目次

    全ての目次を見る
  1. NEO(ネオ)対応のウォレットをご紹介
  2. 仮想通貨のウォレットの種類
  3. NEO(ネオ)対応ウォレット一覧
  4. ①【モバイルウォレット】NEO(ネオ)
  5. ②【デスクトップウォレット】NEO(ネオ)
  6. ③【ウェブウォレット】NEO(ネオ)
  7. ④【ハードウェアウォレット】NEO(ネオ)
  8. ⑤【ペーパーウォレット】NEO(ネオ)
  9. おすすめのNEO(ネオ)対応ウォレットの使い方
  10. NEO(ネオ)対応のウォレット まとめ
Large neo

NEO(ネオ)とは中国を拠点として開発される、分散型アプリケーションのプラットフォームです。

NEOのプラットフォームでは、「NEO」の他にも「GAS(NEO Gas/ガス)」という2種類のトークンが使用されています。
取引所やウォレットによっては、NEOの保有率に応じてGASの配当を受け取ることができます。

そんなNEO(ネオ)やGAS(ガス)を保持している方の中には、仮想通貨を安全に管理するために、ウォレットを準備したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

『NEOとGASを保管するためにはどのウォレットがよいだろう?』
『そもそもNEO対応のウォレットがわからない』
『どのウォレットでGASを受け取ることができるの?』

といった疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

本記事ではNEO対応のウォレット、GASの受け取りが可能なウォレットをまとめてご紹介します。

そして、最後に通貨の売買の頻度や保持している通貨額など、目的に応じておすすめなウォレットの使い方もご紹介していきます。

(NEOやGASの詳細な情報は、以下の記事を参照ください)

仮想通貨のウォレットとは、アドレスと秘密鍵を管理するものです。

秘密鍵とは、仮想通貨の送受金などのウォレットに関するすべての操作をするために必要なもので、絶対に自分以外の誰にも知られてはいけない、銀行口座の暗証番号のようなものです。

通貨そのものとも言える秘密鍵を自分のウォレットで管理することで、もし仮想通貨取引所がハッキング被害を受けても、自分の通貨を守ることができます。

(秘密鍵等の詳細については以下の記事を参照ください)

仮想通貨を保管するウォレットは、その管理方法で5種類に分けられます。

また、その5種類のウォレットは、目的別に大きく2種類に分けることが可能です。

【日常の取引や決済に便利なウォレット】

  • モバイルウォレット
    iPhoneやAndroidでアプリをダウンロードすることで使用するウォレット
  • デスクトップウォレット
    PCに専用のソフト(アプリ)をインストールして使用するウォレット
  • ウェブウォレット
    インターネット上に、ウォレットのアカウントを開設して使用するウォレット

基本的にはオンライン環境下で通貨を管理するため、ハッキングリスクは避けられませんが、スマートフォンやPCで使用できるので、日常の取引や決済におすすめです。
(ウォレットによっては、秘密鍵をオフラインで管理できるものもあります)

【管理に適したウォレット】

  • ハードウェアウォレット
    USBのような、専用端末でビットコインを管理するウォレット
  • ペーパーウォレット
    ビットコインを使用するのに必要な情報を、紙に印刷して使用するウォレット

オフライン環境下で通貨を管理するので、ハッキングリスクが低く、比較的安全に通貨を管理することが可能です。

(ウォレットの種類についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください)

それでは次に、NEO(ネオ)やGAS(ガス)が対応しているウォレットをご紹介します。

NEO(ネオ)対応のウォレット一覧をご紹介いたします。

ウォレット名 種類 GASの受け取り NEOの純正品(公式)
O3 モバイル ×
NEO APP モバイル
NEO-GUI デスクトップ
NEO-CLI デスクトップ
Neon Wallet デスクトップ
NEO Tracker ウェブ ×
NEO WALLET ウェブ
OTCGO ウェブ ×
Ledger Nano S ハードウェア △(neonとの連携で可能) ×
Ansy ペーパー × ×

それぞれどのような特徴があるのか、GASの取り扱いも含めて、ウォレットの種類ごとに詳しく見ていきましょう。

まず初めに、NEO(ネオ)に対応しているモバイルウォレット2種類をご紹介します。

モバイルウォレットは、秘密鍵などをアプリで保管するので、スマートフォンがあればどこでも操作することが可能です。

しかし、スマートフォンの紛失や故障などによって秘密鍵も紛失してしまうことがないように、スマートフォン以外のところでも秘密鍵を管理しておくことが大切です。

  O3 Wallet NEO APP
OS Android 6.0以上/
iOS 11.0以上
Android 5以上
言語 英語 英語/中国語
取扱通貨 NEO/GAS/Nep5(※1) NEO/GAS
GASの請求(※2) 可能 可能

(※1)Nep5とは、NEO(ネオ)のプラットフォームで開発されたトークンのことです。
(※2)GASの請求とは、NEOの保有率に応じて受け取ることができる、GASの配当の有無を示します。

2つの通貨について、詳しく見ていきましょう。

O3 Walletの公式ホームページでは、インストール画面や開発者が表示されています。
また、英語のみではあるものの、サポート体制も整っており、不明点や困ったことがあった際は、ホームページからメールで確認することができます。

【特徴】

  • AndroidとiOSに対応
  • サポート体制が整っている
  • アプリ内でNEOの最新情報を配信している

NEO APPは、NEO開発者によって開発されたモバイルウォレットです。

モバイル用に動作が軽くなるよう、ブロクチェーンの一部のみを参照しているウォレット(ライトウォレット)です。

【特徴】

  • NEO開発者よりリリース
  • Androidのみに対応

続いてご紹介するデスクトップウォレットは、秘密鍵がサーバー上に保存されることはなく、ハッキングされにくいことが特徴です。

また、モバイル版やハードウェアウォレットは、容量削減のためにブロックチェーンの一部のみを参照する設定にしていますが、デスクトップ版ではフルノード(すべてのブロックチェーンを参照する)でインストールできるソフトが存在します。

フルノード版は、インストールするデータは非常に重たくなりますが、マイニングを行うことができます。

  NEO-GUI NEO-CLI NEON Wallet
対応機種 Windows7以上 Windows/Linux Windows/Mac/Linux
言語 英語 英語/中国語 英語
取扱通貨 NEO/GAS/Nep5 NEO/GAS/Nep5 NEO/GAS/Nep5
GASの請求 可能 可能 可能

NEO-GUIは、フルノード版をダウンロードすることができるウォレットです。

NEOホワイトペーパー(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス(GUI))に詳しい使用方法が記載されています。

NEO-GUIは自分でカスタマイズしたウォレットを作成したり、秘密鍵を暗号化してウォレットのバックアップを作成することができます。

【特徴】

  • フルノード対応
  • インストールに時間と容量がかかる
  • マイニングが可能
  • NEO開発者によりリリース

NEO-CLIも、NEO開発者によってリリースされ、フルノード版をダウンロードすることができるウォレットですが、NEO-GUIとの大きな違いはコマンドプロンプトを用いたウォレットであることです。

コマンドプロンプトとはマウスでクリックして操作するのではなく、コマンドと呼ばれる命令文を用いて操作や設定を行うため、あらかじめコマンドを習得する必要があります。
NEOホワイトペーパー(CLIコマンドリファレンス)で詳しい使用方法を確認することができます。

【特徴】

  • フルノード
  • インストールに時間と容量がかかる
  • マイニングが可能
  • コマンドプロンプトを用いたツールである
  • NEO開発者よりリリース

NEON Wallet(NEONウォレット)は操作方法が非常に簡単であり、デスクトップウォレットの中で、唯一Macにも対応しているウォレットです。

NEOの開発者がリリースしたものではないものの、NEO開発者から承認を得て公式ウォレットとして運用されています。

【特徴】

  • 登録や操作方法が簡単
  • Macに対応
  • フルノードではない(ライトウォレット)

(NEON Walletの登録方法を、以下の記事でご紹介していますのでご参照ください)

続いて、NEOに対応するウェブウォレット3つをご紹介します。

ウェブウォレットはインターネット上で通貨を管理するため、インターネット環境化であればどこからでもアクセスすることが可能ですが、ハッキングリスクが懸念されます。

しかし、今回ご紹介するNEO TrackerとNEO Walletは秘密鍵などをサーバー上に保管せず、オフラインで管理する設定がされているため、比較的安全に利用することができると言えます。

  NEO Tracker NEO Wallet OTCGO
対応機種 Chrome/Edge Chrome Chrome
言語 英語 英語/中国語 中国語
取扱通貨 NEO/GAS/Nep5 NEO/GAS NEO/GAS/Nep5
GASの請求 可能 可能 可能

NEO Trackerはライトウォレットであり、秘密鍵などの情報はサーバーに保管されずに印刷して保管することができます。

【特徴】

  • 秘密鍵をオフラインで管理
  • フルノードではない(ライトウォレット)

NEO WalletはNEOの開発者によって作成されたライトウォレットです。

NEO Walletもウェブウォレットでありながら秘密鍵等の情報はサーバーに保管されず、オフラインで管理されます。

【特徴】

  • 秘密鍵をオフラインで管理
  • NEO開発者よりリリース
  • フルノードではない(ライトウォレット)

OTCGOは、中国語のみに対応しているウェブウォレットです。

日本語のOTCGOに関する詳細な情報はありませんでしたが、不明な点などがあれば問い合わせも可能なようなので、中国語が堪能な方であれば候補の一つとなり得ます。

【特徴】

  • 中国語のみに対応

NEO(ネオ)に対応しているハードウェアウォレットは「Ledger Nano S」です。

ハードウェアウォレットは、オフラインで仮想通貨が管理でき、ウォレットの種類の中では特に安全と言われているコールドウォレットに分類されます。

Ledger Nano SはデスクトップウォレットのNEON Walletと連携しており、NEON Walletが対応している通貨はLedger Nano Sで管理することができます。
また、取引所を介さずにこのウォレット間で直接、通貨の送金や受け取りが可能です。

(参照:Ledger(How to install and use Neo (NEO) ?)

  Ledger Nano S
価格 79.00€(10,428円)
※2018年2月19日 1ユーロ132円で算出
言語 英語
取扱通貨 NEO/BTC/ETH/XRPなど24種類
(1台で管理できる通貨は4~5種類)
GASの請求 不可
(NEON Walletとの連携で可能)

【特徴】

  • NEON Walletが対応している通貨の管理が可能
  • 1台につき管理できる通貨に限りがある
  • NEON Walletとの連携でGASの請求が可能
  • インターネットで端末を購入する必要がある

Ledger Nano Sはインターネットで購入できますが、amazonや他の仲介業者からは購入せず、必ず公式ホームページまたは正規代理店で購入しましょう。
中古品や偽造であった場合、秘密鍵や資産がハッキングされてしまう可能性があります。

(「Ledger Nano S」の詳細については、以下の記事をご参照ください)

最後にNEO(ネオ)が対応しているペーパーウォレット「Ansy」をご紹介します。

オフラインで秘密鍵が生成され、サーバーに保管されることなく印刷して保管するので、最も安全な管理方法の一つとされています。

「Ansy」はNEOとGASに対応しているペーパーウォレットですが、GASの配当を受け取ることはできません。

  Ansy
ブラウザ Chrome/Edge
言語 英語
取扱通貨 NEO/GAS
GASの請求 不可

【特徴】

  • 他のウォレットよりも比較的安全に管理ができる
  • GASの請求が不可

NEO(ネオ)に対応しているウォレットをご紹介してきました。

しかし対応しているウォレットが10種類もあり、実際にどのウォレットを使用すればいいのか判断に迷うこともあると思います。

そこで、通貨の売買の頻度や保持している通貨額など、目的に応じておすすめなウォレットの使い方をご紹介します。

  1. 大きい金額を保管する/安全に管理したい/頻繁に送受金はしないという方
    →『ハードウェアウォレットデスクトップウォレットの併用』
    この2つのウォレットは秘密鍵等をサーバー上で管理しないため、ハッキング等の被害にあう可能性は低いです。
    ハードウェアウォレットのLedger Nano Sと、それと連携が可能なNEON Walletも持っておくことで、GASの配当も受け取ることができます。

  2. 頻繁に送受金する可能性がある/まとまった金額を保管しないという方
    →『ハードウェアウォレットモバイルウォレットの併用』
    モバイルウォレットは、スマートフォンが操作できる環境下であればどこでも操作が可能です。
    頻繁に送受金する通貨はモバイルウォレットで管理し、あまり動かさない通貨はハードウェアウォレットで管理することで、スマートフォンの紛失や故障等による秘密鍵紛失のリスクを避けることができます。

NEO(ネオ)に対応しているウォレット10種類をご紹介しましたが、自分に合ったウォレットを見つけることはできたでしょうか。

残念ながら、日本語に対応しているウォレットは現在のところありませんが、作成や操作方法が簡単なものが多いです。

また、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットではGAS(ガス)の配当を受け取ることはできないものの、他のウォレットと併用することで受け取ることができることもわかりました。

セキュリティの観点でも、ウォレットは1つではなく複数所有し分散して資産を管理することがおすすめです。

中国の経済圏で発展の可能性のあるNEO(ネオ)を安全に管理するためにも、ウォレットの使用をぜひ検討してみてください。