目次

    全ての目次を見る
  1. ICOで資金調達したQASH(キャッシュ)って?
  2. 【概要】QASH(キャッシュ)とは、LIQUID(リキッド)とは
  3. LIQUID(リキッド)プラットフォームの仕組み
  4. QASH(キャッシュ)を購入する上での懸念点
  5. QASH(キャッシュ)の購入方法
  6. QASH(キャッシュ)の今後のイベント
  7. <参考>QUOINE(コイン)社について
  8. 【まとめ】QASH(キャッシュ)、LIQUID(リキッド)プラットフォーム
Large qash

ICOで資金調達を行ったLIQUID(リキッド)、QASH(キャッシュ)トークンが話題ですね。

次の投資の対象として考えている方も多いのではないでしょうか。

その上で、

そもそもQASH(キャッシュ)やLIQUIDはどのようなものなの?

QASH(キャッシュ)やLIQUIDには、どんな特徴があるのか知りたい

LIQUIDが目指すワールドブックの仕組みは?

などの疑問をお持ちの方も少なくはないかと思います。

QASH(キャッシュ)の価値を理解するうえでは、QASH(キャッシュ)の利用場所の1つである、LIQUIDプラットフォームについて理解することが欠かせません。

そこで今回の記事では、「QASH(キャッシュ)トークンとLIQUIDプラットフォームとはどのようなものか」、その特徴や仕組みを詳しくご説明いたします

簡単に説明をすると、LIQUIDはQUOINE社によって開発されている「流動性の高い仮想通貨取引を目指す仮想通貨取引プラットフォーム」であり、QASHはLIQUID内で利用されるデジタルトークンとなります。

例えば、QASHは仮想通貨取引をする際の手数料としてや、QUOINE社により提供されるサービスを利用する際に使用されます。

それでは、QASHとLIQUIDの概要について見ていきましょう。

QASH

QASH(キャッシュ)は、QUOINE社によって発行されたトークンの1種です。

QUOINE社の提供するサービスの燃料として使用され、QUOINE LIQUID TOKENとも呼ばれます。

QASHは、2017年11月6~9日の3日間、ICOを行ない、1QASHあたり0.01ETHと引き換えに販売(トークンセール)が行われました。

トークン名 QASH
コード QASH
発行総数 1,000,000,000 QASH
特記事項 ERC-20
イーサリアムをベースとするトークン
最大販売数 350,000,000 QASH
最小販売数 50,000,000 QASH

現在、QASHは、イーサリアム上のERC20という仕組みを使って発行されており、イーサリアムをベースとして構築されてます。

この仕組みを使用することで、投資をするユーザーにとってはトークンの保管がしやすく、かつすでに流通量が多いイーサリアムと交換できるメリットがあるため、ICOでの資金調達がしやすくなります。

ただ、LIQUIDのホワイトペーパーによると、QUOINE社は2019年第2四半期までに、独自のブロックチェーンの構築を目指しています。

QASHの独自ブロックチェーンでは、新たに「新QASH」が発行される予定であり、ERC20ベースのQASHは、新QASHと交換される予定です。

ICO:Initial coin offeringの略。主に、開発中のサービスの資金調達の手段として、トークンを発行し、販売する方法。クラウドファウンディングに似ている形の資金調達。IPOと異なり、厳格な審査基準などはない。

ERC20:イーサリアム上に作られたトークンの標準を確立した技術。トークンの転送や情報取得を共通のインターフェースで扱えるようになった。取引所やウォレットにとっては、各トークンを扱う際の処理がシンプルになり、ユーザーにとってはトークンの一元管理が可能になった。

LIQUIDプラットフォーム

LIQUID(リキッド)は、仮想通貨市場の「非流動性」を解決することを目的にしています。

一言でいうと、LIQUIDとは、世界中の取引所につながっており、かつどんな国の通貨でも取引がスムーズに行えるプラットフォームのことです

QASH(キャッシュ)は、このLIQUIDでの使用を主な目的としています。

さらに具体的にみていきましょう。

まず、LIQUIDが解決を目指す「非流動的な状態」とは、どのような状態を指すのでしょうか。

例えば、現在の仮想通貨市場において、ある通貨ペアの流動性と最良価格は、取引所間で移り変わっていくため、利用者は常にベストな価格や取引量を担保されません。

また、多くの主要取引所では、一部通貨(米ドル、ユーロ、中国元、日本円)との流動性は高いものの、マイナーな通貨(カナダドル、フィリピンペソなど)との流動性は低い状態です。

そのため、マイナーな通貨を保有する人々は、取引をするためには為替をする必要があり、通貨間の格差が生まれているといえます。

これらを解決し、「仮想通貨経済に流動性を提供する」のがLIQUIDです。

では、LIQUID(リキッド)プラットフォームについて、その仕組まで踏み込んで詳しくみていきましょう。

LIQUIDプラットフォームを構成する主なものが、ワールドブックです。

ワールドブックは、世界中の複数の取引所の注文や価格を、単一の取引画面に統合して表示します。

また、自分が選択した通貨建てで、取引が可能になります。

このワールドブックは、2つのオーダーブック(注文一覧)から成り立っています。

  • 内部オーダーブック
  • 外部集約オーダーブック

内部オーダーブックは、ワールドブック内での注文のオーダーブック。

外部集約オーダーブックは、内部オーダーブックの注文を除く、世界中の取引所の注文をすべて束ねたオーダーブックです。

ワールドブックで取引を行なうユーザーは、単一の取引画面で、世界中の取引所につながることになります。

このワールドブックは3つの技術が組み合わさって成立しています。

  1. マッチング・エンジン
  2. クロスカレンシー換算エンジン
  3. スマート・オーダー・ルーティング

1.マッチングエンジン

マッチングエンジンは、一秒当たり数百万件の取引を処理することができる、最先端のマッチングエンジンです。

このマッチング・エンジンにより、迅速にワールドブック上の取引を成立させます。

2.クロスカレンシー換算エンジン

クロスカレンシー換算エンジンは、瞬間的かつ自動的に、通貨換算を行なうシステムです。

このクロスカレンシー換算エンジンこそが、ワールドブックの流動性を作りだす役割をメインで担っているといえます。

為替換算のプロセスがどのように動くのか、具体的な注文を例にとってみてみましょう。

下の図で、AさんはETHを、EUR建てで売却する注文を出しています。

一方で、Bさんは、BTCをSGD建てで購入する注文をだしています。

通常この2つの注文は、それぞれの通貨ペアを満たす条件の注文がない限り、売買は成立しません。

しかし、クロスカレンシー換算エンジンは、この2つの注文に、為替が可能な通貨ペア「ETH/BTC」「EUR/SGD」があることを理解し、マッチングを行ないます。

クロスカレンシー換算エンジン

図の下部分が、為替の流れです。

  • SDGを売却してEURを購入する注文をFX市場に送信
  • →ETHを売却してBTCを購入する注文を仮想通貨市場に送信
  • →Aさんの口座からETHが引かれ、EURが加算される
  • →Bさんの口座からSGDが引かれ、BTCが加算される

このようにして、仮想通貨市場の取引に流動性が生まれています。

3.スマート・オーダー・ルーティング

スマート・オーダー・ルーティングは、世界の取引所からリアルタイムの情報を維持する方法です。

各取引所のオーダーブックに変更があれば、その変更はLIQUIDプラットフォームに即時反映されます。

このスマート・オーダー・ルーティングは、内部でマッチングがない場合に、外部にマッチングな見つからないか確認し、見つかれば注文を送ります。

このマッチングの際に、先程ご説明したクロスカレンシー換算システムが為替を行なっています。

QASHに投資をする際に注意すべき点として、QASHを購入(投資)しても、プロジェクトが頓挫する可能性があげられます。

これは、QASHだけではなく、どの仮想通貨へ投資する場合も同じことがいえるでしょう。

ICOや仮想通貨の購入をする際に、そのICOや仮想通貨のプロジェクトが開発段階であるケースが多くあります。

そのため、プロジェクトが途中で開発をやめてしまうと、そのICOで購入したトークン無価値になるリスクを秘めております。

実際、ICOを行ない出資を募りつつも、全くプロジェクトを進行する気がない、詐欺のような事例も存在しています。

ICO投資の際は、きちんと自分でそのプロジェクトの価値や信頼性を確認した上で、行なう必要があります。

トークンセールの期間が終わり、QASHはいくつかの取引所での売買が可能になっています。

QASHは下記の取引所にて、取引が可能です。

  • QUOINEX(コインエクスチェンジ)
  • QRYPTOS(クリプトス)
  • Bittrex(ビットレックス)
  • Bitfinex(ビットフィネックス)
  • Huobi(フオビー)

この中では、QUOINE社運営の取引所である、QUIONEXが唯一国内の取引所です。

日本円での入出金を行なう方は、QUIONEXでの口座開設をおすすめします。

メールアドレスを登録し口座開設、開設後、本人確認書類の登録を完了すると、入出金が可能になります。

QUOINE社は、LIQUIDのコアプロダクト開発は終了しているとしており、今後は下記を予定しています。

  • 2018年7-9月 QUOINE LIQUID公式開始
  • 2018年7-9月 QASHブロックチェーン開始
  • 2018年1-3月 プライムブローカレッジ開始
  • 2019年10-12月 正式な銀行免許取得

LIQUID公式開始のタイミングに向けて、期待が高まることが予想されます。

また、ユーザーへのサービス範囲拡大のため、2019年末には正式な銀行業務のライセンス取得を目指しています。

最後に、運営元のQUOINE社と、取引所であるQUOINEXについてもご紹介いたします。

社名 QUOINE株式会社
設立 2014年5月
資本金 20億円
代表取締役 栢森加里矢
事業内容 ・仮想通貨取引所の開発/運営
・ブロックチェーンを基盤とした金融サービス事業
・仮想通貨取引システムのB2B展開事業

QUOINE社は、2014年に設立された、「世界最大のブロックチェーンを基盤とするフィンテックカンパニー」を目指す企業です。

上記のQASHやLIQUIDの運営に加え、国内取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)、アジア圏を中心に展開する取引所QRYPTOS(クリプトス)の運営を行なっています。

代表の栢森氏は、三菱商事、Globespan Capital Partners、ソフトバンクグループのSenior Vice President、Gungho AsiaのChief Investment Officerを勤めました。

その後、仮想通貨・ブロックチェーンの技術に感銘を受け、Co-founderであるMike氏とQUOINE社を創業しています。

公式Facebookページでは、QUOINEXに関する最新情報や今後の方針、栢森氏のライブ通信なども行われているので、興味がある方はぜひご覧ください。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、業界最多の通貨ペアをもつ取引所です。

現物取引と、FX(差額決済取引)に対応しています。

取扱コイン

通貨名 現物取引 FX
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
キャッシュ(QASH)

2018年1月18日時点での取扱い仮想通貨4種類で、他の国内取引所と比較しても多いとはいえないでしょう。

しかし、1月中にはXRP、LTC、NEMの取扱を予定していることをすでに発表しています。

また、2月以降にはRock Tokenや国内未上場トークンの上場も予定しているようです。

今後ますます取扱コインは増えていき、取引量の増加も期待できます。

仮想通貨経済に「流動性」をもたらすことを目的とした、LIQUIDプラットフォームについてご説明いたしました。

この構想が実現されれば、仮想通貨取引はいまよりもスムーズかつ、世界に影響力を持つものになるかもしれません。

それに伴い、QASHの価値の上昇も起きうるでしょう。

投資を検討される方は、まずQUOINE社が発行するホワイトペーパーに目を通すことをおすすめします。

LIQUIDホームページからPDFのダウロードが可能です。