目次

    全ての目次を見る
  1. Bitcoin(ビットコイン)とLisk(リスク)はそもそも開発目的が違う
  2. Bitcoin(ビットコイン)とLisk(リスク)の開発目的(用途)とは
  3. Bitcoin(ビットコイン)とLisk(リスク)の違い
  4. Bitcoin(ビットコイン)とLisk(リスク)のコンセンサスアルゴリズムの違い
  5. Bitcoin(ビットコイン)とLisk(リスク)のスマートコントラクト実装の有無
  6. Bitcoin(ビットコイン)とLisk(リスク)の半減期の違い
  7. Bitcoin(ビットコイン)とLisk(リスク)で使用(試用)されているサイドチェーンとは
  8. Bitcoin(ビットコイン)とLisk(リスク)対応の取引所
  9. Bitcoin(ビットコイン)とLisk(リスク)の違い・共通点まとめ
Large btcandlsk

仮想通貨の中で最大の時価総額を誇るBitcoinと、ロゴの変更などのリブランディングを行なったLiskの違いや今後、共通点について知りたい方は多いのではないでしょうか。

そもそも、Liskとはアルトコインの一種です。

アルトコインとは、ビットコイン以外の通貨の総称で、ビットコインを元に機能を追加したコインや、ビットコインの課題を解決したもの、ビットコインでは実現困難なことを可能にするために開発されたコインがあります。

Liskもこのアルトコインに該当し、Bitcoinとは開発目的が異なるため、用途や特徴に違いがあります。

その一方で、共通点があるのも事実です。

この記事では、BitcoinとLiskについて、開発目的や用途、特徴の違い、共通点について紹介していきます。

BitcoinとLiskの開発目的と、現在の用途はそれぞれ以下の通りです。

Bitcoinの開発目的と用途

  1. 開発目的
    銀行や企業など、中央管理者がいなくても成立する支払いシステムとして開発されました。
  2. 用途
    DMM.comビックカメラで支払い手段として活用されています。
    ②投資・投機商品として使用されることが多いです

Liskの開発目的と用途

  1. 開発目的
    自由にカスタマイズ可能な分散型アプリケーション形成のプラットフォームとして開発されました。
  2. 用途
    RENという、教育サービスのプラットフォームで活用予定です。
    ②投資・投機商品として使用されることが多いです。

分散型アプリケーションとは、『Dapps(Decentralized Applications)』とも呼ばれいて、簡単にいうと以下の条件を満たしたアプリケーション(サービス)のことを指します。

  1. 誰でも自由に使用できる
  2. 中央管理者が存在しなくても、自律的に動作する
  3. ブロックチェーンで、データを管理する
  4. コンセンサスアルゴリズムを使用

参考元①:The General Theory of Decentralized Applications, Dapps
参考元②:Dapps - Ethereum Homestead 0.1 documentation


Bitcoinでは、後述するスマートコントラクトを実装していないことや、取引の遅延や手数料の高騰などのスケーラビリティ問題が関係し、現在のところDAppsの構築が困難(あまり適していない)と考えられています。

スマートコントラクトを実装し、DAppsの構築のためのプラットフォームとして開発されたもので有名な仮想通貨がLiskやイーサリアムです。

LiskはBitcoinにはない機能の実装や、実現困難なことを可能とするアルトコインといえます。

BitcoinとLiskの開発目的と現在の用途をご紹介しましたが、そもそも開発目的や用途が違いましたね。

次の段落以降ではBitcoinとLiskの相違点と共通点を、それぞれご紹介します。

まずは、BitcoinとLiskの相違点を見ていきましょう。

BitcoinとLiskの違いは以下の通りです。

  1. 取引の承認時間の違い
    ・Bitcoin:約10分
    ・Lisk:約10秒
  2. 発行上限の違い
    ・Bitcoin:2100万枚
    ・Lisk:上限なし
  3. コンセンサスアルゴリズムの違い
    ・Bitcoin:Proof of Work
    ・Lisk:Delegate Proof of Stake
  4. スマートコントラクトの実装
    ・Bitcoin:非実装
    ・Lisk:実装
  5. 半減期の違い
    ・BItcoin:4年毎に半減
    ・Lisk:1年毎に減額

Bitcoinには発行枚数の上限が設定されていますが、Liskには発行上限が設定されておらず、Liskの方が取引データの承認時間がはやいなど、さまざまな違いがあります。

それでは、ご紹介したBitcoinとLiskの違いのうち、深ぼれるものを確認してきましょう。

取引の承認時間とは、決済や送金を行った際の取引データが、ブロックチェーンという取引台帳で管理するまでにかかる時間のことです。

BitcoinとLiskでは、ブロックチェーンで取引データを管理することで、決済や送金が完了したことが承認されます。

※取引データが入ったブロックがブロックチェーンに追加されてから、一定の時間が経ったら取引の完了が確定する場合もあるので、注意してください。

BitcoinではProof of Work(PoW)、LiskではDelegated Proof of Stake(DPoS)というコンセンサスアルゴリズムを使用しているのですが、そもそもコンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーンにどのブロックを追加するかを決めるためのルールのことです。

【PoWとDPoSの違い】

  1. Proof of Work
    →計算問題を一番早く解いた参加者の生成したブロックをブロックチェーンに追加
  2. Delegated Proof of Stake
    →投票で選ばれた代表者が承認(作成)したブロックをブロックチェーンに追加

では、PoWとDPoSがどのようなコンセンサスアルゴリズムなのか、それぞれご紹介します。

Proof of Workに基づく、取引データをまとめたブロックの作成から、ブロックチェーンでの追加までの一連の作業をマイニングといいます。

【Proof of Workの一連の流れ】

  1. 未承認ブロックの作成
    →取引データをまとめる作業
  2. 計算作業を行う
    →ブロックの追加権をかけて勝負
  3. 一番早く計算問題を解く
    →解答をブロックと一緒にネットワーク上に送信
  4. ブロックの追加
    →答えがあっている場合のみ

Proof of Workでは、ビットコインネットワークに参加している、不特定多数の参加者がブロックを追加する権利をかけて計算問題を解いているのです。

計算問題を一番早く解き、ブロックをブロックチェーンに追加することができれば、新規発行されるBitcoin(BTC)を報酬として受け取ることが可能なので、参加者はマイニングを行なっています。

まとめると、Proof of Workで、ブロックを追加する代表者は、不特定多数の参加者の中から計算問題によって決められているのです。

Liskでは、Delegated Proof of Stakeに基づいて、ブロックをブロックチェーンに追加しているのですが、 この作業をLiskではフォージング(鋳造)といいます。

【DPoSの一連の流れ】

  1. 代表者に立候補
  2. 代表者の投票
  3. 代表者に当選
    →最大で101人の代表者が選ばれます
  4. 取引をまとめたブロックを作成
  5. 代表者が署名をし、ネットワークに送信
  6. ブロックの追加

LiskのDelegated Proof of Stakeでは、不特定多数のLSK保有者の中から、Delegateと呼ばれる代表者(最大101人)を投票で選出しているのです。

Proof of Workでは、計算問題を一番早く解いた参加者でしたが、DPoSでは投票によって選ばれた代表者がブロックの追加作業を行います。

Bitcoinでは、スマートコントラクトは実装していませんが、Liskではスマートコントラクトが実装されています。

Liskのスマートコントラクトとは、ブロックチェーンで管理した契約内容を、人の手を介さずに自動で実行させる仕組みのことです。

自動販売機の例

自動販売機は「必要な金額を投入」と「欲しいドリンクのボタンを押す」という二つの条件が満たされた場合、「特定の飲料を提供する」という契約が人のを介さずに自動で実行されます。

半減期とは、コインの新規発行量が一定期間毎に、半減することを指しますが、BitcoinとLiskでは意味合いが少々異なります。

Bitcoinの半減期とは、コインの新規発行量(マイニング報酬)が約4年毎に半減することで、厳密にいうと、21万個のブロックが生成されたタイミングで半減することです。

一方、Liskの半減期とは、コインの新規発行量(フォージング報酬)が約1年毎に1LSK減額することで、300万個のブロックが生成されたタイミングで減額します。

また、違いは半減と減額だけではなく、半減期の頻度も異なります。

【Bitcoinの半減期の日程】

回数 時期 新規発行量
初期報酬   50BTC
1回目 2012年 25BTC
2回目 2016年 12.5BTC
3回目 2020年 6.125BTC
2020年以降、4年毎に報酬が半減します。

ビットコインの半減期は2020年以降も継続して行われるので、2140年頃にコインの新規発行終了し、マイニング報酬は取引手数料のみとなります。

一方、Liskの半減期はBitcoinとは違い、期間が設定されているのです。

Liskの半減期の日程

回数 時期 新規発行量
初期報酬   5LSK
1回目 2018年11月 4LSK
2回目 2019年11月 3LSK
3回目 2020年11月 2LSK
4回目 2021年11月 1LSK

Liskの公式ブログ、Explaining Lisk Forging Rewardsによると、2021年以降は半減期が起きず、フォージング報酬は1LSKで一定になります。

まとめると、Bitcoinの半減期とは、新規発行量が約4年毎に半減し、発行上限を迎えるまで続くことで、Liskの半減期とは、新規発行量が約1年毎に1LSk減額することで、2021年以降は半減期は起こりません。

ここまでで、BitcoinとLiskの違いについてご紹介してきましたが、次の段落ではBitcoinとLiskでよく耳にするサイドチェーンについてご紹介します。

Liskで実装されていて、今後Bitcoinで活用予定のサイドチェーンとは、なんなのか見ていきましょう。

サイドチェーンとは、図のようにメインのブロックチェーンと接続した、別のブロックチェーンのことで、Liskに実装されている技術で、今後Bitcoinでの活用が検討されています。

サイドチェーンには、カスタマイズが可能という特徴があり、例えばBitcoinのサイドチェーン上では、DPoSの採用や、取引の承認時間の変更が可能です。

Bitcoinでは、サイドチェーンを活用することで、取引承認の遅延や取引手数料の高騰などのスケーラビリティ問題が解決できるとされています。

すでに、サイドチェーンを活用しているLiskではDAppsをがサイドチェーン上で構築することで、Liskの利用者は自分の目的にあった仕様のDAppsを構築することが可能です。

BitcoinとLiskを取り扱う国内取引所は、bitFlyerです。

【bitFlyerの特徴】 1. ビットコインの取引高が日本一 2. メールアドレス・パスワード等の盗取の際の、損害保険を提供 3. 仮想通貨の取引高が高い
→世界11位(2018/3/9Cryptocurrency Market Capitalizations参照)
4. 国内で唯一(※)Liskを取り扱う

「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義、 及びセキュリティ・顧客資産保護に関する取り組みについてを発表しました。

(※)

仮想通貨交換業者に登録されている取引所の中での話です。

BitcoinとLiskの違いと共通点には以下のようなものがありましたね。

【BitcoinとLiskの違い】

  1. 開発目的の違い
    ・Bitcoin:支払いシステム
    ・Lisk:DApps構築のためのプラットフォーム
  2. 取引の承認時間の違い
    ・Bitcoin:約10分
    ・Lisk:約10秒
  3. 発行上限の違い
    ・Bitcoin:2100万枚
    ・Lisk:上限なし
  4. コンセンサスアルゴリズムの違い
    ・Bitcoin:Proof of Work
    ・Lisk:Delegate Proof of Stake
  5. スマートコントラクトの実装
    ・Bitcoin:非実装
    ・Lisk:実装
  6. 半減期の違い
    ・BItcoin:4年毎に半減
    ・Lisk:1年毎に減額

【BitcoinとLiskの共通点】

  1. サイドチェーン ・Bitcoin:活用予定 ・Lisk:実装

BitcoinとLIskは、そもそも開発目的が違うので、用途や特徴、機能面で違いにがありましたね。

Bitcoinでは今後、ライトニングネットワークやサイドチェーンを活用することで、支払いシステムとしての利便性が向上することが期待されています。

また、Liskは今後、Liskのシステムの開発に必要なSDK(Software Development Kit)がユーザーに提供される予定なので、システムの改善やプラットフォームとしての利用が進んでいくと考えられています。

Bitcoin、Liskともに、今後の発展に注目です。