目次

    全ての目次を見る
  1. bitcoin(ビットコイン)とdash(ダッシュ)の違いを比較
  2. bitcoin(ビットコイン)とdash(ダッシュ)の違い
  3. bitcoin(ビットコイン)とdash(ダッシュ)の基本情報の違い
  4. bitcoin(ビットコイン)とdash(ダッシュ)の取引承認時間の違い
  5. bitcoin(ビットコイン)とdash(ダッシュ)の匿名性の違い
  6. bitcoin(ビットコイン)とdash(ダッシュ)の取引承認者の違い
  7. bitcoin(ビットコイン)とdash(ダッシュ)を購入できる取引所紹介
  8. bitcoin(ビットコイン)とdash(ダッシュ)の違いまとめ
Large woman in glasses reading book comes up with idea 506245774 1257x838

仮想通貨の中でも特に知名度の高いbitcoinですが、bitcoinより匿名性や承認時間に優れているといわれる仮想通貨にdashがあります。

bitcoinとdashの『匿名性の違い』や『取引承認時間の違い』などの情報を知りたいという読者の方が、この記事にたどり着いたのではないでしょうか。

この記事では、bitcoinとdashのそれらの違いに加えて、『暗号化方式の違い』や『ブロックの承認者の違い』など、さまざま情報をわかりやすく比較していきます。

bitcoinとdashを比較したときの違いとは、開発目的の違いに由来しています。

開発目的の違い

  • bitcoin
    銀行や政府など、信頼できる発行元(中央機関)が存在しなくても価値が生まれるデジタル通貨を目的に開発され、国内ではDMMやビックカメラなどで決済手段として使用されている
  • dash
    ユーザーのプライバシー(匿名性)の強化と迅速な取引を実現するために開発された仮想通貨

bitcoinとdashの開発目的の違いを確認しましたが、この違いを比較することで、bitcoinとdashの以下の大きな違いがわかります。

  • 取引の承認時間の長さの違い
    →bitcoinの承認時間:10分
    →dashの承認時間:数秒
  • 匿名性の違い
    →bitcoinの匿名性:弱
    →dashの匿名性:強

bitcoinは2008年に開発された仮想通貨で、取引承認に必要な時間や、匿名性に懸念点がありました。

dashはbitcoinを参考に開発され、これらの懸念点を解決しているのです。

さらに、bitcoinとdashのその他の特徴を比較した場合には、以下の違いがあります。

  • ブロック承認者の違い
    →bitcoin:マイニングに成功したマイナー以外の不特定多数のマイナー
    →dash:マスターノードと呼ばれるdashネットワーク参加者
  • 暗号化方式の違い
    →bitcoinの暗号化方式:SHA-256
    →dashの暗号化方式:X11

次の段落以降では、今解説した4つの違いを詳細に解説していきます。

まずは、基本情報と暗号化方式の違いについて比較していきましょう。

承認時間とは、決済や送金が完了するまでに必要な時間のことで、詳細にいうと、決済や送金を行った際の取引データをまとめたブロックを、ブロックチェーンという取引台帳で管理するまでにかかる時間のことです。

取引データを承認する工程では、マイニングという作業が行われているのですが、このマイニングを行う人のことをマイナーと呼びます。

  bitcoin(ビットコイン) dash(ダッシュ)
開発者 サトシナカモト Evan Duffield
独自通貨 BTC DASH
半減期 あり あり
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work Proof of Work
暗号化方式 SHA-256 X11
ブロックサイズ 1MB 2MB
発行上限 2100万枚 2200万枚
時価総額 26兆(1位) 1兆(9位)

時価総額はCryptocurrency Market Capitalizationsの、2017/12/28のデータを参考にしています。

コンセンサスアルゴリズムとは、取引データを記録する台帳に、どの取引データを記録するかを決める方法のことです。

基本情報の違いで抑えておくべき点は、暗号化方式の違いです。

暗号化方式とは、取引データなどを暗号化する際に使用している技術のことです。

bitcoinではSHA-256dashではX11という暗号化方式を使用しています。

SHA-256とは、ハッシュ関数の一つで、ハッシュ関数とは、あるデータを暗号化するために使われる関数のことです。

一方、X11とは11種のハッシュ関数(blake、groestl、jh、bmw、skein、shavite、echo、simd、luffa、cubehash、keccak)を組み合わわせた暗号方式です。

後発のdashで異なる暗号化方式を使用している背景には、bitcoinで問題視されていたASICの開発を困難にさせるためと考えられます。

ASICとは、Application Specific Integrated Circuitの頭文字をとったもので、「特定の目的のために作られた集積回路」という意味です。

パソコンが、さまざまな目的のために造られた汎用コンピュータなのに対し、ASICは、あるひとつの目的のために特化して造られた専用コンピュータで、その特化された目的で卓越した性能を発揮します。

dashの開発以前、bitcoinではマイニング専用のASICが開発されていました。

ASICは高額で、かつ資金の豊富な企業がASICなどのマイニング用のツールを大量に使用したため、一般の人がマイニングに成功するには、大量のASICなどのマシンを購入、維持するのに必要な資金が必要になり、一般の人がマイニングに成功することが困難になりました。

マイニングが一部の企業に集中することで、新規発行されるコインを一部の企業が独占することや、分散化の仮想通貨という理念に反しているのでは、と問題視されていたのです。

dashでは、X11を使用したことで、ASICを開発するのを困難にし、マイニングの集権化問題が顕在化する前に、コインを分散化させることに成功したと述べています。

ちなみに、現在はX11に対応したASIC(Antminer D3 19.3 GH/s X11 ASIC Dash Miner)は開発されているため、X11は現在、分散化の役割は果たしていないといえます。

bitcoinでは、取引の承認に約10分必要ですが、dashではインスタンドセンドという技術を活用することで、わずか数秒で取引の承認が可能で、即時性に優れています。

bitcoinでは、取引の承認時間を10分に設定することで、取引データの改ざんを困難にするなどセキュリティ面を担保しているのですが、この10分間が即時性の必要な決済には向かないという問題がありました。

bitcoinもdashも、決済や送金の取引データをまとめたブロックがブロックチェーンに追加されることで有効な決済(or送金)として認められます

すなわち、取引データがブロックチェーンに格納されるまでは、決済や送金が完了しないということです。

ですから、インスタンドセンドを使用しているdashは、取引の承認時間が早い、すなわち、取引データがブロックチェーンに格納されるまでの時間が早いので、bitcoinと比較して、即時生の必要な決済や送金に向いていると考えられます。

インスタンドセンドの技術的な詳細に関しては、「仮想通貨Dash(ダッシュ)とは」の記事をご覧ください。

dashはプライベートセンドという技術を活用しているため、bitcoinよりも匿名性に優れているといえます。

bitcoinとdashを決済や送金に使用する際、どちらもアドレスを使用し、このアドレスでコインを管理しています。

アドレスとは電子データであるbitcoinとdashを管理する預金通帳のようなものです。

bitcoin、dashともに、アドレスは個人情報とは結びついておらず、アドレスが第三者に知られても個人を特定することはできません

ですが、bitcoinでは、「どのアドレスから、どのアドレスにいくら送金したのかという情報」が第三者に公開されているため、匿名性がないといわれています。

dashでは、プライベートセンドを活用することで、いくら送金したのかなどの情報はわかる一方で、「どのアドレスに送金したのか」「どのアドレスから送金されたのか」という情報が第三者にはわからなくなっています。

プライベートセンドの仕組みに関しては、「仮想通貨Dash(ダッシュ)とは」の記事で詳しく解説しています。

bitcoinでは、不特定多数のマイナーによって、取引の承認が行われますが、dashでは、マスターノードと呼ばれる、不特定多数のdashネットワーク参加者のうち、以下の条件を満たした利用者が代表して取引の承認を行います。

マスターノードになる条件

  • 1000DASH以上を保持
  • 専用のIPアドレスを使用
  • 24時間端末を稼動する
    →1時間以上の未稼働時間があってはならない

この違いゆえに、bitcoinとdashでは、マイニング報酬が異なります。

bitcoinではマイニングに成功したマイナーが、マイニング報酬の100%を報酬としてもらえるのに対して、dashではマイニングに成功したマイナーは、マイニング報酬のうち45%のみ報酬としてもらえます。

残りの55%のうち、45%はブロックを承認するマスターノードに与えられ、残りの10%はdashに必要な予算として分配されているのです。

dashでは、マスターノードに権力が集中している点から、bitcoinと比較して、中央集権管理者のいないデジタル通貨としての要素が弱いという意見があります。

ここでは、bitcoinとdashを購入できる、国内取引所のCoincheck(コインチェック)と海外取引所のBinance(バイナンス)について紹介します。

Coincheck(コインチェック)は、国内の取引所で最も多くの仮想通貨を扱っており、日本人にもわかりやすいUIなので、ダッシュ以外にも様々な仮想通貨を購入したい方におすすめです。

口座開設方法は以下の通りです。

  1. coincheckの公式HPへ
  2. ユーザー登録画面に情報入力
  3. 確認メールが届くのでリンクから個人情報入力
  4. 画面の指示に従って本人確認書類の提出

Binanceは仮想通貨の取引高が世界一で、「取り扱い通貨数が多い(約80種類)」、「手数料が安い(0.1%)」などのメリットがあります。

  1. Binance公式サイトにアクセス
  2. メールアドレスを入力する
  3. パスワードを設定して入力する (8桁以上、大文字小文字を含める)
  4. 再度同じパスワードを入力する
  5. 規約の同意にチェックする
  6. 登録ボタンをクリック

bitcoinとdashの違いには以下のようなものがありましたね。

  • bitcoinにはない、即時性と匿名性がdashにはある
  • bitcoinではSHA-256、dashではX11を使用している
  • bitcoinでは不特定多数のコイン利用者が、dashではマスターノードという代表者が取引の承認を行う

bitcoinは匿名性(プライバシー)や即時性に問題があったため、dashが開発されました。

bitcoinは、中央主権的(政府や銀行)な発行元の存在しない仮想通貨として、一番初めに開発されましたが、その懸念点を解決するために、現在ではさまざまな仮想通貨が開発されており、今後bitcoinにとって代わる仮想通貨が現れるのかどうかということに、注目が集まっています。

bitcoinの匿名性や即時性を解決したdashが、bitcoinにとって代わる可能性もありますし、bitcoinが懸念点を改善し、現在の地位に君臨し続けるのか、今後の動向に期待ができます。