

詳しい内容は「Liskの半減期とは」の記事をご覧ください

Liskの仕組みを理解する上で重要なのは、以下の3つです。

  1. スマートコントラクト
  2. サイドチェーン
  3. Delegated Proof of Stake(DPoS)

それでは、それぞれの詳細を確認していきましょう。

スマートコントラクトとは、契約内容とその執行条件を事前にプログラミングで設定し、執行条件が満たされた時に、契約した内容が人の手を介さず自動で実行されるという仕組み(概念)です。

スマートコントラクトを活用すると、例えば、「明日晴れたら(執行条件)Aさんに1万円送る(契約内容)」という内容を設定し、次の日に「晴れた」場合、1万円の送金が銀行や仲介業者を介さずに自動で実行されます。

Liskでは、イーサリアムと同様に、ブロックチェーンを活用することでスマートコントラクトを実現しています。

スマートコントラクトを実現するためには、『契約が改ざんされることがない』、『中央管理者なしで、契約が自動で実行される』という2つの条件を満たす必要がありました。

ブロックチェーンには『データの改ざんが極めて困難』、『中央管理者なしに機能する』という特徴があります。

ですから、ブロックチェーンに契約内容を記載することで、契約の改ざんを困難にし、中央管理者なしでの契約の自動実行が可能となるのです。

Liskでは、サイドチェーンという技術を活用しています。

サイドチェーンとは、単一のブロックチェーンにはなかった機能の実装や、容易な仕様変更を可能にする技術・概念であり、Liskやイーサリアムなどのメインのブロックチェーン(画像左)と接続された別のブロックチェーン(画像右)のことです。

イーサリアムでは、メインチェーン上でDAppsが構築されるのですが、Liskではユーザーはサイドチェーン上DAppsを構築することができます。

(以下、イメージ図)

サイドチェーンを活用することで、Liskでは、以下のようなメリットを享受できると考えられます。

  • セキュリティの強化
  • 取引処理能力の向上
  • さまざまなサービスを生み出せる柔軟性

セキュリティの強化

サイドチェーンを使用することにより、DAppsの取引をメインチェーンではなく、サイドチェーンで管理することが可能です。

かつて、イーサリアムでは、メインチェーン上に形成された、DAppsがハッキング被害を受けて、メインチェーンをハッキング前の状態に戻すという対応が行われました

Liskでは、サイドチェーン上のDAppsがハッキングを受けた場合、そのサイドチェーンを切り離すことにより、メインチェーンに被害を及ぼすことなく対処が可能となるのです。

これにより、イーサリアムなど、他のDAppsを構築するプラットフォームと比較して、セキュリティに強いというメリットがあると考えられています。

取引処理能力の向上

取引承認時間の短縮をした、サイドチェーンを活用すれば、取引処理能力の向上を図ることが可能です。

サイドチェーンを活用した取引処理向上の手順は以下の通りです。

  1. メインチェーンで処理する取引の一部を、承認時間をはやく設定したサイドチェーンに反映させる
  2. サイドチェーン上で、1度取引の承認作業を行う
  3. サイドチェーン上の取引情報をメインチェーン上に反映させる

このように、サイドチェーンを活用した、取引の並列処理を行えば、取引所利能力の向上につながるのではないかと考えられます。

容易な仕様変更

サイドチェーンは、メインチェーンに自由に接続することが可能で、サイドチェーンの提供者が自由に仕様変更を行うことが可能です。

ビットコインやイーサリアムを始め、多くの分散型プロジェクトの場合、新しい機能を追加したり改善したりする時は、プロジェクトに参加しているメンバーでの合意形成が必要です。

そのため、コミュニティの合意が取れない、または、実装(検証)に時間がかかるという課題があります。

しかし、サイドチェーンを実装する場合、メインチェーン自体の仕様変更はしないため、新しい機能の実装や改善を素早く低リスクで行うことができるといったメリットがあります。

自由な仕様変更が可能なため、ユーザーは自分の目的にあったより柔軟なDAppsが構築できる見込みです。

Liskでは、Delegated Proof of Stake(DPoS)というコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

LIskのDPoSでは、取引承認をおこなう101人の代表者を、LSKの保有者による投票で選出します

この投票権は、LSKの保有量に応じて割り当てられており、この投票により選ばれた101人の承認者は、割り当てられた順番に応じて取引承認を行っていくのです。

そして、101名の代表者は取引の承認を行うごとに、報酬として取引手数料と新規発行されるLSKを受け取ることができます。

リスクの特徴を理解したところで、リスクとよく比較される、イーサリアムとの違いを解説していきます。

イーサリアムとは、スマートコントラクトを実装した、分散型アプリケーション形成のためのプラットフォームで、リスクより先に開発されました。

では、イーサリアムとリスクの違いは一体何なのか、次の段落で紐解いていきましょう。

2018年1月から3月にかけてLisk社は新しいブランドアイデンティティとWEBサイトを発表するとしています。

また、新しいLiskウォレットが含まれるLisk Desktop/ Web Appの発表があるということです。

このイベントは2月20日にベルリンで行われます。

リスクの今後の予定されているイベントは以下の通りです。

・2017年12月 Lisk CORE1.0にアップデート
・2018年1月〜3月 リローンチ
・2018年2月 リブランディング
・2018年7月 分散型取引所

以下、各イベントの詳細を解説していきます。

2017年12月にLisk CORE1.0がアップデートされるといわれています。

このアップデートの内容は以下のとおりです。

  1. サイドチェーンの強化と規模の拡大
  2. SDK(Software Development Kit)という開発者ツールの配布
  3. インターフェースの開発、研究をベルリンの企業と共同で行う

Lisk CORE1.0にアップデートでは、サイドチェーンの強化、規模の拡大によってDAppsなどの開発の柔軟性がさらに高まることが予想されます。

また、SDKという開発者向けのツールを配布することで、ユーザーがLiskのシステム上にアプリケーションを開発できるようになります。

つまりLiskがアプリケーション形成プラットフォームとして多くの人々に使用される可能性が高まるということです。

インターフェースに関しては、どのような変更が行われるのか現在のところはっきりとわかっていません。

2018年2月にはリブランディングが行われる予定です。

このリブランディングにより、Liskの名称を変更し、よりLiskのシステムが使われやすいブランドを目指すといわれています。

リスクの名称を変更するといわれているのですが、これは、リスクという言葉が『risk(危険)』を連想させるためという噂もあります。

また、リブランディング戦略顧客名簿にはマイクロソフト、メルセデスが含まれていることがわかっており、リスクの更なる発展が見込まれています。

Liskの仮想通貨LSKは、Cryptocurrency Market Capitalizations(2018/8/9時点)で確認できるだけでも、21箇所の取引所で取り扱いがされています。

中でも、LSKを購入するのにおすすめの取引所は、bitFlyer(ビットフライヤー)です。

bitFlyerは株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨交換所で、金融庁の仮想通貨交換業者にも登録されています。

bitFlyerでLSKを購入するのがおすすめな理由は、以下の2点です。

  1. 国内の仮想通貨交換業者で唯一LSKを取り扱う
  2. 即時売買が可能
    取引所だけではなく、販売所形式のサービスを提供しているため、好きなタイミングで即時売買が可能。

bitFlyerでは、LSK以外に6種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコイン)に対応しています。

LSKを購入したいという方は、bitFlyerを検討してみてはいかがでしょうか。

LSKを管理するのにおすすめのウォレットは、以下の2つです。

  1. Lisk Nano
    PCで管理するタイプのウォレットで、Liskの公式ウォレットです。
  2. Lisk Wallet by Freewallet
    Freewalletが提供している非公式のモバイルウォレットで、iOSとAndroidに対応しています。

国内では、Mt.Gox(マウントゴックス)社の倒産や、Coincheck(コインチェック)から約580億円相当のネム(XEM)が不正アクセスによって紛失した事件をきっかけに、仮想通貨を取引所ではなく自分のウォレットで安全に管理しようという方が増加しているのではないでしょうか。

取引所にLSKを預けているのは不安で、自分のウォレットで管理したいという方は、上記2つのウォレットの利用を検討していてはいかがでしょうか。

Liskとは、スマートコントラクトを実装した、分散型プラットフォーム形成のためのプラットフォームで下記のような特徴がありましたね。

  1. JavaScriptを活用
  2. サイドチェーン上でDAppsを構築する
  3. DPoSの基づき、101名の代表者がブロックの承認を行う
  4. 新規発行量が一年毎に減少し、5年目以降は新規発行量は1LSK

リスク(Lisk)は、開発当初から40倍ほど価格が上昇している仮想通貨で、2018年にはリローンチなど、さまざまなイベントを行なっています。

今後は複数のミートアップを予定しており、ミートアップ内での発表に注目して行きたいと思います、