目次

    全ての目次を見る
  1. <用途別>リップルのウォレット4選
  2. ①【Gatehub(ゲートハブ)】オススメのリップルウォレットの特徴と作り方
  3. ②【Toast Wallet!(トーストウォレット)】オススメのリップルウォレットの特徴と作り方
  4. ③【 bithomp(ビットホンプ)】オススメのリップルウォレットの特徴と作り方
  5. ④【Ledger Nano S(レジャーナノエス)】オススメのリップルウォレットの特徴と作り方
  6. 【まとめ】リップルのウォレット4選
Large ripple

リップルを取引所で購入したら、取引所に預けたままにするのではなく、セキュリティが強固な「ウォレット」で資産を保管するのがオススメです。

自身のウォレットでリップルを管理することで、取引所の倒産やハッキングによる資産流出のリスクから、自分のリップルを守ることができます。

ただ、リップルを保管するウォレットにはさまざまな種類があり、その特徴や使い勝手もウォレットによって異なります。

この記事をご覧の方の中には、

「リップルをウォレットに保管したいけど、送金などを頻繁に行いたい」
「リップルを安全に保管するのに最適なウォレットは?」

などをお考えの方もいらっしゃると思います。

そこでMoblockでは、以下2つの用途別にウォレットをご紹介していきます。

  • 【普段使い用】
    リップルの送金や決済に最適なウォレット
  • 【管理用】
    普段使い用のウォレットと比較してセキュリティに優れたウォレット

それでは次の段落から、今回ご紹介する4つのウォレットを確認しましょう。

リップルに対応した以下の4つのウォレットをご紹介します。

普段使い用

  1. GateHub(ゲートハブ)
    →PCやスマートフォンでリップルを管理し、ビットコインやイーサリアムなども保管したい人向けのウォレット
  2. ToastWallet(トーストウォレット)
    →スマートフォンのアプリでリップルを管理したい人向けのウォレット

管理用

  1. bithump(ビットホンプ)
    →紙(オフライン)でリップルを保管でき、お金はかけたくないけど安全に管理したい人向けのウォレット
  2. Ledger Nano S(レジャーナノエス)
    →専用の端末[¥10,428(2018/07/17現在)]でオフラインでリップルを保管でき、最もセキュリティに優れていると言われるウォレットの一つ。

それでは初めに、PCとスマホで管理できるGateHub(ゲートハブ)の特徴と作り方をご紹介します。

gatehublogo

Gate Hub(ゲートハブ)はPCとスマートフォンの両方でリップルを管理できるウォレットです。

ソフトのダウンロード等はなく、WEB上でリップルなどの仮想通貨を管理します。

【GateHubの特徴】

  • PC・スマホ(iOS/Android)どちらにも対応
  • リップル含めて6つの仮想通貨の管理が可能
  • 日本語未対応

PCとスマホ両方で管理でき、リップルの他にもビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・Auger(オーガー)、ダッシュにも対応しています。

リップル以外にもビットコインなどの通貨を、頻繁に取引したいという方におすすめのウォレットです。

それでは、GateHubの作り方を画像と一緒にご紹介します。

今回はPCから作成する手順をご紹介します。

  • [1]まずGateHub公式サイトへアクセスし、トップページの右上にある「Sign UP」をクリックします。

  • [2]以下の画面が表示されたら以下の3つの作業をしてください。
    ①「メールアドレス」「パスワード(2回)」を入力
    ②「私はロボットではありません」「Privacy Policy(個人情報保護規定)」「Terms and Conditions(利用規約)」にチェックを入れる
    ③「SIGN UP」をクリック

  • [3]そうすると復元用の「リカバリーキー」が表示されるのでメモしてください。
    その下にある「DOWNLOAD RECOVERY KEY」を押すと、リカバリーキーをファイルで保存することもできます。

※もしログインパスワードがわからなくなってしまっても、「リカバリーキー」を入力することで、以前のデータを復元させることが可能です。

逆の言い方をすれば、リカバリーフレーズがあれば誰でもGateHubに保管されている通貨を手に入れることができてしまうということなので、『人に知られない』よう厳重に管理しましょう。

  • [4]次に、登録したメールアドレス宛に届いているGateHubからのメールを開き、「Activate account」をクリックします。

  • [5]そうすると登録したメールアドレスとパスワードが入力されたログイン画面が表示されるので、「SIGN IN」をクリック。

  • [6]SIGN INすると以下のような画面が表示されます。
    セキュリティ強化のため、「二段階認証」を設定しましょう。
    左側のメニューバーにある「HOME」を選択してください。

  • [7]次に、以下の画面になるので緑枠内の「Enable 2-Factor Authentication」をクリック。

  • [9]アプリをダウンロードしたら起動して、PC画面に戻ります。QRコードなどが記載された以下の画面が表示されます。
    表示されているQRコードを「Google Authenticator」のアプリのカメラで読み取りましょう。

  • [10]カメラで読み取ると、アプリの「GateHub」のところに6桁の数字が表示されます。
    表示された数字を「Verification Code」に入力して、一番下の「Enable 2-Factor authentication」をクリック。

これでGateHubの作成は完了です。

続いて外出先でも手軽に利用できる、スマートフォンアプリのウォレット【Toast Wallet(トーストウォレット)】についてご紹介します。

toastwalletlogo

トーストウォレットは、スマートフォンとPCでアプリをダウンロードして、リップルを管理することができるウォレットです。

【トーストウォレットの特徴】

  • スマートフォン(iOS/Android)とPC(Win/Mac/Linux)に対応
  • 対応通貨はリップル(XRP)のみ
  • 日本語未対応

リップルが保管できる代表的なアプリです。

英語表記になりますが操作は簡単ですので、早速作り方を確認していきましょう。

今回はスマートフォンでの作り方をご紹介していきます。

  • [1]まずはトーストウォレットのアプリをToastWallet公式HPからダウンロードしましょう。
  • [2]ダウンロードしたらアプリを起動させます。
    以下の画面が表示されるので、「Create a New Wallet」(新しいウォレット作成する)をクリック。

  • [3]次にPINコードの設定画面になるので、6文字の数字のPINコードを設定します。

  • [4]PINコードを設定したら、続いてパスフレーズを設定します。
    アルファベット・記号・数字をいずれも1つ以上含めたパスフレーズを設定し、2回同じパスフレーズを入力したら最後に「Set Passphrase」をクリック。

  • [5]次に復元フレーズが6つ表示されますので、メモをして必ず失くさないようにしてください。

※パスフレーズを忘れてしまった場合やスマートフォンを紛失してしまった場合などに、この6つの復元フレーズで元のデータを復元させることができます。
復元フレーズは絶対に誰にも知られない場所で、厳重に保管しておきましょう。

  • [6]復元フレーズをメモしたら、その下の2つの項目にチェックを入れて「Finish Setup」(設定を完了する)をクリック。
    ・「I sincerely promise I've written my recovery phrase down.」(復元フレーズをメモしました)
    ・「I understand that the recovery phrase IS NOT A WALLET BACKUP.」(復元フレーズはウォレットのバックアップではないことを理解しています)

  • [7]次に、ウォレットのアカウントを作成していきます。
    復元フレーズの確認が完了すると、以下の画面が表示されますので「+Add account」(アカウントを追加する)をクリック。

  • [8]「Generate New Address」(新しいアドレスを作成する)を選択します。

  • [9]そうすると、そのアカウントのアドレスなどが表示されます。
    アカウントニックネームと、先ほど設定したパスフレーズを入力し、「Import this Address」をクリックします。

以上でトーストウォレットの作成は完了です。


ここまで、【普段使い用】のウォレット2種類をご紹介してきましたが、2つとも簡単にアカウントを作成できることがわかりましたね。

次は【保管用】のリップルウォレット2種類をご紹介します。 まずはペーパーウォレットの「bithomp(ビットホンプ)」から確認していきましょう。

bithomplogo

bithompはペーパーウォレットで、その名の通り紙で仮想通貨を保管するウォレットです。

【bithompの特徴】

  • 無料で作成が可能
  • 紙(オフライン)でリップルを管理
  • ウォレットの作成が簡単
  • 紛失や盗難に注意が必要

ペーパーウォレットは、紙(オフライン)でリップルを管理するため、オンライン環境にあるPCやスマホなどで管理するウォレットに比べてハッキングリスクが低減されています。

後ほどご紹介するLedger Nano Sは端末代金がかかりますが、ペーパーウォレットは無料で作成できるのでコストはかけたくないけど、リップルを安全に管理したい方におすすめです。

しかし紙で保管するため、火気や湿気による破損、紛失や盗難にも注意が必要です。

それでは、bithompの作り方を確認していきます。

  • [1]まずはbithompのGithubにアクセスし、「Clone or download」をクリックしてzipフォルダをダウンロードします。
bithomp paperwallet

  • [2]開いたフォルダの中にある「index.html」ファイルを開きます。

  • [3]以下の画面が表示されるので、この画面を印刷したらウォレットの作成は完了です。

「PUBLIC」に表示されているアドレス宛にリップルを送金すれば、オフラインでリップルを管理することができます。

その上にある「PRIVATE(秘密鍵)」はリップルを送金や支払いに使用する際に必要なものです。

秘密鍵が他人に知られてしまうと、自分のリップルが悪用される可能性があるので、誰にも見られないようしっかり管理しておきましょう。


次に管理用ウォレットの2つ目、ハードウェアウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノエス)」を確認していきます。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)は、リップルなどの仮想通貨を専用の端末でオフラインで保管します。

【Ledger Nano Sの特徴】

  • 最もセキュリティの高いウォレットの一つ
  • PCと接続することで送金が可能
  • 端末代金は79.00€(約¥10,428(※1))
  • マルチカレンシー対応
    リップル以外にもビットコインやイーサリアムなどの通貨の管理が可能

Ledger Nano Sはオフラインの専用端末でリップルを保管するため、先ほどのペーパーウォレット(bithomp)と同様にハッキングリスクが低減しています。

(ただし、Ledger Nano Sで管理している通貨を他のウォレットに送金する場合は、オンラインのPCと接続する必要があります)

先ほどご紹介したPCやスマホ、ペーパーウォレットの作成は無料でしたが、Ledger Nano Sの専用端末料金は79€(約¥10,428)と高額なので、ご注意ください。

お金をかけてでも大切な資産(リップル)を管理したい、という方におすすめのウォレットです。

(※1)Ledger社の公式サイトに掲載されていた価格です。カッコ内の円表示は1ユーロ132円として算出したもので、レートは2018年7月17日時点のものです。

Ledger Nano Sについて詳しく知りたい方は、以下「対応通貨や使い方、設定方法を徹底解説」の記事をご覧ください。

続いて、Ledger Nano Sの購入方法と初期設定方法をご紹介していきます。
まずは購入方法から確認しましょう。

Ledger Nano Sは公式ホームページまたは正規代理店から購入することをおすすめします。

購入時は以下の2点に注意してください。

  • 中古品を買わない
  • 販売元をチェックする

中古で購入すると売り手側が悪意ある人物であった場合、ウォレットに細工がされ仮想通貨(秘密鍵)が盗まれてしまう可能性があります。

秘密鍵とは、イーサリアムを送金や支払いに使用するのに必要な鍵のことで、銀行口座でいう暗証番号のようなものです。

そのため、Ledger Nano Sを購入する際は、新品かつ公式サイトが販売しているウォレットを購入することを推奨します。

また、Amazonで購入を検討している方もいらっしゃるかと思いますが、販売元が公式かどうかよく確認の上購入してください。

Ledger Nano Sを購入したら、続いて初期設定方法を見ていきましょう。

Ledger Nano Sでリップルのウォレットを作成する手順は、以下のとおりです。

  1. PINコードの設定
  2. リカバリーフレーズの設定
  3. Ledger Managerアプリのインストール
  4. Ledger Walletアプリのインストール

くわしい手順を確認していきます。

1. PINコードの設定

PINコードは、Ledger Nano Sの電源をオンにした際(パソコンにUSBケーブルで接続した際に)に毎回入力が必要となるパスワード(4〜8桁)のことです。

PINコードは忘れてしまったり他人に知られてしまうことのないよう、注意してください。

  • [1]はじめに、Ledger Nano SとPCをUSBケーブルで接続します。(Ledger Nano Sは充電が必要なく、パソコンとつないで初めて画面が表示されます)

  • [2]画面に「Welcome」と表示されたあと、続けて「Press both buttons to begin」(はじめに2つのボタンを押してください)と表示されますので、本体上部についている2つのボタンを同時に押します。

本体上部についているボタンの使い方

  1. 片方ずつ押す
    →「数字の上げ下げ」や「画面の移動」「表示されている選択肢の決定」に使用します
  2. 両方同時に押す
    →「決定」する時に使用します

今後、本体側の操作はすべて、2つのボタンで行っていくことになります。

  • [3]「Configure as new device?」(新しいデバイスとして設定しますか?)と表示されたら、右側のボタンを押して「☑」を選択します。

  • [4]「1.Choose your PIN code」(PINコードを設定してください)と表示された後、両方のボタンを同時に押すと、数字の入力画面が表示されます。
  • [5]任意のPINコード(暗証番号)4〜8桁を設定していきます。

左端から1桁ずつ設定していきます。

表示される数字は「5」から始まっているので、6,7,8…と上に進みたい場合は右ボタン、4,3,2…と下に進みたい場合は、左ボタンを押していきます。

  1. 1桁目を決定するとカーソルが右に移動します
  2. 4桁以上数字を入力すると、チェックマークが表示されます。
    →その4桁で最終決定する場合は、両方のボタンを同時に押し☑︎します。
  3. 桁数を増やしていきたい場合
    →右ボタンもしくは左ボタンを押すことで入力が続けられます。
  4. 入力した数字を削除したい場合
    →右ボタンもしくは左ボタンを押し続けると「9」(または8)の次に「×」マークが出てきますので、×マークを表示させてから両方のボタンを同時に押します。
  • [6]「2.Confirm your PIN code」(あなたのPINコードを確認してください」と表示されるので、先ほど設定した4桁から8桁の数字を入力してください。

これでPINコードの設定は完了です。

続いてリカバリーフレーズの設定を確認しましょう。

2.リカバリーフレーズの設定

この作業では、復元用のリカバリーフレーズ(24つの英単語)を控えます。

仮にLedger Nano Sを紛失したり故障してしまっても、新しいLedger nano Sに「リカバリーフレーズ」を入力することで、以前のデータを復元させることができます。

逆の言い方をすれば、リカバリーフレーズがあれば誰でもLedger nano Sに保管されている通貨を手に入れることができてしまうということですので、『人に知られない』よう厳重に管理しましょう。

  • [7]PINコードの設定後、「3.Write down your recovery phrase」(リカバリーフレーズを書きとめてください」と表示されるので、両方のボタンを同時に押して次の画面に進みます。

  • [8]1番から24番まで順番に、合計24個の簡単な英単語が表示されるので、一文字つず正確に順番通りに書きとめましょう。

(※)左ボタンを押すことで#3、#2…と、前の番号に戻って確認することが何度でもできますので、落ち着いて自分のペースで書きとめていきましょう。
また、『どの単語が何番目に表示されたのか』が重要なので注意してください。

  • [9]24個の英単語を書きとめて両方のボタンを同時に押すと、「4.Confirm your recovery phrase」(あなたのリカバリーフレーズを確認してください)と表示されます。

  • [10]画面上に「Select word #13」(13番目の英単語を選んでください)というように、問題が表示されますので、回答を入力します。

【回答方法】
問題の下に数種類の英単語が表示されるので、正解が表示されるまで左右ボタンを押してください。

先ほど書きとめておいたリカバリーフレーズと、番号と英単語が合致するものが表示されたら、両方のボタンを同時に押して決定します。

以上の質問と回答作業を数回繰り返せば、終了です。

  • [11]確認作業が終わると、「Your device is now ready」 (あなたのデバイスは準備ができました)と表示されるので、両方のボタンを同時に押して、決定します。

以上でリカバリーフレーズの設定と確認作業は完了ですが、まだLedger Nano S本体とパソコンは接続したままにしておいてください。

続いて、「Ledger Managerアプリのインストール」手順についてご説明していきます。

3.Ledger Managerアプリのインストール

「Ledger Manager」アプリをインストールしていきます。

Ledger ManagerアプリはLedger Nano Sを使用するために必要なアプリで、 このアプリを使って通貨の送受信を行ったり、ファームウェアアップデートを行います。

アプリをインストールするには、「Google Chrome」がインストールされていることが前提となりますので、あらかじめChrome公式サイトからダウンロードしておきましょう。

  • [14]ダウンロードとインストールが終わったらGoogle Chromeブラウザを確認してください。「アプリ」欄にLedger Managerのアイコンが表示されていればインストール完了です。

  • [15]Ledger Nano S本体のディスプレイを見ると「Allow Ledger manager?」(Ledger Managerを許可しますか?)と表示されているので、本体上部の右側ボタンを押して決定。

パソコンにLedger Managerの操作画面が表示されたら、アプリのインスロール作業は完了です。

最後に、ウォレットアプリ『Ledger Wallet Bitcoin & Altcoins,Ledger Wallet Ethereum , Ledger Wallet Ripple』のダウンロードについてご説明します。

4.Ledger Walletアプリのインストール

リップルをLedger Nano Sに送付したい場合、リップル用のLedger Walletアプリをパソコンにあらかじめインストールしておく必要があります。

インストール手順は、先ほどの「3. Ledger Managerアプリ」と同様です。

ダウンロードが完了すると、Ledger Nano Sでリップルを受け取ることができます。

以上、Ledger Nano Sの特徴や作り方をご紹介してきました。

【普段使い用】と【管理用】合計4つのリップル用ウォレットの「特徴」と「作り方」をご紹介しました。

それぞれのウォレットの特徴をおさらいしましょう。

  1. 【普段使い用】GateHub(ゲートハブ)
    →PCやスマートフォンでリップルを管理し、ビットコインやイーサリアムなども保管したい人向け
    リップルなど6種類の通貨が、PCとスマホどちらでも保管できる。
  2. 【普段使い用】ToastWallet(トーストウォレット)
    →スマートフォンのアプリでリップルを管理したい人向け
    アプリでリップルを管理するウォレットで、対応通貨はリップルのみ。
  3. 【管理用】bithoup(ビットホンプ)
    →紙(オフライン)でリップルを保管でき、お金はかけたくないけど安全に管理したい人向け
    紙(オフライン)でリップルを管理するためハッキングリスクは低減するが、紙の紛失や盗難に注意が必要。
  4. 【管理用】Ledger Nano S(レジャーナノエス)
    →最もセキュリティに優れていると言われるウォレットの一つで、お金をかけてでも安全に管理したい人向け
    専用端末(約¥10,428)でオフラインでリップルが管理できる。

ご自身のリップルの利用方法にあわせて、ウォレットの作成を検討してみてください。

また、他のリップルウォレットも確認したいという方は、「リップルのウォレット9種類」の記事をご覧ください。