目次

    全ての目次を見る
  1. ビットコイン(bitcoin)とモネロ(monero)とは
  2. ビットコイン(bitcoin)とモネロ(monero)の違い
  3. ビットコイン(bitcoin)とモネロ(monero)の基本情報の違い
  4. ビットコイン(bitcoin)とモネロ(monero)の匿名性の仕組みの違い
  5. ビットコイン(bitcoin)とモネロ(monero)を購入できる取引所紹介
  6. ビットコイン(bitcoin)とモネロ(monero)の違いまとめ
Large young woman listening 620991312 1027x1027

仮想通貨の中でも特に知名度の高いビットコイン以上に、匿名性に優れている仮想通貨といわれているのがモネロです。

「ビットコインとモネロの匿名性の違いとは」「ビットコインとモネロの違いをもっと知りたい」という読者の方がこの記事にたどり着いたのではないでしょうか。

この記事では、ビットコインとモネロの基本情報の違いや匿名性の違いをわかりやすく解説していきます。

ビットコインとモネロを比較した時の大きな違いは、開発目的(用途)と匿名性の違いです。

開発目的(用途)の違い

  • ビットコイン
    銀行や政府など、信頼できる発行元(中央機関)が存在しなくても価値が生まれるデジタル通貨を目的に開発され、国内ではDMMやビックカメラなどで決済手段として使用されている
  • モネロ
    ユーザーのプライバシーの強化を図るために開発された仮想通貨ですが、闇市場などで使用される(※1)

匿名性の違い

  • ビットコイン
    「どのアドレスからアドレスへ送金されたのか(※2)」という情報が第三者に公開されている
  • モネロ
    リング署名やステルスアドレスという技術を活用することで、支払いや送金をしたという事実はわかるが、「どのアドレスに送金したのか」「誰の送金なのか」という情報を第三者から隠している

(※1)

モネロは麻薬や銃器などの不正商品を扱うダークネットマーケットの1つ、AlphaBay(アルファベイ)という世界最大の闇サイトで使用されていました。(現在は閉鎖されています)

(※2)

アドレスとはビットコインとモネロを使用する際に必要なもので、預金通帳のようなものです。

電子データであるビットコインとモネロはアドレスを使用することで、支払いや送金などを行っているのです。


ビットコインとモネロの開発目的と匿名性の違いについて確認しましたが、この記事ではこれらの違いに加え、それぞれを比較した時の以下の違いについて解説していきます。

  • 基本情報の違い
  • 匿名性の仕組みの違い

まずは、ビットコインとモネロの基本情報の違いについて見ていきましょう。

  ビットコイン(Bitcoin) モネロ(Monero)
独自通貨 BTC XMR
発行量 2100万枚 1840万枚
半減期 あり なし
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work Proof of Work
暗号化方式 SHA-256 Crypto Night
ブロックサイズ 1MB 制限なし
承認時間 約10分 約2分
時価総額 26兆円(1位) 6100億円(11位)

時価総額はCryptocurrency Market Capitalizationsの、2017/12/28のデータを参考にしています。

コンセンサスアルゴリズムとは、取引データを記録する台帳に、どの取引データを記録するかを決める方法のことです。

二つの通貨を比較した時の基本情報の違いで抑えておくべきは、半減期と暗号化方式、ブロックサイズと承認時間の違いです。

承認時間とは、決済や送金を行った際の取引データを、取引台帳で管理するまでにかかる時間のことです。

ビットコインとモネロでは、ブロックチェーンとよばれる取引台帳が使用されており、ブロックチェーンで取引データが管理されることで、取引データの改ざんが困難になっています。

それぞれ解説していきます。

半減期とは、新規発行量が半減することを指し、ビットコインには設定されていますが、モネロには設定されていません

具体的にいうと、ビットコインの半減期とは、ビットコインの新規発行量が4年に一度半減することを指します。

ビットコインとモネロではマイニングという作業によって、コインの新規発行が行われるのですが、このときに新規発行されたコインはマイニングを行った利用者(マイナー)に報酬として支払われているのです。

ですから、半減期とは、マイニングした者の報酬が半減することも意味し、モネロではマイニング報酬の半減が存在しないということもビットコインとの違いといえます。

マイニングとは、コインの新規発行に必要な作業のことです。

具体的には、取引データをブロックチェーンで管理するため不特定多数のコイン利用者が、取引データをまとめたブロックを作成し、ブロックチェーンに追加するブロックをかけて、計算問題を解く競争のことを指します

ちなみに、計算問題を一番早く解いた利用者が作成したブロックがブロックチェーンに追加されるのですが、この利用者には新規発行されるコインが報酬として支払われます。

ビットコインではSHA-256モネロではCrypt Nightという暗号化方式を使用していますが、この違いがもたらすのは、ビットコインとモネロでの、一般人のマイニング成功確率の違いです。

ビットコインではマイニング専用のASICという高額なツールを大量に使用しなければ、マイニングに成功するのは困難ですが、モネロでは一般のコンピュータでもマイニングに成功する可能性が高いです。

ASICとは、Application Specific Integrated Circuitの頭文字をとったもので、「特定の目的のために作られた集積回路」という意味です。

パソコンが、さまざまな目的のために造られた汎用コンピュータなのに対し、ASICは、あるひとつの目的のために特化して造られた専用コンピュータで、その特化された目的で卓越した性能を発揮します。

ASICとは、暗号化方式に対応して開発されるのですが、ビットコインのSHA-256に対応したASICは開発されていますが、モネロのCrypt Nightに対応しているASICは開発されていません。

ですから、モネロの方がビットコインと比較して、一般の人(コンピュータ)でのマイニング成功確率が高いという違いがあるのです。

ビットコインのブロックサイズは1MBですが、モネロ(Monero)にはブロックサイズに制限がありません

ビットコインでは1つのブロックサイズは1MBと決まっているので、1つのブロックに格納できる取引データの数は決まっています。(1秒間に7取引といわれています)

モネロには、ブロックサイズに制限がないので、取引データ量が多くなってもブロックサイズを増やすことで対応が可能で、取引データの承認時間の高速化が可能となります

ですから、モネロでは取引承認の時間は約2分で、ビットコインと比較すると約5倍の速さで取引の承認が可能です。

ビットコインの承認時間は約10分、モネロの承認時間は約2分で、モネロはビットコインと比較して1/5のスピードで取引承認がおこなわれています

取引承認速度の違いから、以下のことがいえます。

  • モネロの方が即時性の必要な決済や送金に向いている
  • ビットコインの方がセキュリティ面では優れている
  • モネロの方がブロックチェーンが分岐(フォーク)する確率が高い

それぞれの違いがどういうことなのか、理由も踏まえて解説していきます。

モネロの方が即時性の必要な決済や送金に向いている

ビットコイン、モネロともに、取引データが、ブロックチェーンに格納されなければ、一部の場合を除き(※)、決済や送金は完了しません。

ですから、モネロは取引の承認時間が早い、すなわち、取引データがブロックチェーンに格納されるまでの時間が早いので、ビットコインと比較して、即時生の必要な決済や送金に向いていると考えられます。

(※)

ビットコインの決済を導入している店舗では、ゼロタイム決済を導入している場合があります。

ゼロタイム決済とは、簡単にいうと、ブロックチェーンに取引データが格納される前に、決済を完了させるというものです。

ですから、一概にビットコインが即時性の必要な決済に向いていないということはできません。

ビットコインの方がセキュリティ面で優れている

取引データをブロックチェーンで管理する際、取引データに改ざんや二重支払い(※)などの不正がないかどうかの検証が行われています。

そのため、ビットコインではモネロよりも、取引の承認時間、すなわち、取引データに不正がないか検証する時間が長いため、セキュリティ面で優れていると考えられます。

また、取引の承認時間とは、ブロックが作成されるまで、すなわち、マイニングに必要な時間といえるのですが、ビットコインでは約10分のマイニング生成時間を設定することで、ブロックの改ざんを防止しているのです。

ここで詳細は解説しませんが、気になる方は、「ビットコインを支えるマイニング(採掘)とは」の記事をご覧ください。

二重支払いとは、同じコインを別々の支払いに使用することです。

ビットコインとライトコインともに実体のない仮想通貨で、コインもデジタルデータであらわされているため、このに二重支払い(同じ電子データを別々の人に送る)という問題を抱えています。

モネロの方がブロックチェーンが分岐する確率が高い

ブロックチェーンの分岐(フォーク)とは、ブロックが同時に生成されることで、ブロックチェーンが枝分かれすることを指します。

マラソンの短距離走と長距離走をイメージしていただきたいのですが、短距離走(承認時間が短い)方が、ほぼ同時にランナーがゴールする(ほぼ同時にマイニングに成功するものがいる)野に対し、長距離走(承認時間が長い)方が、同時にゴールするランナーは少ない(ほぼ同時にマイニングに成功する確率が低い)です。

ですから、ビットコインよりもモネロの方がブロックチェーンが分岐する確率が高いといえます。

ブロックが同時にされると、図のようなことが起こります。

このように、同時にブロックが生成されるとブロックチェーンが一時的に分岐するのですが、どのようにして片方のブロックチェーンに収束するのかというと、以下の通りです。

  1. 分岐したままの状態にする
  2. 参加者が好きな方のブロックチェーンにブロックを追加していく
  3. 時間の経過とともに、長さに差が生じてくる
  4. 長いブロックチェーンに収束する

マイニングに成功すると、報酬がもらえるのですが、分岐してしまい、無効となったブロックチェーンに追加されたブロックを作成(追加)した者には、報酬が支払われません。

ですから、分岐が多いということは、マイニングの報酬がもらえない可能性が高いといえます。

モネロでは、リング署名とステルスアドレスという技術を使用することで、ビットコインと比較して匿名性に優れているといえます。

ビットコインとモネロを決済や送金に使用する際、どちらもアドレスを使用し、このアドレスでコインを管理しています。

このアドレスは個人情報とは結びついておらず、アドレスが第三者に知られても個人を特定することはできません

ですが、ビットコインでは、「どのアドレスから、どのアドレスにいくら送金したのかという情報」が第三者に公開されているため、匿名性がないといわれています。

また、ビットコインでは、アドレス情報は誰でも調べることが可能なので、どのアドレスにいくらビットコインが管理されているか(残高情報)も第三者は知ることが可能です。

モネロではステルスアドレスで、「公開されているアドレスから残高を把握すること」、リング署名で「どのアドレスが送金・決済をしたのか」という情報を第三者から隠しています。

ですから、モネロの方がビットコインより、匿名性の必要な決済や送金に優れているといえます。

リング署名やステルスアドレスについて知りたい方は、「仮想通貨のMonero(モネロ)とは」の記事をご覧ください。

ここでは、ビットコインとモネロを購入できる、国内取引所のCoincheck(コインチェック)と海外取引所のBinance(バイナンス)について紹介します。

Coincheck(コインチェック)は、国内の取引所で最も多くの仮想通貨を扱っており、日本人にもわかりやすいUIなので、モネロ以外にも様々な仮想通貨を購入したい方におすすめです。

口座開設方法は以下の通りです。

  1. coincheckの公式HPへ
  2. ユーザー登録画面に情報入力
  3. 確認メールが届くのでリンクから個人情報入力
  4. 画面の指示に従って本人確認書類の提出

Binanceは仮想通貨の取引高が世界一で、「取り扱い通貨数が多い(約80種類)」、「手数料が安い(0.1%)」などのメリットがあります。

  1. Binance公式サイトにアクセス
  2. メールアドレスを入力する
  3. パスワードを設定して入力する (8桁以上、大文字小文字を含める)
  4. 再度同じパスワードを入力する
  5. 規約の同意にチェックする
  6. 登録ボタンをクリック

ビットコインとモネロを比較した時の違いには以下のようなものがありましたね。

  • ビットコインには半減期が設定されているが、モネロには設定されていない
  • ビットコインよりモネロの方がマイニングに成功しやすい
  • ビットコインブロックサイズは1MBだが、モネロにはブロックサイズの制限がない
  • モネロの方が即時決済に向いているが、ビットコインの方がセキュリティ面で優れている
  • ビットコインよりモネロの方が匿名性が高い

匿名性が高いことから、モネロはビットコインより、プライバシーの観点で優れているのですが、モネロ(Monero)は、匿名性の高さゆえに、ダークネットマーケット(闇市場)などで使用されています

携帯や車も悪用されていることからわかるように、これはモネロが悪用されるために作成されてということではありません。

しかし、このことから、匿名性を強化する際には、ユーザーのプライバシーを保護する反面、悪用されるリスクがあるのです。